生産スケジューラー

生産スケジューラー

GoogleAppSheetを使った生産スケジュールとスマホ実績収集システム【2021年7月14日セミナー】

2021/6/27  

今回はインドネシアでもすぐに始められるGoogleAppSheetで開発する生産業務スマホアプリについてご紹介させて頂きます。 生産スケジューラの運用構成 インドネシアの工場でよく見られる光景が、出荷 ...

生産スケジューラー

生産スケジューラ利用によるリードタイムと在庫削減の関係 導入事例に基づき【2021年6月23日テーマ別セミナー】

2021/6/5  

前回は生産スケジューラの機能と導入手順について説明させていただきましたが、今回はディスパッチング(作業割付)の方法とボトルネック中心のスケジューリングでリードタイムを短縮し、在庫削減に繋がる手順を説明させていただきます。

生産スケジューラー

生産スケジューラとは何か? その導入方法について【2021年5月24日テーマ別セミナー】

2021/5/24  

本日は「生産スケジューラとはどんなものでどんなことができるのか?」 「生産スケジューラの導入にはどのような手順で行われるのか」の2点に絞って御説明させていただきます。

生産スケジューラー

コロナ禍中のインドネシア日系製造業のIT導入の最新事情【2021年4月14日セミナー】

2021/6/27  

インドネシアのコロナ禍の中で、日系製造業様からいただいたシステム化(DX化)のご相談の傾向として、正確な原価管理とより多面的な収益管理の必要性と、納期遅れしない生産管理に対する意識の2点が挙げられます。

更なるグローバル競争を勝ち抜く ニッポンのものづくり

生産スケジューラー

更なるグローバル競争を勝ち抜く ニッポンのものづくり 【NECものづくりセミナー登壇内容の抜粋】

2021/4/2  

インドネシアの製造業が直面する多品種少量化、製品寿命の短命化、小ロット化による製造負荷増大という問題に起因するサプライチェーン上の機会損失と在庫コストというトレードオフの問題を解消するために、供給能力を考慮した需要予測を行うためのシステムの設計方法です。

プロセス系の生産計画の特徴

生産スケジューラー

プロセス系の生産計画の特徴【タンクを通る一貫ラインでの製造】

2020/12/31  

パッケージシステムが組立系製造工程向きに開発されているのは業務の標準化がし易いからであり、プロセス系は一貫ラインを使用するため、自工程作業と次工程作業が連続して行われ、空き時間が発生することはなく、他オーダの作業が間に割って入ることはありません。

生産計画に原料在庫の制約条件を反映させる

生産スケジューラー

生産計画に原料在庫の制約条件を反映させる【原料在庫のあるものから生産して稼働率を落とさない】

2020/12/31  

原料を使用する初工程からフォワードで割り付ければ自然と在庫を先に消費する計画が出来ますが、出荷に近い後工程からバックワードで割り付ければ仕掛品の製造オーダを先に生成し最後の不足分に在庫が割り当てられるため、在庫の消費優先という計画にならない可能性があります。

現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順

生産スケジューラー

現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順【KIIC工業団地でのセミナーの抜粋】

2020/12/13  

インドネシアの製造業は、年々膨らむ国内市場の需給変動に比例して生産方式が多様化するため、オーダ変更に応じて適切に計画の見直しを行い、現場に出された生産指示に対する進捗が見える化されるような工程管理が重要になっています。

生産スケジューラーAsprovaで出来る標準原価計算

生産スケジューラー

生産スケジューラーAsprovaで出来る標準原価計算【Excelで計算した賃率・配賦率を品目テーブルに設定】

2020/12/31  

生産スケジューラーAsprovaに原価費目別に単価や賃率、配賦率が設定できれば、予定生産数量や予定工数を計算することができますので、販売予測に基づいて来期の予算を製品別、製品グループ別、機械別、顧客別に計算することができます。

生産計画における無限能力山積みと有限能力山崩しの目的の違い

生産スケジューラー

生産計画における無限能力山積みと有限能力山崩しの目的の違い 【山崩しにより納期遅れしない理論上実現可能なスケジュールを作成できる】

2020/12/31  

通常のMRPは無限能力負荷山積みと呼ばれ、オーダが生産キャパシティの範囲内に収まるかどうかを確認しますが、生産スケジューラーの有限能力負荷山崩しでは納期遅れしない実現可能なスケジュールを作成できるかどうかを確認します。

MRPで内示情報を確定受注情報で置き換えるプロセス

生産スケジューラー

MRPで内示情報を確定受注情報で置き換えるプロセス 【確定受注は追加、内示は洗替え】

2020/12/31  

MRPの所要として取り込む内示情報と確定受注情報は、客先から最新情報をもらうタイミングで入れ替える必要がありますが、抜け落ちることなく重複することなくうまく入れ替えるには、確定受注は受注NOの有無をキーとして重複しないように新規分のみ追加し、内示は洗替えします。

生産スケジューラーを運用する上で意識しておいたほうがいいこと

生産スケジューラー

生産スケジューラーを運用する上で意識しておいたほうがいいこと 【システムと現場の状態との乖離要因はリスケジュール前後にある】

2020/12/31  

スケジューラーの目的は小日程計画の観点から見ると「生産計画を作成すること」ですが、大日程、中日程計画の面から見ると生産準備(Production preparation)として有効な活用ができます。

生産スケジュールにおけるオーダ間の紐付けとは

生産スケジューラー

生産スケジュールにおけるオーダ間の紐付けとは?【オーダ展開で作業入力指図と作業出力指図を生成しオーダ割付/紐付で作業使用指図を生成】

2020/12/31  

生産管理システムでは計画外製造実績で実績登録する場合でも、システム内では自動生成された製造指図に対して製造実績が計上されるよう管理されており、1つの指図NOに対して分割された複数の製造実績NOが紐付き、製造実績NOごとに作業実績NOが紐付きます。

生産スケジューラー用インターフェイスの開発

生産スケジューラー

生産スケジューラー用インターフェイスの開発 【マスタ入力・実績収集・レポート出力の3点セット】

2020/12/31  

ここでは生産スケジューラーのサブシステムを例に考えますが、ユーザービリティ向上のために開発するインターフェイスは、大きく分けて既存マスタと追加マスタを統合する入力インターフェイス、バーコードスキャナーやハンディターミナルによる実績収集インターフェイス、製造指図や稼働率予実比較表等のアウトプット用の出力インターフェイスの3種類に分かれます。

プリセールス時に直面する価格と導入期間の問題

生産スケジューラー

プリセールス時に直面する価格と導入期間の問題 【インターフェイスとセットで導入することで機能のボリュームを膨らませ、プロジェクト前にマスタの事前整備を依頼】

2020/12/31  

生産スケジューラーのプリセールス時に必ずぶち当たるのが、価格と導入期間の問題です。「生産計画作成だけでこんなに高いの?」とか「生産計画作成をシステム化するだけでこんなに日数かかるの?」という反応が来るのが普通なので、これに対して相手を納得させる回答がないとプリセールスは成功しません。

システム導入時に判るインドネシアの環境的特性

生産スケジューラー

システム導入時に判るインドネシアの環境的特性 【アウトプットから機能を理解してもらい導入効果をイメージしてもらう】

2020/12/31  

インドネシア人業務担当者はWEBベースのシステムを好む傾向があるため、WEBによる情報の社内共有によって分業化、進捗状況の見える化を実現するすることが、業務システムの運用負荷を下げるための説得力ある提案となり、これはアジア諸国全般で当てはまる傾向かもしれません。

計画と実績をリンクさせる製造指図の必要性

生産スケジューラー

計画と実績をリンクさせる製造指図の必要性 【生産管理部が作成する内示に基づく生産計画を現場の作業にブレイクダウンするために実体化したものが製造指図】

2020/12/31  

受注情報に基づく生産計画を製造現場にブレイクダウンする上で重要な意味を持つのが製造指図であり、製造指図に対して実績を入れることが生産管理システムの運用上の最大の難関であると同時に、生産管理システムの導入の成否の大きな判断基準となります。

生産スケジューラーのデモの現場で直面する困難

生産スケジューラー

生産スケジューラーのデモの現場で直面する困難 【パラメータを調整してリスケジュールを繰り返し最適解を探す「暴れ馬の調教」のようなシステム】

2020/12/31  

誤解を恐れず書いてしまうと、インドネシアでのシステム営業ではシステムそのものの評価は二の次で、客とのコネや販社の実績や営業担当者の第一印象で決まってしまう。

生産スケジュールを最適化する設定方法

生産スケジューラー

生産スケジュールを最適化する設定方法 【最適化を自動生成するものではなくパラメータを駆使して割り付き方に傾向を与えるシステムである】

2020/12/31  

生産管理システムのMRPでは、製造オーダが品目ごとの主ラインに山積みされ、負荷状況を確認しながら計画を前倒しにして、他ラインに割り当てるかの調整が必要ですが、この作業を最適化作業として自動実行してくれるのが生産スケジューラーです。

Asprovaのオブジェクトへの参照方法

生産スケジューラー

Asprovaのオブジェクトへの参照方法 【2次元に展開された生産現場の各オブジェクトにアクセスしながらシミュレーションを行うシステム】

2020/12/31  

MEは式の中で現在実行中のインスタンス(テーブル)のカレントオブジェクト(レコード)であり、MEが品目テーブルを参照している場合、品目テーブルのカレントオブジェクトのプロパティ値や子オブジェクトを参照できます。

© 2021 インドネシアのITサービス会社 | バテラハイシステム Powered by STINGER