インドネシアの人々

インドネシアの人々まとめ

インドネシアは2億6千万人の人口のうち4割がジャワ島に集中しており、300あると言われる民族の中でジャワ人が45%、スンダ人が15%を占め、総人口の9割がイスラム教徒です。

インドネシアで仕事をする上で多民族の人々と出会うことになりますが、インドネシア人といってもジャワ人は「幸福と調和を重視する思考が気質や行動に表れる」と言われるほど、何事にも悠然と構えている人が多く、一方でバタック人、マドゥーラ人、アンボン人のように気性が激しいとされる代表的な3民族もおり、一括りにインドネシア人の性格を民族を横断して評するのは無理があります。

それでも総じて気さくで明るく楽天的な人が多いのは、1年を通して温暖な気候がインドネシア人の性格形成に影響したのではないかと考えます。

多民族国家の中にあってイスラム教徒が圧倒的多数占めるにもかかわらず、ヒンドゥ教徒が大多数を占めるバリ島やキリスト教徒が多い北スマトラなど、広大な国土に点在する他宗教を飲み込むことなく、政宗分離のバランスが取れているのは、建国五原則パンチャシラの一つ「唯一神への信仰」という原則が大きく貢献しており、インドネシア人の中に「多様性の中の統一」という国是がイデオロギーとして生き続けてきたものと考えます。

民族や宗教の多様性が当たり前の環境で育ったインドネシア人は、必然的に外国語や海外の文化も柔軟に受け入れやすく、インドネシア人同士でも日常会話の中に時折英語を混ぜたり、英語能力を維持するために敢えて英語で会話をしたり、日本人がやったら「欧米かぶれ」と陰口を叩かれそうなことも普通に行われる環境があることが、インドネシア人の語学能力の高さの秘訣なのだと思います。

当ブログでは僕と同じようにインドネシアに関わり合いを持って仕事をする人が、日常生活やビジネスの現場で出会うさまざまな事象のコンテキスト(背景)の理解の一助となるようなインドネシア人の特徴についての記事を書いています。

インドネシア人に見習いたいところ

客観的にみて日本人よりもインドネシア人のほうが英語を上手に話す人の比率が高いのですが、理由としては子供の頃からテレビや本で英語に触れる機会が多い、日本人のように気後れすることなく外国人に積極的に英語でコミュニケーションをとろうとする、言語構造としてインドネシア語は英語に近いなどがあります。

かつてはインドネシア人から見て日本人は、英語は下手だがお金と技術を持っているということで一定の評価を受けていましたが、日本は長期デフレで経済成長が止まってしまった一方で、インドネシアは右肩上がりで経済成長を続けており、10年後にはお金も技術も逆転されてしまう可能性が十分高いと考えられ、そのときインドネシア人の目に日本人はどのように映るのでしょうか。

インドネシア人に見習いたいところ
インドネシア人に見習いたいところ【2030年にはGDPで日本を追い抜くといわれているインドネシアに住む人々の特徴】

2030年にはGDPで日本を追い抜くといわれているインドネシアに住む人々は総じて陽気で明るい性格の人が多いのですが、僕の経験の範囲で「これは見習いたい」と思う点を挙げてみました。

続きを見る

日本人がインドネシアに持つ「得体のしれない期待感」

23年前、日本とインドネシアの1人あたり名目GDPの差が32分の1だった頃は、世界におけるインドネシアの注目度も低いものの、人口が2億人を超える赤道直下の自然豊かな国ということで何か「得体の知れない期待感」を持てましたが、インドネシアの知名度が上がり名目GDPの差がら5分の1にまで縮まった現在ではその期待感の中に含まれる「来れば何かチャンスがあるはずだ」というギャンブル性の要素が小さくなっていると思います。

同時にインドネシアでの日本人の置かれる立場も相対的に低下し、昔のように日本人というだけでモテるという時代ではなくなり、かといって近年大人気のK-POP発祥の国から来た韓国人がモテるようになったという話でもなく、要はインドネシアの国力が上がり自国に対する自負と誇りを持った今、外国人に対する期待度が低下し、必ずしも憧れの対象ではなくなったということかと思います。

Masuk anginというインドネシアならではの病気

読んで字のごとく「空気が入る」ことにより吐き気や頭痛、倦怠感を引き起こす病気であり、夜風に当たった後や、お通じが良くて大量に放出した後に腸の中が空っぽになった時、クーラーの風がまともに当たる席で授業を受けた後などに発症します。

インドネシア人は日本人よりも生活力が高い

日本でも長期デフレで企業が社員の安定雇用を保証できなくなりつつあるため、最近になって副業解禁を出す企業が増えていますが、インドネシア人の場合は本業以外に副業を持っているのが当たり前で、インドネシア人社員が給料の額に見合わない車に乗っていたり、豪邸に住んでいたりする場合、副業がメインで本業は保険というケースが多々あります。

インドネシアでは噂話の信ぴょう性が低い

主観ですがインドネシアでは噂話の信ぴょう性が低い上に、周囲に拡散しないと気が済まない体質の人が多いことが、FacebookやTwitterなどの情報拡散のためのSNSが初期の頃からインドネシアで流行た理由なのだと考えます。

インドネシアでの噂話の信憑性
インドネシアでの噂話の信憑性 【ガセネタ率が高いジャカルタの日本人社会】

インドネシアでの噂話の信憑性は非常に低く、狭い日本人社会の中での情報でもガセネタ率が非常に高いのは、日本人がインドネシア人から精度の低い噂話を、間違った理解に元づいて論評を加え、推論まで立てて次に流すことが多いからです。

続きを見る

お金の無心を断るには奥さんをダシに使うのが効果的

インドネシアでも家庭では奥さんの尻に敷かれる人が多いので、断りにくいお願いごとをされた場合には、奥さんの許可が必要であることを伝えると相手は納得してくれます。

ショックを受けた際のLatahという異常行動

突然のショックを受けることで異常行動を起こす状態で、驚いたときの典型的な症状としては叫んだり、奇声を上げたり踊りだしたり、笑いだしたりする行動をとり、周囲の人に伝染しますが、病気ではなく単なる個人差と言われています。

インドネシア人は秘密を守るのが苦手

僕の個人的見解ですが、インドネシア人は内緒の話は誰かに話さないと気が済まない人が多いので、オフィスの誰かに「誰にも言ってはダメですよ」という前提で秘密を打ち明けると、翌日には全員の周知の事実になる可能性があります。

心臓に毛が生えたインドネシア人のずうずうしい転職活動を応援してみた
心臓に毛が生えたインドネシア人のずうずうしい転職活動を応援してみた。【内緒の話は誰かに話さないと気がすまない】

インドネシア人は秘密の話は誰かに暴露しないと精神の安定を保てない人が多いため、内緒の話に情報の希少性は少なく信憑性も低いことが多いので、「ここだけの話」という枕詞付きで聞かされる話は話半分に聞いておいたほうがいいかもしれません。

続きを見る

インドネシアの民族

民族は必ずしもDNA型の違いに由来する身体的特徴による遠い血縁関係の集団ではなく、同じ生活環境を共有する中で生まれた家族観や社会制度、歴史的背景によって思考様式や行動様式が育まれた集団であり、インドネシアには300以上の民族があると言われています。

日常生活で感じるインドネシアの民族に関する考察【社会制度や歴史的背景で行動様式や思考様式が形成される】

民族とは言語・人種・文化・歴史的運命を共有し、同族意識によって結ばれた人々の集団であり、歴史的運命とか同族意識とか、解釈でどうにでもなる主観的基準でグループ化されたものに過ぎません。

続きを見る

2020/12/08

© 2021 インドネシアのITサービス会社 | バテラハイシステム Powered by STINGER