インドネシア生活

自分の中のインドとインドネシア【運命は偶然よりも必然】


今でも自分の中で影響力を発揮しているインド体験

大学生になってすぐに沢木耕太郎の「深夜特急」や蔵前仁一の「ゴーゴーインド」読んで、何かアジアって面白そうだなとは感じていましたが、最後に背中を押されたのは藤原新也がガンジス川のほとりで人間の手を咥えている犬を見て発した「人間は犬に食われるほど自由だ」という言葉であり、この得体のしれない言葉の中に何か憧れに近い感情が湧いたことで、早々にパキスタン航空の格安45日Fixedチケットを購入し、那覇、高雄、バンコクを経由してカルカッタに到着したのが二年生の夏休みでした。

空港でのしつこい勧誘に抗いきれず乗ったタクシーは知らない場所で途中停車し、わらわらと塀を乗り越えてきた5~6人の仲間達から囲まれるという恐怖体験から始まって(空港で警察のおじさんがタクシーの運転手を僕に何かあったらお前を逮捕すると脅してくれていたので助かった)、安宿街サダルストリートまでの途中で老人が炎天下の砂誇り舞う道端であおむけに行き倒れている光景に唖然とし、ドミトリーの相部屋とは聞いていたものの案内されたのは夜空が綺麗な屋上のコンクリート床だったことに愕然とし、インド上陸後2時間以内に「ここで一か月とか絶対無理!」と半泣きになりました。

そこでA型肝炎を患って静養中の、関西某国立大学のブント(社会主義学生同盟)の下部組織の自称リーダーである大学8年生のお兄さんが弾いていたシタールの共鳴し合う美しい音色に感動し、バラナシのガンジス川沿いには弾き方を教えてくれる道場がいっぱいあるという情報を鵜呑みにして、早速一番安いバラナシ行きの夜行列車のチケットを買って、駅から帰る途中の市場で知り合った絨毯屋のおっちゃんの店で、勧められたチャイを飲んだ後に強烈な睡魔に襲われ、本能的にバッグを抱えて強引に市場から脱出して、意識朦朧としたままホテルまでたどり着くという、インド到着から数日間で貴重な人生経験を重ねていました。

インド音楽といっても映画で出てくるノリノリのダンス音楽ではなく、古典音楽の特徴はラーガ(Raga)という特定のテーマを表現する旋律の型が、朝昼夕晩という時間帯ごとに、喜びとか悲しみという感情を表現しており、そこにTeen Taal(16拍子=4+4+4+4)、Ek Taal(12拍子=2+2+2+2+2+2)、Jhap Taal(10拍子=2+3+2+3)などのターラ(Tala)というリズムが入ってくると、ラーガの基本メロディ(ガット Gat)の最初の入りの音とターラの1泊目が絶妙に出会いながら、自由な即興によるソロ演奏が展開され、そしてまたターラの1泊目に戻ってくるという、仏教の輪廻転生のような世界観を構成しています。

茶色く濁ったガンジス川のほとりのゲストハウスからは「ガンジスで死にたい」という最期の希望をもって、インド各地から集まってきた人達の死体を焼く煙が見える部屋で、夜な夜な鐘と太鼓のリズムとともに聞こえてくるヒンドゥの祈りの歌を聴きながら、シラミや南京虫を駆除しながらベッドの上でラーガのガットを練習していた当時は「人生観が変わった」などという大それた変化は感じませんでしたが、あれから20年以上経ち、ある程度の社会人経験を蓄積した今、あのときの光景を思い出すと、自分を縛り付けている鎖が解けるような感覚があり鳥肌すら立つくらいです。

インドネシアで仕事をしているのは偶然ではなく必然

最近でこそインドネシアはASEAN最大の経済大国として、G20サミットにも参加するなど国際的に存在感が高まりましたが、20数年前は観光地として人気だったバリ島の知名度は高いものの、それがインドネシアに属するということまで知っている人は少数派で「インドと何が違うの」くらいの人のほうが多かったように記憶しています。

インドという表記は中国語の「印度」に由来するという説が有力らしいですが、英語ではIndiaなのだから日本語でも「インディア」だったら混乱も減るはずで、むしろインドネシアではIndomobilやIndomieなどの企業名やブランド名でIndoという短縮形が多く使用され、インドネシア人からWhatsAppのメッセージの中で自国のことを「indo」と表現されて「はぁ、インド?」と戸惑った経験がある人は多いはずです。

また1602年にジャヤカルタ(Jayakarta)と呼ばれていた今のジャカルタ近辺を、香辛料貿易の基地として首都バタビア(Batavia)と呼んだ、オランダ東インド会社(East India Company)の「インド」とはヨーロッパ、地中海沿岸地方以外の地域を指していたようですが、インドネシアの現在の通貨ルピア(Rupiah)は当時インドから流入してきたルピー(Rupee)から来ているようです。

僕がインドネシアに来てすぐに「インドネシアの中のインド」を感じたのが大衆音楽のダンドゥット(Dangdut)であり、街中でもタクシーの中でも頻繁に耳にするダンドゥットを聞いて、インドネシアでもボリウッドが人気なんだなあと勘違いしたくらい、インド音楽に親しんだ人間ならタブラの音が入るだけでインドの雰囲気を感じてしまうと思います。

人口の多さと国土の広さから、8月下旬の今も新型コロナウィルス新規感染者数がアジアで右肩上がりで増え続けているのはインドとインドネシアだけであり、人種も宗教も異なる(北インドのイスラム教、バリ島のヒンドゥ教という部分は重なる)大国ですが、僕にとっては強烈なインド体験が結果的に海外で仕事をするきっかけにもなったわけで、それが一度も来たことがなく予備知識も少ないインドネシアだったのは、芥川龍之介の名言「運命は偶然よりも必然」「運命は性格の中にある」だったような気もします。



おすすめ記事一覧

1

よく会計の世界では「利益と減価償却でキャッシュを作る」と言われ、これは企業のキャッシュの源泉が利益と減価償却の二種類あるという意味なのですが、減価償却費はキャッシュの流出のない費用であり、P/L上の当期利益額よりも実際には減価償却費分だけキャッシュは多く残っているという数字遊びをしているだけで、物理的にキャッシュが生み出されるわけではありません。

2

毎月の生産でいくらコストがかかったかを計算する原価計算(実際原価)業務は、インドネシアではシステム化されている事例は少なく、細かく計算すれば時間がかかり、どんぶり勘定だと見たい情報が見られず、コロナ禍の影響で時間に余裕が出来た今は収益改善という観点から原価計算のやり方を見直す絶好の機会です。

3

ジャカルタでは、2019年4月にMRT地下鉄の第1期区間(総延長15.7km)が正式開通しましたが、コロナ禍の中にあった今年6月に、現在の始発駅であるPlaza Indonesia前のBendaran HI駅から、北ジャカルタのKotaまでの6.3km、西ジャカルタのアンチョールの車両基地までの5.2kmの総延長11.5km(11駅)を第2期区間として工事が開始されました。

4

2014年に誕生したジョコウィ政権は、事あるごとに中国寄りと言われ、2015年に中国と日本が受注合戦を繰り広げ日本の新幹線方式での導入が確実視されていたジャカルタ~バンドゥン高速鉄道案件では、インドネシア政府が手のひら返し中国案に鞍替えし、日本を袖にしたのは記憶に新しいところですが、南シナ海の南方にあるナトゥナ諸島周辺の排他的経済水域(EEZ)は、中国が主権を主張する「九段線」と呼ばれる境界と重複しており、中国漁船が公船を伴って活動する違法漁業問題で中国と対立しています。

大統領選挙で考えたギャップにハマるということ 5

ギャップにキュンとするというのは人間の本能みたいなもので、ジョコウィの私利私欲のない素朴なおじさん像と、その実強力なリーダーシップを発揮する実務派という内面が、一見普通の人だが実はスゴイというギャップ好きのインドネシア人に大ウケして、大衆は一種の集団催眠状態にあるようです。

情報の質のレベル 6

見える化された結果を共有化することで問題点が共通認識されますが、共有化が進むことで情報の持つ希少価値が薄れて困る人間がいる場合、有益な情報を独占することでポジションを高めようという政治力が働きます。

7

日本人がインドネシアに来ると、インドネシア人ののんびり加減にイライラするというのは昔からよく聞く話で、インドネシア在住日本人にとってのバイブル的小説である深田祐介著「ガルーダ商人」の中でも、インドネシア宗教省の高官が日本人とインドネシア人を自宅に招待する際に、インドネシア人向けの招待状には、遅刻することを前提にパーティ開始時間を三十分早く書いておくという記述があるほどです。

宗教によって異なる「死んだらどうなる」の考え方 8

キリスト教もイスラム教もともにユダヤ教から派生した宗教であり、それぞれイエス・キリスト(本人が神)またはアッラーという唯一無二の神を信じます。

株価操作なんてインドネシア株では当たり前 9

株価は売り注文と買い注文により変動し、大量の売り注文を買う注文がたくさん入れば、他の投資家達は「俺も俺も」と続くことで株価が上がります。

心臓に毛が生えたインドネシア人のずうずうしい転職活動を応援してみた 10

インドネシア人は秘密の話は誰かに暴露しないと精神の安定を保てない人が多いため、内緒の話に情報の希少性は少なく信憑性も低いことが多いので、「ここだけの話」という枕詞付きで聞かされる話は話半分に聞いておいたほうがいいかもしれません。

日系企業のインドネシアでの存在意義 11

今のまま日本の人口減が続けば、内需は縮小の一途をたどるわけで、そうなると日本国内市場だけで生き残るのは難しいと判断する国内企業が、海外市場に活路を見出そうとするのは必然です。

チャンスはあるが勝てる分野を見つけるのが難しい 12

実際にインドネシアに住んでみて、自分で動いて人と話しをして、現地の事情を少しずつ理解していくにつれて、インドネシアで起業することが意外と手強いことに気づき、その難しさの原因は、高い送料と関税であったりローカル企業との競争であったり、就労ビザ(IMTA)や外国人技能開発基金(DPKK)などのランニングコストの高さであったりします。

インドネシアのシステムインテグレーション業界 13

先日JETRO(日本貿易振興機構)さんと、インドネシアの中小企業のIT投資について意見交換させていただく機会をいただいたのですが、そこで「システム投資のコストメリットはどのように説明できるのか」という、システムインテグレーターの存在価値にも関わる重要な問題提起がありました。

肉体と精神と心と魂 14

「Body and Soul」といえば、昨日の内閣改造に伴う人事で内閣府政務官に内定した自民党の今井絵理子参議院員がメンバーだったSPEEDのデビュー曲であり、インドネシアの老舗女性ファッションブランド名でもあります。

ジャカルタのラーメン市場 15

僕がインドネシアに初めて来たのが1997年10月、インドネシア語は分からないし、仕事は辛いし、周囲の人間は理不尽だし、一時期日本に帰りたくて仕方がない時期がありましたが、当時自分をかろうじてインドネシアに繋ぎ止める心の支えとなっていたのが、協栄プリンスビル(今のWisma Keiai)の日本食レストラン「五右衛門」であり、ここでキムチラーメンを食べることが唯一の楽しみと言っても過言ではありませんでした。

ブランド力、技術力、資金力の3要素 16

1998年のジャカルタ暴動後、ルピアが暴落し海外からのドル建て債務を抱えた国内企業が利子の支払いに苦しんでいた頃、僕は外貨が獲得できるインドネシアでの新しいビジネスを探していました。

日本とインドネシアの間でのタイムマシン経営が通じなくなっている件 17

先進国と後進国との間にある流行のタイムラグを利用して、先進国での成功例を後進国で実践するビジネスモデルをタイムマシン経営といいますが、インターネットの普及に伴い情報がフラット化してしまい、モノと情報のタイムラグが限りなく小さくなった今、先駆者である中小零細同業他社が乱立し市場が出来上がったところに、後発の大手が参入し先発零細を駆逐していく、という典型的な負けパターンにはまります。

サリナデパートとマクドナルド 18

本日5月10日を最後にインドネシアのマクドナルド第1号店であるサリナデパート店(Sarinah)が閉店になりますが、ジャカルタのショッピングモールが新しいコンセプトでモダンにリニューアルされ続ける中で、僕がインドネシアに来たばかりの20数年前には、若者の待ち合わせ場所の定番でもあったサリナデパートやブロックMのパサラヤ(Pasaraya)などは完全に時代に取り残されてしまいました。

不景気の歴史 19

僕がインドネシアに来てからこれまで何度か経済不況を見てきましたが、今回の新型コロナウィルスの感染拡大により、間違いなく景気後退しますので、数年後にはこれがコロナショックとかコロナ不況とか呼ばれるようになるのかもしれません。

日本のバブル経済崩壊後とインドネシアの通貨危機後 20

自分が大学に入学したのがバブル経済末期の1991年、土地も株価もMAX爆上げして、三菱地所がアメリカの象徴であるロックフェラーセンタービルを買収し、ジュリアナ東京でワンレンボディコン(登美丘高校ダンス部のバブリーダンスみたいなやつ)のお姉さん達が扇子振って踊っている時期でした。

内需と外需の自国経済に及ぼす影響 21

公共事業投資を行っても、お金が企業内や個人の貯蓄に滞留してしまい国内消費が増えないのが日本の状況であり、国内消費は増えても消費材の輸入品比率が高く、国内資産が海外に流出しているのがインドネシアの状況です。

2019年の総選挙を前にインドネシア政治史のおさらい 22

来年の大統領選挙(Pemilu Pilpres Pileg Indonesia 2019)に向けての選挙運動(Kampanye)を解禁するにあたり、投票用紙に印字される順番はジョコウィ現職大統領・マフル副大統領候補組が1番、プラボウォ大統領候補・サンディアガウノ副大統領候補組が2番と決まりました。

コーヒーをもっと楽しくもっと美味しく 23

インドネシアは北回帰線と南回帰線をはさむコーヒーベルトに位置するコーヒー栽培に適した国で、1602年の東インド会社の進出を契機にオランダの植民地支配が300年以上続き、その間アラビカ種のコーヒーが持ち込まれ、気候のいい高原地帯で栽培が開始されました。

インドネシア人の悪魔祓い 24

人間誰しも自分の中に悪魔が潜んでおり、それが何らかのきっかけで表面に出て来るという考え方自体には、背景に宗教が有るか無いかの違いだけで、基本的に理解できる話であり、それを信じるか信じないかは別として、そういう考えがあることを認めることは大切なことだと思います。

-インドネシア生活

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER