インドネシアが長く住みやすい理由

インドネシア生活

インドネシアが長く住みやすい理由【人・食・風土すべてにおいて魅力溢れる国】


インドネシアの被植民地と独立の歴史

インドネシアは東西に広がる巨大な島嶼国であり、植民地時代には「オランダ女王の首飾り」と言われたくらい、豊かな自然環境、地下鉱物資源、温暖な気候を持つ魅力的な国です。

自分も1997年10月にインドネシアに初めて足を踏み入れてから、もうすぐ22年が経とうとしていますが、インドネシアの冬のない温かい気候、美味しいインドネシア料理、そしてインドネシア人の優しさと寛容さ、ルーズさに囲まれてきたおかげで、すっかり居心地が良くなってしまいました。

インドネシアは世界一日本に対して良好な感情を抱く人が多いと言われることは、日本人としてはありがたいことなのですが、今の状況があるのは過去に日本の先人達が築き上げてきた、政府間レベルだけでなく草の根レベルの民間交流の賜物です。

ただしニコニコした笑顔が素敵なインドネシア人の心底には、350年以上にわたる植民地化という屈辱の歴史と、植民地主義から自力で独立を勝ち取ったというプライドがあることは忘れてはいけないと思います。

  1. 唯一神への信仰 (Ketuhanan Yang Maha Esa)
  2. 公正で文化的な人道主義 (Kemanusiaan Yang Adil dan Beradab)
  3. インドネシアの統一 (Persatuan Indonesia)
  4. 合議制と代議制における英知に導かれた民主主義 (Kerakyatan Yang Dipimpin oleh Hikmat Kebijaksanaan, Dalam Permusyawaratan / Perwakilan)
  5. 全インドネシア国民に対する社会的公正 (Keadilan Sosial bagi seluruh Rakyat Indonesia)

1945年に起草された憲法の前文にある建国5原則パンチャシラ(Pancasila)ですが、これを一言でまとめたのが有名な「多様性の中の統一(BHINNEKA TUNGGAL IKA)」であり、イスラム人口が9割を占める国で、政宗分離、政経分離を実現することでイスラム強硬派勢力と他宗教や民主化勢力との対立を抑えてきた国家イデオロギーの柱です。

かつての東チモール独立容認、アチェ州分離独立危機、そして現在問題になっているパプア差別問題など、300もの民族が1万4千以上の島からなる国に共存すれば、民族間差別や宗教対立が当然発生します。

国家としての調和を維持するためには、他の民主国家が採用する多数決や利益主義を超越した、ジャワの伝統的農耕社会伝統のムシャワラ(Musyawarah)に倣った合議制による民族主義的解決法が志向され、時には敢えて具体的な決定を遅らせることにより、対話の繰り返しによる合意を目指します。

世界で一番美味しい料理にも選ばれたルンダンを擁するインドネシア料理

もはや在住日本人の間では鉄板ネタとなっている話ですが、2017年にCNN Travelで世界で一番美味しい料理としてパダン料理のルンダン(Rendang)が選ばれました。

パダン料理の代表ルンダン

パダン料理の代表ルンダン

数年前、マレーシアがバティックを自国文化のように喧伝しているとしてインドネシアで騒動になりました。

ルンダンもマレーシア料理と勘違いする人が多いので、同じような騒動が起きやしないかと心配になりますが、西スマトラ州の州都パダンを本場とする正真正銘のインドネシア料理です。

パダン料理は在住日本人が最も好むインドネシア料理だと思いますが、それ以外にも辛くて野菜たっぷの西ジャワのスンダ料理、ジャワの人々の心をそのまま味で表現したような甘い味付けの中部ジャワ料理、日本人には嬉しい豚の丸焼きバビグリンで有名なバリ料理など、好みはあるとはいえその調理法と種類の多さは他国で類を見ないほどの豊富さです。

自分の場合、タクシーの運ちゃんや按摩屋のお姉さんに「日本料理とインドネシア料理のどっちが好きか」と聞かれるとき、10年前なら迷わず日本料理と答えていたものが、最近は「長く食べ続けるならインドネシア料理かも」と答えるくらいまでに、舌の好みもインドネシア人に近くなってきています。

