WordPress

WEBサイトがウィルス(マルウェア)に感染したときの対処

WordPress

WEBサイトがウィルス(マルウェア)に感染したときの対処【無関係なサイトを別タブで開くjavascriptを埋め込まれた】

2019/7/7  

マルウェアが埋め込まれる場所はWordPress本体、テーマファイル(本体・設定)、プラグイン(本体・設定)、データベース(投稿・固定ページ)であり、管理画面フォルダwp-adminにBasic認証をかけ、プラグインでセキュリティを強化する必要があります。

オープンソースとコピーレフト

WordPress

オープンソースとコピーレフト 【修正したソースは元ライセンスと同じ条件で配布】

2016/1/31  

コピーライト(Copyright)は著作権という意味であり、商品でもWEBサイトでも他人が作ったものを勝手にコピーしたら当然ながら違法になります。

WordPressの起動

WordPress

WordPressの起動3 - WP_Queryクラスのカスタマイズ

2016/1/6  

wp-blog-header.phpで環境設定や重要なオブジェクトを$GROBALSに格納したあとwp関数が実行されますが、内部では$wp->query_postsメソッド、$wp_query->get_postsメソッド、$wp_query->parse_queryメソッドが順番に呼ばれて実行されます。

WordPressの起動

WordPress

WordPressの起動2 - WordPress起動時に読み込まれるPHPファイルの順番

2016/1/5  

WordPressの起動時には、コアモジュールがブラウザに入力されたURLをパース(プログラムのソースコードやXML文書など、一定の文法に従って記述されたテキスト文書を解析し、プログラムで扱えるようなデータ構造の集合体に変換すること)して、確定したクエリに基づいてSQLクエリに変換し、MySQLから投稿やページを取得しグローバル変数に格納するプロセスと、テンプレート階層をなぞりながらテーマテンプレートを確定するプロセスが走ります。

WordPressの起動

WordPress

WordPressの起動1【 WordPressテンプレートファイルの構成】

2016/1/4  

エントリポイントであるindex.phpからインクルードされるwp-blog-header.phpが基点になり、wp-load.phpで環境設定、wp-config.phpでDB接続情報、wp-settings.phpでWordPress初期設定を実行します。

WordPressの関連URL取得方法

WordPress

意外と簡単じゃなかった!WordPressサイトの常時SSL化の手順

2015/12/19  

SSL(Secure Socket Layer)はインターネット上で情報を公開鍵暗号化方式で暗号化して送受信できる仕組みで、認証局(CA:Certification Authority)である電子証明書取扱会社から独自SSL証明書を購入し、WEBサーバーにインストールすると、信頼できるサイトであると証明されます。

WordPressの関連URL取得方法

WordPress

WordPressの関連URL取得方法

2015/12/16  

WordPressもブログツールとして使う分にはシステム的なことはあまり意識しませんが、WEBサイト開発のプラットフォームとして利用する場合は、テーマフォルダにアップロードした画像へのリンクの取得方法とか、サイトの基本情報の取得方法とかを意識せざるを得なくなります。

HTML

WordPress

ページ定義タグと構造化タグとdivタグの関係

2015/12/10  

htmlとheadとbodyというページ定義タグで定義されたコンテンツ部に対して、構造化タグ(header, nav, article, aside, footer)でWEBサイト全体を「ヘッダー領域」「ナビゲーション領域」「コンテンツ領域」「サイドバー領域」「フッター領域」の5つに区切ってレイアウトし、コンテンツの意味のカタマリをdivタグにid属性とclass属性を定義します。

HTTP

WordPress

マルチサイト管理のためにサブドメインとサブディレクトリどっちが得か?

2015/10/5  

WordPressにはマルチサイト管理機能という1つのコントロールパネルから複数の子サイトを管理できる機能がありますが、現在マルチサイト管理機能は使わず、サブディレクトリに独立したWordPressをインストールして運用しています。

WordPressを運用する上で最低限気をつけるべきセキュリティ設定

WordPress

WordPressを運用する上で最低限気をつけるべきセキュリティ設定

2015/9/26  

ブログの運営はアメブロやライブドアなどのブログサービスを利用すればバックアップやセキュリティなど保守面での運営負荷が減りますが、機能追加やカスタマイズ等の自由度が減るというトレードオフの関係があります。

WordPressによるWEBサイト開発

WordPress

WordPressによるWEBサイト開発5 - 投稿タイプ・フィールド・タクソノミの追加

2012/5/25  

カスタム投稿タイプを使うには、本来functions.phpにコードを追加する必要がありましたが、今は投稿タイプ(post_type)の追加とタクソノミの追加は、プラグインCustom Post Type UIで、フィールドの追加はプラグインAdvanced Custom Fieldsで簡単に実現できます。

WordPressによるWEBサイト開発

WordPress

WordPressによるWEBサイト開発4 - 固定ページと投稿記事の派生テンプレート

2012/5/25  

固定ページはタクソノミ(カテゴリやタグなど)が効かないのではじめから対象外ですが、投稿記事の場合は過去のストック記事をカテゴリで切って表示することができるので、商品カタログとしても使えそうです。

WordPressによるWEBサイト開発

WordPress

WordPressによるWEBサイト開発3 - プラグインの開発

2012/5/24  

ここでは通常のクライアントアプリのプラグイン開発と比較した上で、WordPress投稿本文中の「おはよう」という文字列を「Selamt pagi!」に変換する簡単なWordPressプラグインを作ってみます。

WordPressによるWEBサイト開発

WordPress

WordPressによるWEBサイト開発2 - テンプレート階層とテンプレートタグ

2012/5/23  

WordPressを使った企業サイト開発のためには、テーマを構成するテンプレートファイルの構成、ページを構築するHTMLタグの書き方、テーマの中で使用される関数の分類、そしてテーマの見た目を装飾するスタイルシートの書き方についての理解が必要になります。

WordPressによるWEBサイト開発

WordPress

WordPressによるWEBサイト開発1 - MVCモデル的な設計

2012/5/22  

投稿される情報をユーザー単位に時系列に保存し、「会計システム」「インドネシアの税法」というようなカテゴリ、または「PPN」「WordPress」というようなタグ単位にフィルタして表示できるのがWordpressの最大の強みであり、これらカテゴリやタグなどの投稿記事の切り口(分類)をタクソノミーと呼んでいます。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER