インドネシア語

インドネシアのメディアで使用される国のニックネーム【他国を一言で表現するセンスが問われる】

インドネシア語

インドネシアのメディアで使用される国のニックネーム【他国を一言で表現するセンスが問われる】

2020/12/29  

インドネシアのメディアでは、抒情的な雰囲気を出すために国名の後ろにニックネームを付けることがあり、海外で一般的な呼び方をインドネシア語訳にしたものや、インドネシア独自の視点で付けた呼び方もありインドネシアがどのように海外の国々を見ているかが分かります。

新型コロナウィルス関連のインドネシア語【新聞の記事を読めるようになる方法】

インドネシア語

新型コロナウィルス関連のインドネシア語【新聞の記事を読めるようになる方法】

2022/1/2  

コロナ禍ではKarantina(検疫)、Isolasi(隔離)など聞きなれない言葉がメディアで見聞きされましたが、ニュースソースが違えど使っている言葉は似たり寄ったりで、時事問題に関するインドネシア語はテーマごとに覚えると連想記憶が働きやすいと言えます。

インドネシア語の発音の問題を克服する

インドネシア語

インドネシア語の発音の問題を克服する【日本人を悩ませる3つの発音】

2020/12/29  

インドネシア語の日常会話に不自由しないが正しいスペルで書けないと気付いたら、実際には正しく喋れていなかったことになります。英語は表記と読みが異なる発音に難しさにあり、インドネシア語は表記通りのローマ字読みである点が日本人には学習しやすいと言えます。

インドネシア語

接頭辞と接尾辞が単語のバリエーションを増やす【インドネシア語の柔軟性とは?】

2021/12/31  

インドネシア語は表記どおりにローマ字読みする言語であり、単語の独立性が高く前後の単語が繋がって発音が変わることはありません。単語の順番を入れ替えても通じやすいことから、インドネシア語能力は語彙量に比例すると言われる傾向があります。

インドネシア語

単語が音で繋がると表示された文字と発音が違ってくる【英語と日本語とインドネシア語の比較】

2022/1/3  

インドネシア人が英語を習得し易いのは表音文字であるアルファベットで表現され同じ基本5文型で構成されているからです。日本人がインドネシア語を習得し易いのは、単語の独立性が高く前後に繋がって発音が変わることがなく、前後入れ替えても意味が通じるからです。

インドネシア語

英語に比べてインドネシア語が楽な理由 【時と条件を表す副詞節内のルールと冠詞が英語を難しくしている元凶】

2021/12/31  

発音の面での英語の難しさは単語が繋がって表記とは異なる読み方になることですが、文法的な難しさは時と条件を表す副詞節内のルールであったり、冠詞付いて数多くの決まり文句が出来上がっている点ではないかと考えます。

インドネシア語

インドネシア語の旧字体表現 【旧字体で表現されるのには明確な意図がある】

2021/12/31  

インドネシア語の旧字体の変化例としてSoeharto(oeがuに変化)、Jogjakarta(jがyに変化、Tjinta(tjがcに変化)Moesjawarah(sjがsyに変化)、Djakarta(Djがjに変化)、Njonja(NjがNyに変化)があります。

インドネシア語

インドネシア語で目的語に重点を置いて受動態で書くこと 【英文法の基本5文型のうち目的語があるのが第三、第四、第五文型】

2021/12/31  

受動態は英文法の基本5文型のうち、目的語のある第三文型(S+V+O)、第四文型(S+V+O+O)、第五文型(S+V+O+O)でのみ使用されますが、インドネシア語で目的語に重点を置いて受動態で書くことで相手にポイントが伝わりやすくなります。

インドネシア語

関係詞から欧米とアジアの言語文化の違いが垣間見える 【関係代名詞と関係副詞をまとめて処理するyangというインドネシア語】

2021/12/31  

疑問詞の塊が名詞を修飾するのが関係詞であり、たまたま先行詞が場所、時間、理由、方法だったら関係副詞でそれ以外なら関係代名詞と呼ばれ、前置詞+関係代名詞は関係副詞に置き換えられます。この複雑なルールをインドネシア語の「yang」という言葉で表現することが可能です。

インドネシア語

インドネシア語のプレゼンで間を持たせる接続詞と前置詞 【インドネシア語をしゃべるのが楽しくなる】

2021/12/31  

インドネシア語のプレゼンテーションで、敢えてゆっくり発音することで間を持たせて、次の台詞を考えるのに有効なのは、dan kemudian、maupunなどの接続詞と、secaraとdenganを使った前置詞句です。

© 2022 インドネシアのITサービス会社 | バテラハイシステム Powered by STINGER