「インドネシア料理は揚げ物ばっか」とか「すべてにおいて味が単調」とか揶揄されるのを聞くことがありますが、そもそもインドネシア料理は素材の味を生かす日本料理や、味の上に味を足していくようなアメリカンな料理と異なります。

1603年にオランダが当時のインドネシアの首都バタビアに東インド会社(Verenigde Oost-Indische Compagnie=VOC)を設立した大きな目的にもなった、豊かな自然環境で栽培された原料から精製した香辛料と、ヤシの実の内側の果肉から精製するココナッツミルク(santan)をふんだんに使い、素材を煮る、揚げる、焼く、炒めることによって味付けするのがインドネシア料理の大きな特徴です。

時には濃すぎると感じる味付けも、熱帯気候の下で日常的に汗をかく環境での塩分補給と体力維持に適していると考えられます。

インドネシアのような多民族国家には綺麗な女性が多い

インドネシアのような多民族国家には綺麗な女性が多い

綺麗な女性が多いということはあながち嘘ではないと思いますが、インドネシア人女性からすると「日本人女性はCantik(かわいい)」という声を聞くことが多く、その理由は「肌が白い」ということです。

インドネシアの美女にもいろんなタイプがあって、色白で足が長くスラッとした欧米人とのハーフ系、K-POPスターのような足の長い透けるような白い肌をした東洋系美人、後光が差すような褐色の肌で健康的な南方系美人、そして目鼻立ちのはっきりした白い肌の山岳民族系美人など。

2億6千万人の人口と300を超えるの多民族国家インドネシアで、長い歴史を経る中で複雑な混血がなされ、多様な地域的身体的特徴を現在のインドネシア人は受け継いでいます。

これらの写真はうちの嫁はんが、一眼レフのフルフレームCanon EOS 5D Mark IIIに単焦点標準レンズEF 135mm f/2.0L USMで撮影したものがほとんどで、Adobe Photoshopで編集しています。

インドネシアのような多民族国家には綺麗な女性が多いフォトグラファーが女性の場合、モデルさんが緊張しないので素の美しさを引き出しやすく、男性フォトグラファーでは難しい女性の視点からのポーズやヘアスタイル、ファッションへの要求ができるというメリットがあります。

女性フォトグラファーに対してしか見せない安心した表情が特徴的で、モデルさんも心を開いてアドバイスを求めてくるので、セクシーな服装でポーズをきめても、不思議とエロくない写真になります。

インドネシアに来て最初に驚くことは、男性も女性も戸惑うくらいにフレンドリーで気さくに話かけてくれること。カフェや屋台で働くお兄さんやお姉さんは、自分が日本人だとわかると、アニメや歌で覚えた日本語のフレーズを一生懸命披露して、初対面の日本人を喜ばせようとしてくれます。

日本に居たら一生お近づきになれなさそうな、スタイル抜群のインドネシアの美人モデルさん達ですが、皆まだ名もない素人モデルに過ぎずこれからArtis(芸能人)になりたいと夢見ている段階で、まだ業界擦れしていないという面を差し引いても、自分の容姿を鼻にかけたようなSombong(高慢)な娘に出会ったことは一度もありませんでした。

インドネシアのような多民族国家には綺麗な女性が多い

ちなみにフルフレームとはデジタルカメラに内臓される、イメージセンサ(半導体チップの集積回路)が35mmフルサイズということであり、センサが大きいほど画質が良くなり、撮影できる範囲が広くなり、ボケ(被写体の背景や前景をぼかすことでより印象的に見せる)やすくなります。

レンズから入る光の量を調整する部分が絞りですが、絞りの大きさの違いからくるカメラに取り込む光の量を数値化したものがF値であり、F値を小さくするほど多く光を取り込むことができ、ボケやすくなります。

フルフレームのボディでF2のレンズ(最小はF1.2)を使っていますが、被写体の種類や撮影現場の明るさ具合などによってISO(光をとらえる能力)やスピード(シャッターが開いている時間)、被写体との距離を調整し、最終的にはPhotoshopによる修正技術が作品に大きく影響します。

温暖で豊富な天然資源を埋蔵する風土

温暖で豊富な天然資源を埋蔵する風土北回帰線と南回帰線の間に東西に連なる国土は、高地ではコーヒーやカカオ、パーム、香辛料などの栽培が行われ、石油や天然ガス、ニッケル、ボーキサイトなどの天然鉱物も埋蔵されています。

年間を通して温暖で花粉症の元凶であるスギなどの針葉樹林がないので、日本で花粉症やアレルギー性鼻炎で悩んでいた人は、インドネシアに来て治ったという話をよく聞きます。

また満員電車や会社生活でうつ病や自律神経失調症を抱えていた人が、インドネシアで改善したという話は、人間の体への負担が大きい寒い冬がなく、新陳代謝を促進する温暖な気候と無関係ではないでしょう。

豊富な鉱物資源が埋蔵されるインドネシアは多くの国から注目されますが、一次産品の輸出は付加価値を生まず、国内加工産業が育たないため、政府は天然資源などの一次産品の輸出比率を減らす方針で、今月9月2日に電気自動車のバッテリーに欠かせないニッケルの輸出を来年から禁止することを発表したところです。

先月8月26日にジョコウィ大統領は首都移転先を、東カリマンタン州のパンジャム・パサール・ウタラ地方北部とクタイ・カルタヌガラ地方の一部で構成する地域と発表し、わずか半月の間に土地価格が数倍に値上がりしているという話もありますが、カリマンタン島の熱帯雨林はオランウータンの最大の生息地であり、自然破壊による影響を心配する声も出ています。





おすすめ記事一覧

大統領選挙で考えたギャップにハマるということ 1

ギャップにキュンとするというのは人間の本能みたいなもので、ジョコウィの私利私欲のない素朴なおじさん像と、その実強力なリーダーシップを発揮する実務派という内面が、一見普通の人だが実はスゴイというギャップ好きのインドネシア人に大ウケして、大衆は一種の集団催眠状態にあるようです。

情報の質のレベル 2

見える化された結果を共有化することで問題点が共通認識されますが、共有化が進むことで情報の持つ希少価値が薄れて困る人間がいる場合、有益な情報を独占することでポジションを高めようという政治力が働きます。

3

日本人がインドネシアに来ると、インドネシア人ののんびり加減にイライラするというのは昔からよく聞く話で、インドネシア在住日本人にとってのバイブル的小説である深田祐介著「ガルーダ商人」の中でも、インドネシア宗教省の高官が日本人とインドネシア人を自宅に招待する際に、インドネシア人向けの招待状には、遅刻することを前提にパーティ開始時間を三十分早く書いておくという記述があるほどです。

宗教によって異なる「死んだらどうなる」の考え方 4

キリスト教もイスラム教もともにユダヤ教から派生した宗教であり、それぞれイエス・キリスト(本人が神)またはアッラーという唯一無二の神を信じます。

株価操作なんてインドネシア株では当たり前 5

株価は売り注文と買い注文により変動し、大量の売り注文を買う注文がたくさん入れば、他の投資家達は「俺も俺も」と続くことで株価が上がります。

心臓に毛が生えたインドネシア人のずうずうしい転職活動を応援してみた 6

インドネシア人は秘密の話は誰かに暴露しないと精神の安定を保てない人が多いため、内緒の話に情報の希少性は少なく信憑性も低いことが多いので、「ここだけの話」という枕詞付きで聞かされる話は話半分に聞いておいたほうがいいかもしれません。

日系企業のインドネシアでの存在意義 7

今のまま日本の人口減が続けば、内需は縮小の一途をたどるわけで、そうなると日本国内市場だけで生き残るのは難しいと判断する国内企業が、海外市場に活路を見出そうとするのは必然です。

チャンスはあるが勝てる分野を見つけるのが難しい 8

実際にインドネシアに住んでみて、自分で動いて人と話しをして、現地の事情を少しずつ理解していくにつれて、インドネシアで起業することが意外と手強いことに気づき、その難しさの原因は、高い送料と関税であったりローカル企業との競争であったり、就労ビザ(IMTA)や外国人技能開発基金(DPKK)などのランニングコストの高さであったりします。

インドネシアのシステムインテグレーション業界 9

先日JETRO(日本貿易振興機構)さんと、インドネシアの中小企業のIT投資について意見交換させていただく機会をいただいたのですが、そこで「システム投資のコストメリットはどのように説明できるのか」という、システムインテグレーターの存在価値にも関わる重要な問題提起がありました。

肉体と精神と心と魂 10

「Body and Soul」といえば、昨日の内閣改造に伴う人事で内閣府政務官に内定した自民党の今井絵理子参議院員がメンバーだったSPEEDのデビュー曲であり、インドネシアの老舗女性ファッションブランド名でもあります。

ジャカルタのラーメン市場 11

僕がインドネシアに初めて来たのが1997年10月、インドネシア語は分からないし、仕事は辛いし、周囲の人間は理不尽だし、一時期日本に帰りたくて仕方がない時期がありましたが、当時自分をかろうじてインドネシアに繋ぎ止める心の支えとなっていたのが、協栄プリンスビル(今のWisma Keiai)の日本食レストラン「五右衛門」であり、ここでキムチラーメンを食べることが唯一の楽しみと言っても過言ではありませんでした。

ブランド力、技術力、資金力の3要素 12

1998年のジャカルタ暴動後、ルピアが暴落し海外からのドル建て債務を抱えた国内企業が利子の支払いに苦しんでいた頃、僕は外貨が獲得できるインドネシアでの新しいビジネスを探していました。

日本とインドネシアの間でのタイムマシン経営が通じなくなっている件 13

先進国と後進国との間にある流行のタイムラグを利用して、先進国での成功例を後進国で実践するビジネスモデルをタイムマシン経営といいますが、インターネットの普及に伴い情報がフラット化してしまい、モノと情報のタイムラグが限りなく小さくなった今、先駆者である中小零細同業他社が乱立し市場が出来上がったところに、後発の大手が参入し先発零細を駆逐していく、という典型的な負けパターンにはまります。

サリナデパートとマクドナルド 14

本日5月10日を最後にインドネシアのマクドナルド第1号店であるサリナデパート店(Sarinah)が閉店になりますが、ジャカルタのショッピングモールが新しいコンセプトでモダンにリニューアルされ続ける中で、僕がインドネシアに来たばかりの20数年前には、若者の待ち合わせ場所の定番でもあったサリナデパートやブロックMのパサラヤ(Pasaraya)などは完全に時代に取り残されてしまいました。

不景気の歴史 15

僕がインドネシアに来てからこれまで何度か経済不況を見てきましたが、今回の新型コロナウィルスの感染拡大により、間違いなく景気後退しますので、数年後にはこれがコロナショックとかコロナ不況とか呼ばれるようになるのかもしれません。

日本のバブル経済崩壊後とインドネシアの通貨危機後 16

自分が大学に入学したのがバブル経済末期の1991年、土地も株価もMAX爆上げして、三菱地所がアメリカの象徴であるロックフェラーセンタービルを買収し、ジュリアナ東京でワンレンボディコン(登美丘高校ダンス部のバブリーダンスみたいなやつ)のお姉さん達が扇子振って踊っている時期でした。

内需と外需の自国経済に及ぼす影響 17

公共事業投資を行っても、お金が企業内や個人の貯蓄に滞留してしまい国内消費が増えないのが日本の状況であり、国内消費は増えても消費材の輸入品比率が高く、国内資産が海外に流出しているのがインドネシアの状況です。

2019年の総選挙を前にインドネシア政治史のおさらい 18

来年の大統領選挙(Pemilu Pilpres Pileg Indonesia 2019)に向けての選挙運動(Kampanye)を解禁するにあたり、投票用紙に印字される順番はジョコウィ現職大統領・マフル副大統領候補組が1番、プラボウォ大統領候補・サンディアガウノ副大統領候補組が2番と決まりました。

コーヒーをもっと楽しくもっと美味しく 19

インドネシアは北回帰線と南回帰線をはさむコーヒーベルトに位置するコーヒー栽培に適した国で、1602年の東インド会社の進出を契機にオランダの植民地支配が300年以上続き、その間アラビカ種のコーヒーが持ち込まれ、気候のいい高原地帯で栽培が開始されました。

インドネシア人の悪魔祓い 20

人間誰しも自分の中に悪魔が潜んでおり、それが何らかのきっかけで表面に出て来るという考え方自体には、背景に宗教が有るか無いかの違いだけで、基本的に理解できる話であり、それを信じるか信じないかは別として、そういう考えがあることを認めることは大切なことだと思います。

-インドネシア生活

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER