現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順
【2018年12月14日 KIIC工業団地でのセミナーの抜粋】

日本とインドネシアの個人所得税の違い【グロスアップ方式で個人所得税PPH21の月額を計算】

インドネシアの会社の多くは雇用契約時の給料は手取り金額で締結し、個人所得税分は税額控除(Tunjangan Pajak=Tax Allowance)として会社が負担するグロスアップ(Gross Up)方式を採用していますので、所得税の計算に当たっては控除額は収入とみなして総収入で計算します。

インドネシアで小さく起業する【自己資金でインドネシア人配偶者を株主としてローカルPT(PMDN)を設立】

ここでいう「小さく起業する」というのは、個人が脱サラして自己資金を元手に国内資本投資会社(Penanaman Modal Dalam Negeri=PMDN)を設立し、労務費やオフィス賃料などの固定費をなるべく抑えながら、仕入から売上までの一連の流れを回し、適切に毎月法人所得税や付加価値税などを納税するという意味です。

コスト計算とオフバランス資産【工数ではなく満足度や期待値が新たな指標となる】

時間をかけて現場を訪問するという行為は労働集約的行為であるため、時間が有限である以上は1人あたりの生産効率に限界がくるのは目に見えていますが、逆張りの理屈で考えると競合他社が「渋滞が酷いから客先訪問は止めよう」と考えることに対する差別化になっているわけです。

インドネシアに合ったシステム導入手法【システム化のプロセスを現地スタッフに対して説明することが重要】

「なぜ自分達が納得いくまで説明してくれないのか」という言葉はインドネシアのシステム導入の現場で何度となく聞いてきた言葉です。現行業務の改善の手段としてシステム化は行われるとはいえ「システムから出てきた結果がどのようなプロセスを経てきたのか見える」ことをキチンと提示してあげないと、インドネシアでのシステム導入プロジェクトはうまく進みません。

生産計画に原料在庫の制約条件を反映させる【原料在庫のあるものから生産して稼働率を落とさない】

生産計画における原料制約条件は、原料在庫優先使用、原料切替、原料のない作業は割り付けないなどであり、MRPにより購買オーダを生成しない場合でも、最早開始日時に原料入荷日を指定することにより、生産計画に原料使用可能日の制約を入れることができます。

現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順【KIIC工業団地でのセミナーの抜粋】

インドネシアの製造業は、年々膨らむ国内市場の需給変動に比例して生産方式が多様化するため、オーダ変更に応じて適切に計画の見直しを行い、現場に出された生産指示に対する進捗が見える化されるような工程管理が重要になっています。 生産スケジューラーAsprovaによって、設備能力を最大限に発揮させ、納期遅れしない生産計画の作成業務と、受注と生産の紐付きの見える工程実績管理業務をシステム化する方法を導入事例を元にご説明いたします。

会社概要

近年のインドネシアの製造業は、多品種少量化により製造への負担が増え、顧客からの受注数量と納期の変更が発生することで、在庫コストと機会損失コストのリスクを回避するための需要予測が益々難しくなっています。

生産効率向上のための業務改善という目的を実現するための手段の1つがシステムであり、システム化によって、 データ入力の効率化と正確性の向上と、見える化・共有化・体系化による情報の有効活用が実現されれば、現場からの情報が会社の競争力を生み出します。

お客様の要望と現場の声を最大限に反映させた上で、今の業務がどれだけ改善されるか、どんな新しい成果が出るか、という目に見える効果を生み出すためのご提案をいたします。

PT BAHTERA HISISTEM INDONESIA

  • Jl. Boulevard Selatan, Ruko Emerald Commercial, Blok UC22, Summarecon Bekasi, Marga Mulya Bekasi, Jawa Barat 17141
  • 021 89453949
  • yama@bahtera.jp

お問い合わせ

Please fill in all of the required fields