会計システム

インドネシアの会計システムについてのカテゴリーです。

会計システム

仕組みが理解できるとは現場の動きが想像できるということ【IT化が進んでも業務知識が役立つ理由】

2020/9/3  

IT化が進めば業務の本質を理解するために時間を費やす必要はなくなるのか?という問題意識に対しては、業務の仕組みを理解できれば世の中の動きが想像できるという意味で有益であると答えます。簿記が分ればモノと金額とキャッシュの動きが想像でき、会社運営の仕組みも想像できます。

会計システム

ポストコロナ禍に向けた収益改善と業務改善(下)【コストセンターからプロフィットセンターへという発想の転換】

2020/8/16  

コロナ禍は収益改善という観点から原価計算を見直す絶好の機会であり、製造原価だけでなく売上原価に販管費まで集計したものを売上から差し引いた営業利益が見られる管理会計的要素が重要で、コストセンターからプロフィットセンターへという発想の転換が必要です。

会計システム

ポストコロナ禍に向けた収益改善と業務改善(上)【システム化で業務データの流れと構造を変える】

2020/8/15  

収益改善方法を会計的視点、サプライチェーンからの視点から検討し、ITインフラで業務改善を行う方法を考えます。業務効率改善のために仕事のやり方を変えようとすれば、必ず業務データの流れや構造を変える必要がありシステム化は避けられません。

シンプルな財務諸表の理解の仕方

会計システム

企業活動を説明するための標準フォーマットである財務三表【システムによる自動化が進んでも理解すべき基本知識】

2020/3/22  

モノと金額とキャッシュの動きという企業活動を表す世界標準フォーマットが損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書という財務三表であり、業務のシステム化が進んだとしても、業務の本質に基づいて新しいアイデアを生み出すために体系的に理解しておくべき知識です。

システムによる自動化が進んでも理解すべき会社業務の基本

会計システム

モノと金額とキャッシュの動きこそが業務知識の本質【システムによる自動化が進んでも理解すべき基本知識】

2020/3/15  

モノと金額とキャッシュの動きが業務知識の本質であり、問題解決のために新しいアイデアを生み出す源泉となるものであり、検索できる断片的知識の暗記に時間を割くよりも、本質を理解し頭の中に体系的に整理することはシステム化が進んだ将来も必要になると考えます。

会計の面白さと難しさについての私見

会計システム

会計の面白さと難しさについての私見【3次元の現実世界に時間軸を取り入れ4次元で考えること】

2019/4/9  

会計は1つの取引を借方と貸方に2面的に分けて記帳し費用と収益の差額を純資産に組み入れ「資産=負債+純資産」が均衡するパズルのような仕組みです。発生主義の取引入力を前提とした上で現預金の動きを把握するために現金主義への修正を行うのがキャッシュフロー管理です。

会計的視点から事象を読み解くということ

会計システム

会計的視点から事象を読み解くということ【企業活動はお金で評価される】

2019/4/7  

事業を立ち上げて売上が立ち、預金口座にキャッシュが増える一方で、事業を継続するためには常に費用がかかり現預金がなくなる前、売上を立てないと資金がショートし会社は倒産します。事業活動は資金がショートする前に当座預金にキャッシュを補充するという制約の下で継続されます。

発生主義ベースでの取引認識方法

会計システム

発生主義ベースでの取引認識方法【債権・売上・在庫の計上のタイミング】

2018/2/3  

売上認識が商品の引き渡し日やサービスの提供日になされる理由は、売上認識の基準が「請求して支払いを受けることができると確定できる日=債権計上できる日」と考えられるからであり、売上と債権は同時に発生する不可分なものです。

ビットコイン取引に関する会計仕訳と課税の予測

会計システム

ビットコイン取引に関する会計仕訳と課税の予測 【雑所得に対する総合課税とキャピタルゲインに対する分離課税】

2017/9/10  

日本では仮想通貨売買で生じる利益は雑所得に該当し、総合課税対象として所得税率最大50%がまともにかかる可能性があります。

会計的視点から業務システム全体を理解するということ

会計システム

会計的視点から業務システム全体を理解するということ 【P/L上での発生主義ベースの実績に対して未決済の債権をマイナス、債務と現金が動かない減価償却費をプラスすることで現金主義に変換する】

2017/8/6  

生産管理システム上での実績入力に基づく在庫が生産管理場所にある場合の払出は発生費用であり、受入は仕掛品在庫として資産勘定に計上されますが、販売管理場所にある場合の受入は製造原価であり、払出は売上原価として認識されます。

