インドネシアの植物

インドネシアの植物

葉の切れ目や穴から幸運の光を通すと言われるモンステラ【コロナ禍で観葉植物の価格が高騰】

2021/11/2  

モンステラは中南米原産のサトイモ科のツル性の植物で、葉の切れ目や穴から幸運の光を通すと言われます。花言葉は「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」など極めて縁起の良いもので、風水的にも幸運や金運をもたらすものと言われています。

フランジパニのミニチュア版と勘違いされるアデニウム【乾燥気候に耐えるための水分を貯える塊茎が特徴】

インドネシアの植物

フランジパニのミニチュア版と勘違いされるアデニウム【乾燥気候に耐えるための水分を貯える塊茎が特徴】

2020/12/29  

南米原産のフランジパニ(プルメリア)のミニチュア版と勘違いされるアデニウムですが、アフリカやアラビア半島の乾燥地帯を原産としており、乾燥気候に耐えるための水分を貯える塊茎が特徴です。

インドネシアの植物

インドネシアで「靴の花」と呼ばれるハイビスカス【花言葉は「繊細な美」】

2021/11/2  

ハイビスカスがインドネシア語でbunga sepatuと呼ばれるのは、花の形が靴に似ているからではなく、昔インドで花が靴磨きのワックスとして使われていたからです。ハイブリッドの交配種はつぼみのまま落下するケースが多く、適度な日当たりと水を撒くタイミング、風通しなどに気を使います。

ブロメリア

インドネシアの植物

生育環境に合わせて水分補給手段が異なるブロメリア【花言葉は「理想の夫婦」】

2020/12/29  

パイナップルのインドネシア語はNanasであり、パイナップル科は別名アナナス科とかブロメリア科と言いますので、ブロメリアと呼ばれる植物はパイナップルの一種にあたり、種別ごとに生育環境に合わせて水分補給手段が異なるのが特徴です。

サボテン

インドネシアの植物

乾燥地帯で生き残るために進化したサボテン【水のやりすぎによる根腐れに注意】

2020/12/29  

サボテンのトゲは、乾燥地帯の過酷な環境に適応するために葉から進化したものであり、動物に食べられるのを防ぐ、温度調節をする、繁殖しやすくする、水分を吸収しやすくするなどの機能がありますが、栽培する上で水のやりすぎによる根腐れを起こさないように注意が必要です。

植物から学ぶ人生の教訓

インドネシアの植物

植物栽培から学ぶ人生の教訓【宮本武蔵が剣を置き農業を始めた理由】

2020/12/29  

宮本武蔵が剣を置いて農業を始めた目的は、自分の存在への固執を捨て己に勝ち、剣から得た悟りで人を生かすことでした。同様に在宅勤務の中で自然界の植物に対して自分が出来ることの限界を知り、感情をコントロールできない自分の弱さを思い知ることには意味があるはずです。

インドネシアの植物

交配により多彩な葉模様の新種が生み出されるカラジウム【花言葉は「爽やかな喜び」】

2021/11/2  

カラジウム(Caladium)はアマゾン川流域の南米を原産とするサトイモ科カラジウム属の球根植物であり、インドネシアでも交配(silang)により多彩な葉模様の新種が生み出される人気の観葉植物です。

インドネシアの植物

仏炎苞(ぶつえんほう)から伸びる肉穂花序(にくすいかじょ)が特徴的なアンスリウム【花言葉は「情熱的な恋」】

2021/11/2  

仏炎苞(ぶつえんほう)から伸びる肉穂花序(にくすいかじょ)が特徴的なアンスリウムですが、インドネシアで人気が高い品種はKuping Gajah(象の耳)やLidah Gajah(象の舌)と呼ばれる大きな葉っぱの種類です。

インドネシアの植物

大きな葉っぱに熱帯特有の生命力が感じられるアロカシア【空気を浄化し運気をアップする東南アジアの植物】

2021/11/2  

大きな葉っぱが空気を浄化し運気をアップする東南アジアの代表的植物であるアロカシアは、道路脇や公園などに熱帯気候の景観を作る上で欠かせない植物です。

インドネシアの植物

熱帯雨林の地表近くの環境を好むアグラオネマ【ジャカルタのアパート住まいなら観葉植物がおすすめ】

2021/11/2  

アグラオネマは直射日光に弱いサトイモ科の観葉植物であり、高温多湿を好みますが寒さには弱く適温は15度以上で、ジャカルタのアパートの室内環境でも栽培できます。樹液にはシュウ酸カルシウムが含まれているため、体質によっては皮膚がかぶれてしまう場合があります。

© 2021 インドネシアのITサービス会社 | バテラハイシステム Powered by STINGER