ビザ取得と会社設立

投資調整庁(BKPM)による一時滞在許可証(ITAS)未取得の外国人に対する入国支援措置【8月13日ジェトロウェビナー】

ビザ取得と会社設立

投資調整庁(BKPM)による一時滞在許可証(ITAS)未取得の外国人に対する入国支援措置【8月13日ジェトロウェビナー】

2020/12/28  

投資調整庁(BKPM)による一時滞在許可証(ITAS)未取得の外国人に対する入国支援措置は、渡航することでインドネシア経済に貢献、雇用維持に繋がる人材を確保するのが目的でした。

NIB取得義務

ビザ取得と会社設立

インドネシア投資を活性化し国内事業活動の許認可手続きを簡素化する流れ【OSSとオムニバス法】

2020/12/28  

インドネシアでの起業では、地方政府や法務管理局、中央政府機関から各種証明書を取得する手続きが複雑でしたが、2018年7月からは投資調整庁BKPMの事業許認可システムOSSを通すことで一元化され、事業基本番号NIBの取得が義務付けられました。

インドネシアで小さく起業する

ビザ取得と会社設立

インドネシアで小さく起業する【自己資金でインドネシア人配偶者を株主としてローカルPT(PMDN)を設立】

2020/12/28  

「小さく起業する」というのは、個人が脱サラして自己資金を元手に国内資本会社を設立し、従業員の給料やオフィス賃料などの固定費をなるべく抑えながら、仕入から売上までの一連の流れを回し、適切に毎月法人所得税や付加価値税などを納税するという意味です

インドネシアの永住許可証に該当するKITAPの新規則

ビザ取得と会社設立

インドネシアの永住許可証に該当するKITAPの新規則【外国投資奨励のための規制緩和】

2020/12/28  

KITAPは外国人がインドネシアに恒久的に滞在するためのものなので永住権と言っても間違いではないと思いますが、実際の有効期間は5年間で、期間中に複数回の出国と入国をする場合には、2年間有効のマルチの再入国許可証を延長する必要があります。

EPO手続き後にC312ビザ取得のためシンガポールへ1泊2日

ビザ取得と会社設立

インドネシアの就労ビザ取得までの流れ【EPO手続き後に在外公館でC312ビザ取得し国内の入国管理局にてITASを取得】

2020/12/28  

インドネシアの就労ビザ取得までの流れは、前職のビザを終了させるためのEPOの手続き後に、新しい会社で働くためのビザ発給依頼書(VTT)を入国管理局で発行してもらい、在外公館でC312ビザ取得し、再度入国後に国内の入国管理局にてITASを取得します。

インドネシアの就労ビザ取得とパスポート更新

ビザ取得と会社設立

インドネシア国内でのパスポート更新【入国管理局への届け出が必要】

2020/12/28  

就労可能なビザC312ビザのみ(6ヶ月と12ヶ月の2種類)で、入国時はSingle Entryなので期間内の出入国するにはMERP (Multiple Exit/Re-entry Permit)を別途取得する必要があります。

© 2021 バテラハイシステム Powered by STINGER