ジャカルタでは、LRT工事、高層ビル建設、幹線道路の高架化とアンダーパス化が急ピッチに進んでおり、将来アジアの中心ハブ都市に成長する可能性を秘めており、歴史が日々刻々と動いていくダイナミズムを肌で感じることができます。
生産管理システム

生産管理システム

所要量展開・製造実績収集・かんばん枚数計算

生産スケジューラー

生産スケジューラー

納期回答のフォワードと前倒しのバックワード

会計・税務システム

会計・税務システム

発生主義のP/L・B/Sから現金主義ベースのC/F

原価管理システム

原価管理システム

販売価格決定のための標準原価と実際原価

バーコード管理システム

バーコード管理システム

ハンディターミナルを使用し簡素化と間違い防止

WEBサイト開発

WEBサイト開発

WordPressによる洗練されたデザイン

好きなことをやって生きていくのと嫌いなことを好きに変えるのはどちらが簡単なのか?【オモロないをオモロイに変える】

自分が面白くないと感じることは、他人にとっても面白くないことであり、逆に面白くないことを敢えてやってしまえば競合の少ないブルーオーシャンで勝負できると、思考そのものを変えることによって、いつの間にか面白くないことが面白いに変わっているという発想です。

想像の世界で憂さを晴らしたり愚痴をこぼしたりする行為【人間が持つ理性と感性のバランス維持機能】

人間は感性と理性を最大限に発揮して生きる生き物であり、無理に感情を押し殺したとしても、自分の中で感性と理性のバランスを取ろうとする防御本能が働くため、心理的に、社会的に意思に反する不可解な行動をとることがあります。 喧嘩は感情的になったほうが負け、と頭で理性的に理解していても、感情が邪魔してなかなか実行できないのは当然のことであり、これで自己嫌悪に陥る必要はないのです。

供養とは現世に生きる人間に対して行うもの【この世に生まれてきて良かったと考えられること】

浄土真宗の教えでは、供養とは来世の死者を弔うという意味ではなく、現世に残された人間が命日等の区切りの日に、死者の生前の行為や言葉に思いをめぐらせ、この世に生まれてきた良かったと思えるよう導くことです。 法律的にも宗教的にも天寿を全うすることは正であり、どんな理由であれ故意に命を絶つ安楽死は認められず、延命治療を止めて自然の死を待つという尊厳死は、生きながらえることに対して消極的ではあれども認められます。

「方法序説」が今も教えてくれること 【真理は現場にしか存在しない】

他人が書いた人生標語や企業の企業理念に対してそれほど違和感を感じないのは、真理とは多様性の奥にある唯一無二ものであるからであり、真理を見出すための具体的方法が、デカルトの「方法序説」の4つの規則です。 探求した結果として得られる真理に大きな違いが出るとすれば、それは神を信じるか信じないかの違いであり、デカルトは「我思う、ゆえに我あり」という言葉で神の存在証明を行いました。 インターネットは情報収集に便利ですがそこには真理はなく、「方法序説」の4つの規則に基づいて真理を追究するためには、現実世界での経験値が重要です。

ストレッチで柔軟性が高まることによる心の平安【ヨガとの目的や効果の違い】

ストレッチとヨガの違いは、最終目標到達点が体の柔軟性なのか、精神の安定なのかの違いです。 ヨガは本来ヒンドゥ教の修行方法であり、身体能力を極限まで生かすポーズと呼吸法で、神に近づくという宗教的意味合いが大きかったのですが、ヨガが宗教から切り離されることによって、瞑想により心の平安を求め、普遍の学問的原理である哲学を見出す手段に変化しています。 ストレッチは直接的に精神の安定や神への帰依を目指すものではありませんが、血流の循環が活性化することにより、肉体的にも精神的にも心の安定を得られる効果があります。

宗教によって異なる「死んだらどうなる」の考え方 【天国への帰り方、地獄への逝き方】

キリスト教もイスラム教もともにユダヤ教から派生した宗教であり、それぞれイエス・キリスト(本人が神)またはアッラーという唯一無二の神を信じます。 死んだあとは天国の主の元に帰るか地獄に逝くかの二択であり、あの世に逝ってまた戻ってくるという仏教の輪廻転生という宗教観とは異なります。 死んだあとの地獄逝きさえ回避できれば、この世で生きる上での死への不安が和らぎ、地獄逝きが判っていれば自殺はできないというのが、クリスチャン的見解です。

お問い合わせ

Please fill in all of the required fields