会計システム

減価償却費はキャッシュフローに影響を及ぼすという意味 【債権はキャッシュのマイナス、債務と減価償却費はキャッシュのプラス】

2017/7/1  

キャッシュを減らす要因は、本来売上の時点で入金しているはずの債権で、キャッシュを増やす要因は、本来仕入の時点で出金しているはずの債務と、支出なしで費用計上されていた減価償却費ですが、これはあくまでも発生主義ベースのP/L上の利益に対して、真水の現金部分がどれだけあるかを知るために調整しているだけの話です。

キャッシュフロー計算書と為替差損益

会計システム

キャッシュフロー計算書と為替差損益 【現預金の月末為替評価替に伴う未実現損益】

2017/4/27  

直接法は取引単位に現預金(Cash/Bank)のプラスとマイナスを集計(総額表示)することで収支と現預金残高を算出するため、未実現為替差損益のうち現預金に関わる為替差損益仕訳は調整する必要があります。

当期純利益が内部留保となり利益処分される流れ

会計システム

当期純利益が内部留保となり利益処分される流れ 【P/L上の利益は利益剰余金として純資産を増加させ、利益の実体である売掛金は現金化した後に投資に対する支払いにまわす】

2017/1/21  

企業の内部留保は必ずしも現預金として会社にあるわけではないと言われるのは、損益を利益剰余金に振替えることで純資産が増加したとしても、収益の実体である売掛金はやがて現預金化され、純資産の動きとは無関係に設備投資や借入金の返済等で残高が減少するからです。

デビットとクレジットの考え方

会計システム

デビットとクレジットの考え方 【資産がデビットで負債がクレジット】

2016/10/14  

支払いの源泉を基準に考えるとデビットは資産(借方)でクレジットは負債(貸方)であり、デビットは請求の権利、クレジットは請求される義務で相手に相手にデビットノートを発行する権利を与えるとも言えます。

外注先への有償支給と無償支給

会計システム

外注先への有償支給と無償支給 【無償支給は材料の移動なので仕訳なし、有償支給は材料を販売して加工賃込みで買い戻すが二重売上にならないよう材料マイナス分を未収金計上】

2016/10/3  

有償支給であれ無償支給であれ、外注先にP/O発行し、材料倉庫の材料を引当、材料の出庫指図を発行し出庫実績を計上し、外注先での支給品使用実績を計上し、外注入荷実績を計上するという処理の流れは同じですが、外注先に発行するP/O価格には有償支給の場合は材料費+加工費、無償支給の場合は加工費のみ含まれています。

発生主義の原則で出荷基準と入荷基準で処理

会計システム

発生主義の原則で出荷基準と入荷基準で処理【インボイスは単なる請求の単位である】

2016/10/1  

発生主義は現金の収支とは無関係に、取引発生時点で収益と費用を計上するため、出荷時点・入荷時点で売上(収益)と仕入(費用)を認識し、年齢管理(Aging)もあくまで債権債務計上を基点として管理され、インボイスはあくまでも請求・支払のの単位であり、お金の動きの単位に過ぎません。

リース資産として減価償却されるキャピタルリース契約

会計システム

リース資産として減価償却されるキャピタルリース契約 【セールアンドリースバックによる支払い期間を延ばすキャッシュフロー効果】

2016/8/27  

オペレーションリースはリース会社の資産を借りる実質レンタルと同じで、キャピタルリース(リース会社からするとファイナンスリース)=セール&リースバックは自分のリース資産なので減価償却費が発生し、リース期間終了後は本資産に振替えます。

経営者の視点で業務システムを導入するということ

会計システム

経営者の視点で業務システムを導入するということ 【損益を管理する単位に適応させた実装】

2016/4/16  

間接作業時間を直接作業時間化することで固定費を変動費化(仕入コスト化)し、同じ就業時間と同じコスト(給料)の下で賃率(1時間あたりいくら) は同じでも、直接作業時間比率を増やすことで出来高を上げ営業利益を上げることができます。

ケイマン諸島という名前から思い出したインドネシアの移転価格の問題

会計システム

ケイマン諸島という名前から思い出したインドネシアの移転価格の問題 【未払配当金として負債計上ではなくロイヤルティ・コミッションとして費用計上】

2015/12/9  

お友達価格で格安販売したり海外支店に自社商品を格安で販売すると、法人税対象となる課税所得が小さくなるので簿外のバックマージンをもらっているんじゃないかと疑われたり、現地法人側で大きな利ざやで儲けた課税所得になってしまうため、移転価格を疑われます。

月末に発生しがちな業務システム上でのデータの不一致

会計システム

月末に発生しがちな業務システム上でのデータの不一致 【部門間の処理の基準やタイミングの違いが原因】

2015/12/8  

インドネシアの日系製造業で、業務システムを運用する中で発生するデータの不一致(discrepancy)とは、債権債務残高とGL上での残高の不一致であったり、債権一覧と売上の不一致であったり、業務システムの機能間連携の問題であることがほとんどです。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER