インドネシアのコーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアのコーヒー消費市場の変遷【GDPの成長と共に国内に高品質のコーヒーが流通】

2020/7/12  

インドネシアのコーヒー栽培は植民地時代にヨーロッパへの輸出を目的として行われてきた歴史的経緯があり、インドネシア人の間で高品質のコーヒーの需要が増え国内向けに流通しはじめたのは、一人当たり名目GDPが3,000ドルを超えた2010年以降です。

コーヒーは一日何杯まで飲んでいいのか

インドネシアのコーヒー

コーヒーは一日何杯まで飲んでいいのか?【カフェイン依存症は中毒ではない】

2019/9/8  

コーヒーはカフェイン作用によるリラックス効果や脳の活性化、肝機能や腎機能の修復と活性化、アンチエージング効果やうつ病の予防効果もあることは間違いないようですが、飲みすぎることによる弊害については多くの学説があります。

酸っぱいコーヒーはなぜ嫌われるか?

インドネシアのコーヒー

酸っぱいコーヒーはなぜ嫌われるか?【ワインと同じようにコーヒーにも料理との相性がある】

2019/4/13  

コーヒーを酸っぱく感じる理由は、酸味の強い種類のコーヒーを空腹時に飲んでいる場合が多く、ワインと料理の相性をマリアージュと言うようにコーヒーも一緒に何を食べるかによって味わいは変わり、油っぽい料理を食べた後には油を分解する酸味が強いコーヒーが合います。

インドネシアでも希少価値が高く芳醇でまろやかなアロマを放つルワックコーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアでも希少価値が高く芳醇でまろやかなアロマを放つルワックコーヒー(KOPI LUWAK)【ジャコウネコの未消化の糞から精製する】

2019/4/10  

ジャコウネコの未消化かつ発酵済みの糞を原料とするルワックコーヒーは、食べた豆の産地独特の風味とまろやかなアロマの強さが評価の基準となります。ルワックは近年はケージで飼育されますが、自然の中で動物の本能で豆を選別して食べて排出された原料はより高価です。

コーヒーの味を直球ど真ん中で伝えるインドネシアのパプア・ワメナ(Papua Wamena)のコーヒー

インドネシアのコーヒー

コーヒーの味を直球ど真ん中で伝えるインドネシアのパプア・ワメナ(Papua Wamena)のコーヒー 【芳醇で酸味少なく飲みやすいコーヒー】

2017/5/30  

西パプア州でコーヒーが栽培されるのは先住民族であるダニ族が住む山岳地帯であるワメナ地区で、芳醇(ほうじゅん)で香り高く酸味少なく飲みやすいコーヒーです。

コモド国立公園にほど近いフローレス(Flores)のコーヒー

インドネシアのコーヒー

コモド国立公園にほど近いフローレス(Flores)のコーヒー 【産地ごとの風味の傾向を明確に表現するインドネシアのスペシャリティコーヒー】

2017/5/29  

バリ州と西パプア州の間には、ロンボク島とスンバワ島のNusa Tenggara Barat(西ヌサ・トゥンガラ州 略称NTB)と、フローレス島とスンバ島と西チモール(Timor Barat)のNusa Tenggara Timur(東ヌサ・トゥンガラ州 略称NTT)に分かれます。

サイフォン式で抽出する際の香りを楽しみたいインドネシアのトラジャ(Toraja)のコーヒー

インドネシアのコーヒー

サイフォン式で抽出する際の香りを楽しみたいインドネシアのトラジャ(Toraja)のコーヒー 【キーコーヒーが農園を開きトアルコトラジャブランドを開発】

2017/5/28  

トラジャとはスラウェシ島のブギス族の言葉で「高地の人々」という意味があり、日本のキーコーヒー(Key Coffee)が高地のタナトラジャ県ウマ地区(Uma)に農園と精製工場を整備し、トアルコ(TOraja ARabika COffee)トラジャコーヒーというブランドで日本に広めました。

インドネシアのコーヒー

コーヒー栽培と観光ビジネスが融合したインドネシアのバリ島キンタマーニ(Kintamani)のコーヒー 【コピバリとは別物のバリ島のスペシャリティーコーヒー】

2017/5/27  

バリ・キンタマーニのコーヒーの風味はスマトラのアチェ・ガヨやミナン・ソロックのようなフルーティーさに若干スパイシーなアクセントを加えたようなさらっとした飲みやすいコーヒーです。

インドネシアのジャワ島で珍しいアラビカ種が栽培されるガルングン(Galunggung)のコーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアのジャワ島で珍しいアラビカ種が栽培されるガルングン(GALUNGGUNG)のコーヒー 【アカネ科コフィア属の植物であるコーヒーノキ】

2017/5/26  

インドネシアのコーヒーは1600年代にオランダ軍がアラビカ種のコーヒーノキをジャワ島に持ち込んでプランテーション栽培させたのが始まりと言われており、さび病の被害が広がるにつれて耐性の強いロブスタ種に切り替えられていき、現在では生産の90%を占めるまでになりました。

インドネシアでジャワ島に最も近い南スマトラのランプン(Lampung)産コーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアでジャワ島に最も近い南スマトラのランプン(Lampung)産コーヒー 【ナチュラル式、ウォッシュド式、ハニー製法、スマトラ式の違い】

2017/5/25  

メラク(Merak)の港からフェリーで2時間ほどでランプン州のバカウヘニ港(Bakauheni)に着きますが、スマトラ島とジャワ島に挟まれるスンダ海峡にはクラカタウ(Krakatau)という成層火山(一つの火口からの複数回の噴火により溶岩や火山砕屑物などが積み重なり形成された円錐状の火山)があります。

美味しいのはパダン料理だけじゃなかったインドネシア西スマトラのソロック(Solok)のコーヒー

インドネシアのコーヒー

美味しいのはパダン料理だけじゃなかったインドネシア西スマトラのソロック(Solok)のコーヒー 【マイルドでフルーティーなアロマ】

2017/5/24  

ミナンカバウ人(ミナン人・パダン人)の伝統家屋であるルマ・ガダン様式は、高床式の建屋に水牛の角をかたどった反り返った屋根が特徴的です。

インドネシアでは気性の激しいバタック族のマンデリン・リントンのコーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアでは気性の激しいバタック族のマンデリン・リントンのコーヒー 【UCC上島コーヒーが農園を開いたことで有名】

2017/5/23  

バタック族のマンデリン系の種族であるマンデリン・バタック族(Mandailing Batak)がトバ湖南のリントン・ニフタ地区(Lintong Nihuta)の農園で栽培するコーヒーのうち、精製工程を改良を重ねた最高グレードのものがリントン・ブルーバタック(Lintong Blue Batak)で、アラビカ種の中でも歴史が古く改良が加えられていないティピカ種(Tipika)という純血種であるため、どうしても病気に弱く収穫量が少なくなります。

インドネシアの高品質コーヒーの代名詞マンデリン・トバ(Mandailing Toba)のコーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアの高品質コーヒーの代名詞マンデリン・トバ(Mandailing Toba)のコーヒー 【ダークチョコレートのフレーバーと濃厚なボディ】

2017/5/22  

西スマトラ州の州都パダン(Padang)に対して北スマトラ州の州都はメダン(Medan)であり、そこから南90kmの標高900mにあるトバ湖の周辺にはマンデリン族(Mandailing)やバタック族(Batak)が住んでいます。

インドネシアのご当地コーヒーの代表格アチェ・ガヨ(Aceh Gayo)

インドネシアのコーヒー

インドネシアのご当地コーヒーの代表格アチェ・ガヨ(Aceh Gayo)【フローラルなフレーバーと濃厚なボディかつ爽やかなアフターカップ】

2017/5/17  

アチェ州では国内法では認められていないシャリア法(イスラム法)に基づき、婚前の不順異性交遊などの「不道徳行為」には鞭打ち、凶悪犯罪や同性愛に対しては石打の刑が処せられるなどイスラム色の強い地域です。

コーヒーをもっと楽しくもっと美味しく

インドネシアのコーヒー

コーヒーをもっと楽しくもっと美味しく 【各地のスペシャリティコーヒーが楽しめるインドネシア】

2017/5/16  

インドネシアは北回帰線と南回帰線をはさむコーヒーベルトに位置するコーヒー栽培に適した国で、1602年の東インド会社の進出を契機にオランダの植民地支配が300年以上続き、その間アラビカ種のコーヒーが持ち込まれ、気候のいい高原地帯で栽培が開始されました。

エアロプレス式コーヒーメーカー

インドネシアのコーヒー

エアロプレス式コーヒーメーカー 【バリスタの技量を問わず誰にでも美味しいコーヒーが淹れられる】

2017/4/25  

エアロプレス式コーヒーの味わいに変化をつける要素としては、お湯の温度と注ぎ方、注いだ後にどれだけ寝かせるか、プレスの速度の3箇所になり、豆の種類や挽き方等まで考慮すると、順列組み合わせの公式からしても大変なバリエーションが発生します。

コーヒーのマニュアルブリューイングによる淹れ方

インドネシアのコーヒー

コーヒーのマニュアルブリューイングによる淹れ方 【美味いコーヒーを安く飲めるという理由だけでインドネシアに住む価値がある】

2017/4/11  

マニュアルブリューイングの方法としてペーパードリップ式(Paper Drip)、サイフォン式(Syphon)、ベトナムドリップ式(Vitnam Drip)、フレンチプレス式(French Press)、エアロプレス式(Aeropress)があります。

コーヒーを淹れるまでの煎る・挽く・漉すの3つの工程

インドネシアのコーヒー

コーヒーを淹れるまでの煎る・挽く・漉すの3つの工程 【コーヒーの美味しさを表現するには過程のこだわりを強調すべし】

2017/3/13  

焼き方は直火式で風味に変化をつけるか、炭焼式で均一にムラなく焼くかに分かれますが、浅煎りほど酸味が強く深煎りほど苦くなります。

インドネシアの国土と風土が生み出す産地特有のコーヒー

インドネシアのコーヒー

インドネシアの国土と風土が生み出す産地特有のコーヒー 【南北回帰線の間に連なるコーヒーベルト地帯】

2016/11/15  

インドネシアは国土が北回帰線と南回帰線の間の赤道付近に東西に長く連なり高原地帯が多いという、コーヒー栽培に適した条件を満たす土地がたくさんあるからであり、これは他国には類を見ない特徴です。

インドネシアの未来のポテンシャルを体感したければスタバに行こう

インドネシアのコーヒー

インドネシアの未来のポテンシャルを体感したければスタバに行こう。【生産年齢人口が従属人口の2倍以上ある人口ボーナス状態が2030年まで続くインドネシア】

2016/9/21  

2億4千万人という世界第4位の人口を持つインドネシアは、人口構造も理想的なピラミッド型であり、2030年頃まで生産年齢人口(15~64歳)が、従属人口(0~14歳と65歳以上)の2倍以上ある人口ボーナス状態が続くと言われており、働き手1人あたり2.3人の高齢者を支える日本からすると、うらやましいくらいの経済成長が見込まれます。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER