インドネシア生活

インドネシアの自動車税【車検制度はなく保険は任意加入】

自動車の自動車税の計算方法

インドネシアの自動車税PKB(Pajak Kendaraan Bermotor)は、毎年の車両証明書STNK(Surat Tanda Nomor Kendaraan)の更新時に支払う自動車税と、5年に一回ナンバープレート(pelat nomor kendaraan)の交換とエンジンの登録番号チェック時に支払う自動車税があり、今回南ジャカルタ交通警察(Samsat Jakarta Selatan)で支払ったのは年に1回の自動車税です。

南ジャカルタ交通警察署でSTNK延長、
3密を避けるため館内ではなく外の仮設手続き場。
1.フォームに記入
2.旧STNK原本&コピー、KTP原本&コピー、BPKBコピーと一緒に提出
3.支払い、領収書受領
・PKB(車両税)
・SWDKLLJ(交通事故基金義務的寄付)
4.領収書と引き換えに新STNK&KTP原本を受け取り

2020年10月10日から2021年10月10日まで1年間のSTNKの延長手続きで支払ったのは以下の2つであり、来年は6年目に突入しますのでナンバープレートの交換が必要になります。

  • 自動車税PKB(Pajak Kendaraan Bermotor):Rp.3,297,000
  • 交通事故基金義務的寄付SWDKLLJ (Sumbangan Wajib Dana Kecelakaan Lalu Lintas Jalan):Rp.143,000

合計Rp.3,440,000

自動車税は車両売却評価額NJKB(Nilai Jual Kendaraan Bermotor)に対して税率2%(1台目の車の場合)なので、僕のAvanza Veroz 2016年式の評価額は2%で割り戻せば計算できます。

2020年の評価額

  • Rp.3,297,000÷0.02=Rp.164,850,000

2019年の評価額

  • Rp.3,360,000÷0.02=Rp.168,000,000

去年の自動車税支払額Rp.3,360,000を2%で割り戻した去年の評価額からRp.3,150,000だけ下落していることが分かります。

この評価額は警察署のデータベースに登録されている金額であり、新し目の市販車の場合は一般的な市場価格や前年度12月の第1週の一般市場価格を参考に決定されていますが、希少車種や古い車両のように、一般的な市場価格がない場合には、同じシリンダーまたはパワーユニットを搭載した自動車の価格や、ブランド、製造年などに基づいて総合的に判断されているようです。

また交通事故基金義務的寄付SWDKLLJは、四輪車は一律Rp.143,000、二輪車はRp.32,000になります。

インドネシアには車検制度がない

日本で車を所有する場合は自賠責保険への加入と2年に1度国土交通省が定める車検(自動車検査登録制度)を受ける必要がありますが、インドネシアにはそもそも国が定める車検制度自体がなく、保険も民間保険会社が提供する保険サービスへの任意加入になります。

僕はトヨタの正規ディーラーであるAUTO2000で車を購入し、10,000kmごとに定期サービスを受けており、AUTO2000では50,000kmまでサービス(jasa)は無料なのですが、タイヤのバランス調整(Spooring&Balancing)やクーラーの掃除などのサービスはオプションで、それぞれRp.200,000ほどかかりますので、オイル交換や切れたランプの交換なども含めると、20,000km以降の定期サービスでは毎回Rp.2,000,000以上かかっています。

これまで2回後ろから追突され、1回自分の居眠り運転で追突した経験があるのですが、最初に追突されたときはAsuransi Astraの自動車損害保険「Garda Oto」の保険が切れて延長手続きをしなければと思った矢先の出来事で、修理費用にRp.7,000,000くらいかかったのですが、後の2回は保険適用のためRp.300,000程度で済みました。

久しぶりに追突されていろいろ考えるところがありました。【インドネシアでの車両保険料請求の流れ】

インドネシアで追突事故を起こしてしまったら 【ストックホルム症候群が発動すると被害者が加害者に共感する】

 

ちなみに車を購入する際の車庫証明書も必要ないため、車庫を持たない住宅街の中や、車が通れないくらい細い道の奥にある家などは、側溝すれすれに路駐してサイドミラーを折りたたむのですが、当然ながら夜間の盗難も多く発生し、車一台ギリギリ通れる程度に残された道幅はボトルネックとなり、劣悪なジャカルタの渋滞の一因となっています。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER