インドネシア時事問題

経済活動を再開

インドネシア時事問題

PSBB(大規模社会制限)段階的緩和の中で経済活動を再開するジャカルタ【安全で健康的、生産的な社会に向けた移行期間】

2020/6/8  

ジャカルタでは今日から本格的にオフィスを再開する会社も多いと思いますが、通勤の足となるGoJekやGrab bikeなどのバイクタクシーの利用も許可されたことで、2か月以上非表示になっていたスマホアプリ上のGorideのオーダーボタンが再表示されており、さらに独立店舗型の日本食レストランも店内イートインの営業を再開し、自宅へのお弁当のデリバリーに飽き飽きしていた日本人客で賑わったようです。

PSBL

インドネシア時事問題

PSBB(大規模社会制限)からPSBL(地域規模社会制限)への移行【PSBBが私にくれたもの】

2020/6/3  

ジャカルタ特別州で明日6月4日まで実施される予定のPSBB(大規模社会制限=Pembatasan Sosial Berskala Besar)は、6月5日から地域規模社会制限PSBL(Pembatasan Sosial Berskala Lokal)と名前を変えて、ジャカルタ州内の62のコロナ感染状況が深刻なレッドゾーンに区分される町内会であるRW(Rukung Warga)単位に重点的に行われます。

ポストコロナ時代の新しい日常であるNEW NORMAL

インドネシア時事問題

PSBB(大規模社会制限)解除後のインドネシアの行動規範であるニューノーマル【新しい日常活動のための準備】

2020/5/27  

昨日、自宅近所にあるスマレコンモールをジョコウィ大統領が訪問し、6月8日の営業再開に向けての準備状況の視察を行っていました。

インドネシアでどこに住むか

インドネシア時事問題

首都移転後のインドネシアの経済発展を支える西ジャワ州【自動車部品を供給する裾野産業の集積】

2020/5/25  

僕は1997年10月にジャカルタに来て3年半ほどIT関連の仕事をした後、2001年6月にバリ島へ引っ越しましたが、理由は家具やハンディクラフトの輸出の事業を立ち上げるに際して、顧客である日本の家具屋さん、雑貨屋さん、飲食店関連の方が、定期的に旅行と買い付けを兼ねてバリ島を訪問されており、日本の潜在顧客と一番近い距離にあったのがバリ島だったからです。

インドネシアの自動車産業

インドネシア時事問題

インドネシアの自動車産業の潜在能力【原材料の現地調達率向上と生産の高付加価値化で輸出競争力を高める】

2020/5/23  

コロナ禍によるPSBB(大規模社会制限)実施前の1月から3月までの自動車出荷台数の累計は、前年同期から15.9%下落して260,804台で踏みとどまっていましたが、PSBBの施行開始後の4月に至っては、前年同月比で90.7%減の7,871台となり、2020年の年間自動車出荷台数目標が108万台から60万台まで引き下げられました。

PCR検査

インドネシア時事問題

レバラン直前のインドネシアのコロナ禍の状況【インドネシア入国時に求められるPCR検査結果を記載した健康証明書】

2020/5/22  

5月21日時点でインドネシア全土の死亡者数は1,278名、うちジャカルタ市内では498名になっており、インドネシア全土での感染者増加973名/日であるのに対し、ジャカルタ市内の増加が70名/日ということで、ジャカルタ以外の地方での感染が広がっているようです。

インドネシアの中古車市場

インドネシア時事問題

インドネシアの新車市場と中古車市場のコロナ禍による影響【ファンダメンタルズに影響されず価格が上がり続ける名車がある】

2020/5/21  

新型コロナウイルスの影響で自動車の販売市場であるジャカルタも、生産拠点であるブカシ、カラワンのある西ジャワ州もPSBB(大規模社会制限)が施行され、需要と供給の両方が停滞したことで、2020年4月のインドネシアの自動車の生産台数が前年同月に比べて79.6%減(104,847台⇒21,434台)、国内販売台数は90.6%減(84,059台⇒7,871台)と大幅に減少しました。

1998年暴動当時の在住日本人の情報収集手段

インドネシア時事問題

1998年当時のインドネシア在住日本人の情報収集環境【暴動渦中での懐かしい思い出】

2020/5/13  

2020年5月現在、コロナ禍中のインドネシア残留邦人、または日本へ一時退避しインドネシアへ復帰するタイミングを見計らう日本人にとって、最も有効な情報収集手段はTwitterではないかと思うのですが、1998年のインドネシアの歴史的転換期、Reformasi(改革)を掲げた学生による反スハルト政権デモがスディルマン通りを行進し、ジャカルタを中心に大規模な暴動が発生した当時の、市内要所の渋滞状況や騒乱の最新情報は「よろずインドネシア掲示板」上で交換されていました。

因果応報

インドネシア時事問題

宗教的規範と社会活動と分けて考える良心的な庶民感覚【コロナ禍での支援活動の中心はモスクや教会】

2020/5/11  

先月4月に、岐阜県で学生が路上生活者に石を投げて死亡させる事件が発生しましたが、こういう日本の陰湿な弱い者いじめ的な事件を見るたびに、経済的地位は日本より低くとも、社会全体で強者は弱者を助けるべき、貧しい人に施しをするべきという感覚が生きているインドネシアのほうが、日本よりも民度が高いのではないかとすら感じます。

サリナデパートとマクドナルド

インドネシア時事問題

マクドナルド1号店閉店とサリナデパートの歴史的背景【インドネシアを題材とした代表的小説「ガルーダ商人」】

2020/5/10  

本日5月10日を最後にインドネシアのマクドナルド第1号店であるサリナデパート店(Sarinah)が閉店になりますが、ジャカルタのショッピングモールが新しいコンセプトでモダンにリニューアルされ続ける中で、僕がインドネシアに来たばかりの20数年前には、若者の待ち合わせ場所の定番でもあったサリナデパートやブロックMのパサラヤ(Pasaraya)などは完全に時代に取り残されてしまいました。

インドネシアで発令される行動制限

インドネシア時事問題

インドネシアのPSBBとロックダウン【大臣が発令し地方政府の要請に応じて中央政府が施行】

2020/4/29  

3月中旬から下旬にかけて中部ジャワのテガール(Tegal)やジョクジャカルタ(Yogyakarta)などの地方都市が独自で入境制限を設け都市封鎖するというニュースが出回り、ジャカルタのアニス知事もジャカルタのロックダウンの可能性を示唆していましたが、3月16日にジョコウィ大統領からロックダウンの権限があるのは中央政府のみであると明確に否定されました。

PSBB延長

インドネシア時事問題

ラマダン(断食)期間突入に合わせたインドネシアのPSBB(大規模社会制限)の延長措置

2020/4/24  

毎年ラマダン期間中は、我々日本人はまわりの断食中(プアサ=puasaという)のインドネシア人に気を使って隠れて水を飲んだり、夕方の日没時のお祈り(マグリブ)と同時に家族と一緒に楽しく飲食を解禁したいという気持ちを尊重して、間に合うように帰宅時間を早めてあげたり何かと気を使っていましたが、PSBB継続に伴い自動的に在宅勤務のまま突入する今年は、非イスラム教徒の日常は何も変わらない感じがします。

大規模社会的制限

インドネシア時事問題

新型コロナウィルス感染拡大を防ぐための大規模社会的制限(PSBB)施行後のインドネシア

2020/4/18  

僕が住んでいる西ブカシでも、3月下旬頃から労働省(Dinas Tenaga Kerja dan Transmigrasi)による自宅勤務WFH(Work From Home)とソーシャルディスタンシングの要請が企業や店舗に対して行われてきましたが、テレビ番組でも「#DiRumahaja(家に居よう)」というハッシュタグが表示されるなど自宅での自粛を促す雰囲気が強く、芸能番組も司会者MC(master of ceremony)以外は自宅から出演します。

不景気の歴史

インドネシア時事問題

インドネシアの不景気の歴史【政治・宗教・金融・病気という異なる要因】

2020/3/25  

僕がインドネシアに来てからこれまで何度か経済不況を見てきましたが、今回の新型コロナウィルスの感染拡大により、間違いなく景気後退しますので、数年後にはこれがコロナショックとかコロナ不況とか呼ばれるようになるのかもしれません。

非接触型

インドネシア時事問題

インドネシアの新型コロナウィルス騒動【景気後退による国内経済への悪影響が心配】

2020/3/23  

2月4日に横浜に寄港したダイヤモンドプリンセス号船内で新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)のクラスター(集団感染)が発生したことで、日本では一気に危機感が高まりましたが、そのときインドネシア国内での感染者はまだ確認されていなかったので、自分を含め周りのインドネシア人も対岸の火事を見ている感じでした。

インドネシア刑法改正による民主主義の後退

インドネシア時事問題

インドネシア刑法改正による民主主義の後退【宗教的制約を道徳的規範にとどめるか法に持ち込むか】

2019/9/23  

昨年8月に中部ジャワTegalから南へ45kmの山奥の村Guciの温泉ホテルに夜8時頃予約なしで宿泊しようとしたら、シャリア(syariah イスラム法)に基づきsurat nikah(婚姻証明書)の提示を求めらまして、そんなもの都合よく携帯しているわけないので、自分と嫁はんの結婚指輪の内側に彫られた名前と、KTPとKITASの名前を照合して夫婦関係を証明するというレアな体験をしました。

日本のバブル経済崩壊後とインドネシアの通貨危機後

インドネシア時事問題

日本のバブル経済崩壊後とインドネシアの通貨危機後【緩やかな経済成長】

2019/9/21  

自分が大学に入学したのがバブル経済末期の1991年、土地も株価もMAX爆上げして、三菱地所がアメリカの象徴であるロックフェラーセンタービルを買収し、ジュリアナ東京でワンレンボディコン(登美丘高校ダンス部のバブリーダンスみたいなやつ)のお姉さん達が扇子振って踊っている時期でした。

内需と外需の自国経済に及ぼす影響

インドネシア時事問題

内需と外需の自国経済に及ぼす影響【インドネシアも日本も貿易赤字で内需頼み】

2019/9/10  

公共事業投資を行っても、お金が企業内や個人の貯蓄に滞留してしまい国内消費が増えないのが日本の状況であり、国内消費は増えても消費材の輸入品比率が高く、国内資産が海外に流出しているのがインドネシアの状況です。

女性が働きやすい多様な就労環境の重要性

インドネシア時事問題

女性が働きやすい多様な就労環境の重要性【インドネシアに埋もれた「駐妻さん」という高スキル人材】

2019/8/20  

駐妻さんのほとんどは、元は日本で仕事をしていたが、結婚または出産を機に退職された方も入れば、日本で共働きだったのに、旦那さんのインドネシア駐在を機に、仕方なく仕事を辞めて帯同された方もいらっしゃいます。これもったいないと思うんですよ。働く意欲があるのにインドネシアに帯同するから退職、子育てがあるから働けないというのは。

インドネシアはどこから独立したのか

インドネシア時事問題

インドネシアはどこから独立したのか?【日本からの独立か植民地主義からの独立か】

2019/8/17  

本日8月17日(土)はインドネシアの74回目の独立記念日であり、公的機関や学校では記念式典が行われ、住宅街ではパン食い競争ならぬクルプック食い競争(Lomba Makan Kerupuk)で盛り上がり、スタバではドリンクが半額になります。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER