原価管理システム

原価管理システム

費用と原価の違いを卵入りIndomieで説明してみた【材料より大きく製品未満という仕掛品の概念】

2020/9/10  

今日近くのSummarecon MallのFood Hallで、卵を1パック(10個入り)Rp.26,000、Indomieを1ボックス(40個入り)Rp.100,000で買いましたので、今日の買い物で支払った金額はRp.126,000であり、例えばご近所さん相手に卵入りIndomieの屋台を開いて、開店直後に早速1杯売れたとすると、原価はIndomieRp.2,500+卵Rp.2,600=Rp.5,100になります。

業務システムごとに異なる原価計算方法

原価管理システム

業務システムごとに異なる原価計算方法【継続記録法システムでは実績原価、三分法システムでは実際原価と標準原価】

2019/7/20  

インドネシアでよく導入されるMicrosoft DynamicsやSage Accpacなどの業務システム(ERP)は、生産実績や投入実績が計上される際に会計仕訳を自動生成する継続記録法を採用しています。

製造原価と売上原価と販売管理費の関係

原価管理システム

製造原価と売上原価と販売管理費の関係 【販売にかかった費用は売上原価に含まず売上総利益から控除】

2018/9/11  

製造原価は当月に製品倉庫に入庫した製品の原価であり、変動費は月初材料在庫と当月購入材料のうち当月投入された当月発生材料費のうち製品化した部分が該当し、固定費は当月発生した直接労務費と製造間接費のうち製品に対してかかった部分が該当する。

実績入力間違いの修正方法

原価管理システム

実績入力間違いの修正方法【在庫調整で数量を修正し会計仕訳で製造原価を修正】

2018/6/14  

生産管理の投入実績の間違いを修正するために、在庫管理で入出庫実績を計上するだけでは、製造原価は変化しません。

標準原価と実際原価を同じ仕組みで理解する

原価管理システム

標準原価と実際原価を同じ仕組みで理解する 【一次配賦比率の計算、一次配賦、配賦率の計算、原価費目の積上計算という流れ】

2018/1/3  

勘定連絡図に沿って受払実績を管理するのが生産管理システムであり、原価管理システムで材料の総平均単価が算出できれば、累加法で工程ごとに加工費を積み上げることで、P/L作成に必要な当月発生材料費、当月製造原価、当月売上原価が算出できる。

製造間接費の配賦率と直接労務費の賃率

原価管理システム

製造間接費の配賦率と直接労務費の賃率【配賦率の計算方法】

2017/9/22  

直接労務費は「1時間あたりいくら」というように時間(工数=能率)に比例して按分するのが適当であり、製造間接費である建屋の減価償却費は「1個あたりいくら」というように、生産数量で按分するしかなく、直接労務費と製造間接費とでは、品目按分するための基準が異なるため、按分比率も賃率と配賦率というように区別されます。

生産実績が月をまたぐ場合の仕掛品在庫と製造原価

原価管理システム

生産実績が月をまたぐ場合の仕掛品在庫と製造原価 【投入実績ベースの発生費用が直接材料費、製造数量ベースの発生費用が製造原価、出荷ベースの発生費用が売上原価】

2017/7/16  

出荷ベースの発生費用が売上原価であり、製造実績ベースの発生費用が製造原価であり、投入実績ベースの発生費用が当月材料費です。

在庫評価方法と実績データ入力のタイミング

原価管理システム

在庫評価方法と実績データ入力のタイミング 【移動平均法での仕入計上は入荷基準が前提】

2017/5/19  

移動平均法でInvoiceが月まとめで到着する場合でも材料を出庫する必要があるため、入荷時に仮債務をP/O価格で計上し(借方はテンポラリー勘定)移動平均単価を更新することで出庫を可能とします。

原価管理システムの生産実績ベースと投入実績ベースの発生費用

原価管理システム

原価管理システムの生産実績ベースと投入実績ベースの発生費用 【投入数量ベースの発生費用は仕掛品製造原価】

2017/1/15  

材料入荷のみで投入0なら当月発生費用も0であり、当月発生費用は「当月投入した材料の原価=投入ベースの発生費用」です。製造0なら製造原価も0であり、製造原価は「当月製造出来高があるものの原価=生産実績ベースの当月発生費用です」。売上0なら売上原価も0であり、売上原価は「当月売れたものの原価=出荷実績ベースの当月発生費用」です。

当月発生費用と仕掛品製造原価の関係

原価管理システム

当月発生費用と仕掛品製造原価の関係 【B/Sに仕掛品を計上するには加工費を仕掛品に配賦する必要がある】

2017/1/4  

材料が投入され費用化された時点で仕掛品となり、そこに加工費が積み上げられ仕掛品製造原価となるのであり、当月発生費用である「当月発生材料費+当月発生加工費 」が当月仕掛品製造原価そのものです。

固定費を製品のみに賦課するか仕掛品にも賦課するかの問題

原価管理システム

固定費を製品のみに賦課するか仕掛品にも賦課するかの問題 【生産のない月の減価償却費は販管費または仕掛品に振替える】

2016/8/10  

生産があろうとなかろうと、機械の減価償却費が発生しますが、本来そのうちの当月の製品になった分が当月製造原価の一部になります。

発生費用としての仕損費が製造原価に与える影響

原価管理システム

発生費用としての仕損費が製造原価に与える影響 【営業の責任外である仕損費は製品他勘定振替で売上原価から控除し製造原価に含ませる】

2016/7/1  

廃棄(Disposal)によって計上される仕損(Spoilage)を製造原価に追加すれば、その分売上原価も上がり売上総利益が下がりますが、仕損は営業の責任ではないので製品他勘定振替勘定にて売上原価からは控除することで、売上総利益は変化させません。

払出がP/L上の売上原価算出部分へ及ぼす影響

原価管理システム

払出がP/L上の売上原価算出部分へ及ぼす影響 【継続記録法のシステムでもP/L上での売上原価算出部分は三分法的書き方になる】

2016/6/29  

一般的に、ERP一体型の会計システムは継続記録法で材料残高や製品残高を継続的に把握できるので、月末の在庫振替用勘定(Opening stock, Closing stock)や仕入勘定(Purchasing material)は使用しませんが、損益計算書(P/L)上の売上原価算出を明示する部分では、人間が見て計算結果の根拠がわかりやすい三分法に沿った表記の仕方をします。

売上原価と期間原価

原価管理システム

売上原価と期間原価 【買ったときまたは売ったときに費用化するか、期中に必ず費用化するかの違い】

2016/4/5  

販管費は発生月ですべて費用化しますが、製品製造原価は出荷時または月末に売った分だけ費用化(売上原価化)し、残りは資産として月末在庫になります。

他勘定振替で製造原価または売上原価から控除するという意味

原価管理システム

他勘定振替で製造原価または売上原価から控除するという意味 【製造原価や売上原価に多く計上されすぎた分を控除する】

2015/11/19  

材料不良や仕損(仕掛品になった後の仕損)が発生したとき、仕掛品(または材料費や加工費などの製造費用)を直接減額せず、他勘定振替を通して間接的に他の勘定に振替えるのは減価償却費や貸倒引当金と同じです。

製造原価の積み上げ計算に必要な投入品目の総平均単価と自工程加工費

原価管理システム

製造原価の積み上げ計算に必要な投入品目の総平均単価と自工程加工費 【工程ごとに発生する材料費や加工費を積上げ、自工程の製造実績が次工程への投入実績となる】

2015/8/31  

月初在庫があっても当月投入実績がない品目は、B/S上資産として計上されたままで、当月製造原価として費用化しません。投入済み未出来高(工程内在庫)は存在しない前提で言えば、実際原価計算の本質は総平均単価の費目別積上げによる投入品目の製造原価の計算と、自工程加工費の品目配賦です。

1個あたり何分かかるかが工数、1時間あたりいくらかかるかが賃率

原価管理システム

1個あたり何分かかるかが工数、1時間あたりいくらかかるかが賃率 【経営指標としての「配賦率x能率」という考え方】

2015/6/25  

工数(1個あたり何分)と賃率(1時間あたりいくら)の関係は、かつて発注先と外注先との合意の下で支払加工賃=標準工数x標準賃率が適用されましたが、現在は経営指標の意味あいが強いようです。

実録!バリ島でのブティック経営体験から学ぶ限界利益と損益分岐点

原価管理システム

実録!バリ島でのブティック経営体験から学ぶ限界利益と損益分岐点 【粗利率(限界利益率)で固定費を回収できる売上】

2015/6/23  

「原価=変動費+固定費」であるので、同じように「単価=変動単価++固定単価」も成立し、変動単価は売上に無関係に一定ですが、固定単価は売上に反比例して小さくなります。

原価管理システムによる在庫受払と月末調整に関する会計仕訳

原価管理システム

原価管理システムによる在庫受払と月末調整に関する会計仕訳 【仕入時に資産計上した材料を投入実績に基づく払出し仕訳で減らす】

2015/2/5  

三分法に基づく会計システムは、決算整理仕訳として売上原価(COGS)の算出のために月初製品残と月末製品残と当月製品出来高を売上原価勘定にマニュアルで振替え、差額を売上原価とします。

実際原価計算と標準原価計算の差異分析

原価管理システム

実際原価計算と標準原価計算の差異分析 【直接材料費(モノ)だけでなく直接労務費(人)と製造間接費(機械)も変動費のように扱う】

2014/12/10  

標準原価は直接材料費(モノ)・直接労務費(人)・製造間接費(機械)について固定費も変動費のように扱い、材料費は価格差異と数量差異、労務費は賃率差異と作業時間差異、間接費は能率差異、操業度差異、予算差異に分析されます。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER