心の中の思いを言葉で表現する大切さ 【どんなに思いが強くとも言葉で表現しないと言ったことにならない】

人生で訪れる大きな決断の時

誰でも人生の中で大きな決断をするタイミングが必ず何度か訪れると思いますが、大人になって親に頼らず自立した生活ができるようになった後に訪れるのが本当に大きな決断だと思います。

金銭的に誰かに依存した状態で100%自分の意志で決断することは環境が許さないケースが多いと思われます。

僕の場合の最初の大きな決断は就職

金融機関に就職する人が多い環境で全く色違いの業界、しかもスキャンダルで傾きかけていた銀行の子会社という傍からみたら最悪の選択をしたのですが、日頃の言動や行動から考えて特に周囲から見て違和感なかったかもしれません。

次がジャカルタに転職した時で、3度目が会社辞めてバリ島に引っ越しを決めたこと。そして直近がジャカルタに出戻ったこと。

当時は名誉ある撤退とか負け惜しみ言っていましたが、先日バリ島を訪問して、あのまま昔のビジネスモデルで食べていくのはキツイかなーと改めて感じましたから、決断して良かったと思います。

大きな決断をする時はまず一人で悶々と悩むと思いますが、結婚してからは一人で悩むと疲れるので嫁はん相手にひたすら思いのたけをしゃべりまくることで腹の中の思いを全部出し切った後に、はじめて自分が何をしたいのか、具体的な実現手段は何なのか、そのための費用はいくらくらいかかるのか、実行することで周りにどんな影響があるか、などを考える余裕が出てきます。

嫁はんからすれば迷惑な話かもしれませんが。




言葉にして伝えることの大切さ

以前日本在住の嫁はんの友人に言われたことがあります。

  • 日本人は奥さんに愛情表現や感謝の気持ちを言葉にしないのは、決して日本人がシャイだからという理由ではなく、本当に愛情や感謝の気持ちが足りないから。

どんなに心の中に思っていても、何かの形で表現しないと自分もよくわからないし相手にも当然伝わりません。その心の思いを表現する手段が言葉であったり音楽であったりする。

だから音楽でどうやって思いを表現するかを一生懸命追求するミュージシャンというのは、僕の一番憧れる職業なのですが、歌で聴き手の心を揺さぶるという目的が同じなら「人間関係に悩んで」とかよりも「カフェの店員に一目惚れ」とかのほうが聴いて心地よい。

中島みゆきのすごいところは、悲壮感一杯の歌詞を独特の陰陽のある歌い方をによって、壮大な愛で包み込んでしまうことだと勝手に思っています。

頭の中で自分の思いを完結させて、最善の選択ができる人は、プロ棋士みたいに何十手先読みできるような特殊な職業に就いている人だけであり、普通の人は口に出して言うか文章化するかしないと、考えていることはまとまらず堂々巡りの無限ループになりやすい。

人に教えることが自分にとって最善の学びの機会になるというように、まさに今書いているこの文章こそが、社会的価値は小さいものであるとしても、自分個人にとっては非常に意味があるものなのです。