生産スケジューラーAsprova入門トレーニング@インドネシア(無料)
Training Pengenalan Production Scheduler Asprova @ Indonesia (Free)

中部ジャワの仏教寺院遺跡群ボロブドゥール 【インドネシアを代表する世界遺産】

インドネシアのジャワ島では、15世紀まではインドとの交流によりヒンドゥ教と仏教を中心とした王朝が栄え、それ以降にアラブとの交流によりイスラム化が進んでいきますが、ボロブドゥールは8世紀~9世紀の大乗仏教を崇拝するシャイレーンドラ朝(Wangsa Syailendra)時代に、およそ75年かけて建てられたと言われています。

製造原価と売上原価と販売管理費の関係 【販売にかかった費用は売上原価に含まず営業利益から控除】

製造原価は当月に製品倉庫に入庫した製品の原価であり、変動費は月初材料在庫と当月購入材料のうち当月投入された当月発生材料費のうち製品化した部分が該当し、固定費は当月発生した直接労務費と製造間接費のうち製品に対してかかった部分が該当する。 売上原価は月初製品在庫と当月入庫した製品のうち、当月のうち出荷した製品の原価であり、売上から売上原価を差し引いた売上総利益のうち、出荷に至るまでにかかった販売管理費を控除することで営業利益が算出される。

古代カルデラを覆う砂の海に浮かぶブロモ山【インドネシアを代表する観光地ブロモ・テンガー・スメル国立公園】

ブロモ山(Gunung Bromo 標高2,329m)とは、ブロモ・テンガー・スメル国立公園(Bromo Tengger Semeru National Park)内にある活火山であり、ジャワ島最高峰のスメル山(Gunung Semeru 標高3,676m)、ワタンガン山(Gunung Watangan 標高2,661m)、ウィドダレン山(Gunung Widodaren 標高2650m)、クルシ山(Gunung Kurusi 標高2,581m)、バトック山(Gunung Batok 標高2,470m)と合わせた6人兄弟の中で一番背の低い末っ子で、一人だけ常時もくもくと白い煙を吐いています。

付加価値税課税事業者PKP(Pengusaha Kena Pajak)登録申請に必要な書類【Invoice発行に添付するFaktur Pajak発行のためにはPKP登録必須】

インドネシア人の個人家主は、一般的に納税意識が低いケースが多いため、住居としての家やアパートを借りる場合はともかく、事業用オフィスを借りる場合は賃貸契約書の金額がPPH4(2)込みかどうかの確認が必要です。 家賃所得に対する税金ですから貸す側である家主の義務であり、本来は借りる側にとって家主がPPH4(2)を納税したかどうかは無関係ですが、借りたオフィスをPKP会社の住所とする場合、PPH4(2)を納税した証拠伝票が必要になるため、家主が納税しない場合は借りる側である自分で納税する必要があります。

中小個人事業主に対する外形標準課税制度の改定【利益率4%以下なら通常の法人税率を適用したほうがお得】

年間売上高が4.8Miliyar未満の中小企業が選択することができた、売上高に対する1%の分離課税制度が改定され、税率が0.5%と引き下げられる一方で、適用期間は3年間に限定されます。 利益率が4%より大きければ0.5%の分離課税を選択するほうが得であり、4%未満であれば通常の所得税計算方式を選択するほうが得になります。

Asprova - 日本国内シェア58.4%生産スケジューラー

生産スケジューラ Asprova は、従来から得意とする山崩し(有限能力計画、ディスパッチ、資源負荷平準化)に加え、タイムベースのMRPと「どこ」から「どこ」へとつなぐ紐付けロジックを搭載しています。

Hana First - 業務システム開発テンプレート

HANA FIRSTは、受発注管理・生産在庫管理をシステム化するための業務システム開発テンプレートであり、あらゆる業種に対応できる最低限の基本機能に、現場の要件を反映させていきます。

サービス内容

生産管理システム

所要量展開・製造実績収集・かんばん枚数計算

生産スケジューラー

納期回答のフォワードと前倒しのバックワード

会計・税務システム

発生主義のP/L・B/Sから現金主義ベースのC/F

原価管理システム

販売価格決定のための標準原価と実際原価

バーコード管理システム

ハンディターミナルを使用し簡素化と間違い防止

WEBサイト開発

WordPressによる洗練されたデザイン

会社概要

業務をシステム化する最初の目的は、データ入力の効率化と正確性の向上であり、次に目指すのは見える化・共有化・体系化による情報の有効活用であり、その結果として現場からの情報が会社の競争力を生み出します。

そのためには、まずは必要最低限の業務からシステムに置き換え、短期間でスモールスタートをきること。これがインドネシアで日系企業がシステム化を成功させる鍵となります。

現場の努力を会社の競争力に変えたいという要望を、システムの力で実現させることが我々の本業であり、これを実現するために我々に求められる資質は、現場のユーザーから要件を聞き出すコミュニケーション能力と、それを使いやすい形にシステム化する技術力の2つです。

AI技術(Artificial Intelligence:人工知能)の発展により業務は自動化され、システム化という仕事の性質も変わりつつありますが、そんな中でもいつまでたっても変わらないこの2つの資質を大切にしたいと思っています。

PT BAHTERA HISISTEM INDONESIA

  • Jl. Boulevard Selatan, Ruko Emerald Commercial, Blok UC22, Summarecon Bekasi, Marga Mulya Bekasi, Jawa Barat 17141
  • 021 89453949
  • yama@bahtera.jp

お問い合わせ

Please fill in all of the required fields