インドネシアで業務フローをシステム化する場合、運用の手間のかからないシンプルな機能で、段階的に置き換えていくことが重要ですが、一般的なパッケージソフトウェア製品は汎用性を持たせるために機能が複雑になりがちで、製品から必要な機能だけを切り取って導入することはできません。

  • 低コスト・短納期で販売管理・購買管理・在庫管理システムを導入したい。
  • 消費材やスペアパーツの購買管理と在庫管理をシステム化したい。
  • 基幹システムに繋ぐ現場用の実績収集システムを導入したい。
  • ハンディターミナルを使った営業支援システムを導入したい。

業務システム開発テンプレートHana Firstなら、優先度の高い機能から、現場のニーズを反映させながら段階的にシステム化を進めることができます。

Hana Firstでシステム化するメリット

Hana First開発テンプレートに実装されているあらゆる業種に対応できる最低限の基本機能に、現場の要件を反映させていきますので、開発・導入期間を短縮することができます。

またWEBブラウザ上で動きますので、クライアントPCへのインストールも不要であり、弊社からのサポートもサーバーに対してリモートで迅速に行うことができます。

短期間に低コストで導入

汎用的な基本機能に現場の要件を反映し導入期間を短縮し工数コストを下げる。

現場の要件と要求を反映

今必要な要件と現場の改善要求をシステムに反映させる開発テンプレート。

導入後の保守が楽

クライアントへのインストール不要、迅速なリモートサポートが可能なシステム。

Hana Firstの基本機能

一連の業務フローの中で発生する基本機能とユーザーインターフェイスをテンプレートとして実装しています。

購買管理

各部門から入力された購買依頼(Purchase Request)を元に発注入力(Purchase Order)を行い発注書を発行し、入荷実績(Purchase Receiving)を計上後に入荷伝票を発行し、入荷後に発覚した不良品は入荷返品登録(Purchase Return)をします。

購買依頼・発注・入荷・入荷返品
購買管理の標準業務フロー

販売管理

客先からのオーダを受注登録(Sales Order)し、出荷登録(Delivery Item)することで受注残管理を行い、出荷後に発覚した不良品は出荷返品登録(Delivery Return)します。

受注登録・出荷登録・出荷返品登録
販売管理の標準業務フロー

在庫管理

倉庫間のモノの移動は在庫移動(Inventory Transfer)、モノの受払は間接入出庫(Indirect GR/GI)、モノの変換は在庫変換(Inventory Conversion)、理論在庫数量の実棚在庫数量への修正は棚卸機能(Inventory Stockopname)で行います。

在庫移動・間接入出庫・在庫振替・棚卸入力
在庫管理の標準業務フロー

生産管理

製造指図(Production Order)を発行し製造実績(Production Entry)を計上します。

製造指図・製造実績