在庫調整が製造原価に及ぼす影響【他勘定振替勘定を通して出庫実績で直接材料費を製造原価に計上、入庫実績で直接材料費を製造原価から控除】

本記事の概要

総平均法で製造原価を計算する場合、投入実績の間違いを修正するために、入出庫実績を計上するだけでは、製造原価は変化しないので、直接材料費を他勘定振替勘定を通して製造原価に計上または控除します。

生産管理側で入出庫実績を計上する場合、総平均法で製造原価は正しく計算されますが、マニュアルで月末在庫の差し引きから製造原価を計算する場合、「製造原価=月初在庫+当月購入+(入庫実績-出庫実績)-(他勘定振替+月末在庫)」のように、増減した月末在庫と同じ額の入出庫実績を反映させないと、総平均単価による製造原価とアンマッチになります。

入庫実績は総平均単価に影響を及ぼすとはいえ、入庫時の金額を調整前の総平均単価で評価する場合において、調整後の総平均単価はほとんど変化せず、製造原価にも大きな影響はありません。

出庫実績は総平均単価に影響を及ぼしませんが、三分法の場合は「当月発生材料費=月初在庫+当月購入+(入庫実績-出庫実績)-月末在庫」という式の中で、製造原価に影響します。

原価計算における総平均法と三分法の違い

製造原価と売上原価の違いは、出来上がった製品の原価か、出荷した製品の原価かの違いであり、製造原価に何か別の費用が乗って売上原価になるわけではないので、原価の単価は同じになります。

また材料が投入された後は、製造工程で加工費が積み上がり、製品未満のものは全部まとめて仕掛品と呼ばれます。

  1. 投入ベースの発生費用が直接材料費
    ⇒材料の総平均単価x投入数量
  2. 製造ベースの発生費用が製造原価
    ⇒投入品の総平均単価x投入数量+加工費=製品の総平均単価x製造数量
  3. 出荷ベースの発生費用が売上原価
    ⇒製品の総平均単価x出荷数量

直接材料費、製造原価、売上原価は以下のように、「月末在庫を押さえて月初在庫と当月発生費用からの差し引き」による三分法でも計算できます。

  1. 直接材料費=月初材料在庫金額+当月材料購入金額-月末材料在庫金額
  2. 製造原価=月初仕掛品在庫金額+(直接材料費+加工費)-月末仕掛品金額
  3. 売上原価=月初製品在庫金額+製造原価-月末在庫金額

入出庫実績だけでは製造原価に影響を及ぼさないため会計仕訳で費用を計上または控除する

生産現場での業務システム運用では、在庫数量をいかに正しくキープするかが最重要課題ですので、月末の締処理前になると在庫調整(間接入出庫)機能で、実棚との数合わせが行われるのが普通です。

例えば、製造実績入力時の投入材料の消費数量が間違っていたことが月末になって発覚した場合、製造実績をキャンセルして投入実績を修正しないと、発生済みの直接材料費を修正することはできませんが、在庫調整で強制的に数合わせせざるを得ない場合もあります。

  1. 製造指図に出来高数量と投入実績数量を入力する際に、投入実績数量1個を一桁多く10個と入力されてしまった。
  2. その結果、システム在庫が実棚より大幅に少なくなってしまった。
  3. 製造品は既に検査工程を終えてしまい、時系列に採番される通し番号で管理された合格ラベルが添付された後では、投入実績の修正はできない。
  4. 仕方がないのでシステム在庫を正しく修正するために、在庫調整(間接入庫)で数合わせをした。

この場合、在庫調整(間接入庫)の金額を、在庫調整前の総平均単価で評価すれば、在庫調整前後の総平均単価はほぼ同じになり、必然的に製造原価もほぼ同じになります。

  •  本来の正しい材料の総平均単価と製造原価
    • 材料総平均単価=(月初在庫@100x10個+購入@140x5個)/(10個+5個)=@113.33
    • 製造原価=@113.33x1個+加工費0=113.3
  •  投入実績を間違って入力したときの材料の総平均単価と製造原価
    • 材料総平均単価=(月初在庫@100x10個+購入@140x5個)/(10個+5個)=@113.33
    • 製造原価=@113.33x10個+加工費0=1133.3
  • 在庫修正後の材料の総平均単価と製造原価
    • 材料総平均単価=(月初在庫@100x10個+購入@140x5個+在庫調整@113.33x9個)/(10個+5個+9個)=@113.32
    • 製造原価=@113.32x10個+加工費0=1133.2

これは月末在庫の差し引きで製造原価を算出する三分法でも同じで、入庫実績により製造原価は変わりません。三分法でこの入庫分を足すのを忘れて「入庫したから月末在庫が増えて製造原価が小さくなったはず」と勘違いしがちです。

  • 製造原価=(月初在庫@100x10個)+(購入@140x5個)+(当月入庫@113.32x9個)-月末在庫(入庫分込み)

この生産管理側での入庫実績だけでは、製造原価に影響を及ぼすことはできませんが、財務会計上から過大計上された9個分の直接材料費を販管費に振替えることで、管理会計(原価計算)上の製造原価を修正できます。

  • 在庫修正を販管費として計上したときの材料の総平均単価と製造原価
      • 材料総平均単価=(月初在庫@100x10個+購入@140x5個+在庫調整@113.33x9個)/(10個+5個+9個)=@113.32
      • 製造原価=@113.32x投入数量10個+加工費0-在庫調整@113.32x9個=113.32

投入実績過大の場合は、システム上では実棚より少なくなった材料分の入庫処理により、過大に計上された直接材料費をマイナスし製造原価から控除します。材料の増加は他勘定振替勘定を通して間接的に直接材料費に振替えます。

  • Dr. 材料他勘定振替 1019.88    Cr. 直接材料費 1019.88

投入実績不足の場合は、不足分の直接材料費を計上し、他勘定振替勘定を通して未消費分の材料を減らします。これは生産管理システムを通さず、会計システム上で貯蔵品のように使った分だけ費用計上し、かつ直接費に計上する補材や副資材と同じ処理方法です。

  • Dr. 直接材料費 1019.88    Cr. 材料他勘定振替 1019.88

この在庫調整による入庫に気づかず「月初在庫+当月購入-月末在庫」で製造原価を算出しようとすると、総平均単価による製造原価と金額がアンマッチになります。

三分法は月末在庫から結果ありきで当月発生費用を計算する

このように在庫調整で在庫が増減した場合、月末在庫を押さえて当月発生費用を計算することに慣れていると、製造原価にも増減分の影響が出るように錯覚しがちですが、実際には月初在庫でも当月購入でもない、月中の在庫調整による増減分は、三分法の式の中でプラスマイナスで相殺されています。

  • 製造原価=月初材料在庫+(当月材料購入+加工費)+在庫調整-(他勘定振替+月末在庫)

これは三分法は結果(月末在庫)から帰納的に当月発生費用を計算しているからであり、製造時の投入実績の入力間違いを、在庫調整で修正する場合には以下の点に注意する必要があります。

  1. 投入実績の間違いは、実棚数との数合わせのための在庫調整をしても、投入実績自体を修正しない限り、製造原価に占める直接材料費は間違ったままになる。
  2.  出庫実績によって総平均単価は一切影響を受けず、出庫によって減った分だけ月末在庫が減るだけなので、直接材料費も製造原価も変化なし。
  3.  入庫実績によって総平均単価は影響を受けるが、入庫時の金額を調整前の総平均単価で評価する場合において、調整後の総平均単価はほとんど変化しない。
  4. 過大に計上された投入実績分は、他勘定振替を通して会計仕訳で製造原価から直接材料費を控除する。