SIGNAL CHAINによる設備稼働管理


mcframeは生産管理、販売管理、原価管理などに対応した統合パッケージで、製造業の多種多様なニーズに柔軟に対応し、インドネシアでも多くのお客様にご利用いただいている実績のある基幹業務のDX化ソリューションです。

今すぐできる生産管理・生産性向上IoTソリューション


インドネシアでの製造業でもコロナ禍後の非対面・非接触業務が主流となりつつあり、手書き日報による管理を廃止し、製造設備の稼働状況を様々なデバイスから正確に自動的に取得するIoT技術が注目されています。

  • 設備の状態を把握し正しく評価
  • 設備の性能を最適な状態に維持
  • 必要な情報を正確かつ迅速に取得

紙の帳票・設備稼働・人の作業をデータ化することで、業務プロセス・設備・人の作業を短期間で繋げることができます。

mcframeシグナルチェーンによる稼働管理と設備メンテナンス管理

パトライト(信号灯)やPLCから有線・無線で稼働データを取得し、PCやモニタで設備稼働状況をリアルタイム把握することで、設備の稼働履歴を確認。週次・月次で稼働傾向の把握も可能になります。

また設備の日々の変化や故障傾向を数値で分析し、設備カルテやトラブル事例を全部門で共有することで、IoTによるカジュアルかつパワフルな新しい保全業務を実現します。

mcframeシグナルチェーンは工場・製造部門別に遠隔地からでも設備稼働状況を確認でき、入力された停止理由に基づいて状況分析を行い、性能や品質の情報を外部から取得することで設備総合効率(OEE)を評価します。

インドネシアの製造業のIoT導入
インドネシアでの製造業IoTの導入【稼働管理と傾向管理による予知保全】

製造業IoTで「モノとインターネットが繋がる」とは、製品など生産財の実績数量・時間や、機械など資本財の保全情報の収集を指しますが、予知保全のために稼働管理や傾向管理を行い、データを機械停止の防止や性能劣化の原因分析に役立てることが生産性向上に直結します。

続きを見る

インドネシアでのIoTよる稼働管理と設備メンテナンス管理についてのご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

お問い合わせ