ブランド力や信用などの無形の価値が評価される信用経済

時価評価会計では株価によって測られる時価評価総額はオンバランス化されますが、ブランド力や信用力、ノウハウなど目に見えない価値は依然としてオフバランス上に存在し、信用経済(評価経済)にはこれらの無形固定資産を積極的に評価して市場経済にのせようという特徴があります。

ドラマを観ることが現実世界で役に立つ理由

基本手技の反復練習によって自分の術式は確立されるが、技術だけでは相手の心の不安は和らげることはできない。 小説やドラマが現実世界で役に立つということは、情報自体の価値がもたらす一過性の効果よりも、主人公の発言や行動に共感することで、現実世界での自分の振る舞いに何らかの影響を与えるという汎用的な効果を意味している。

生産スケジューラーと生産管理システムの要点

製造指図もかんばんも内示に基づき所要量展開するところは同じだが、製造指図が生産管理部から現場に対する生産指示であるのに対し、かんばんは現場で需要と供給の関係によって自律的に流動する。 工場内で流動する工程内かんばんは、出荷ではずれて現場に戻されるまでの間滞留している分(かんばんL/T)、製造現場で加工点に達するまで滞留している分(加工L/T)、現場や倉庫にある在庫ロットに挿してある分(安全在庫)があり、現場を流動する引取かんばん(移動実績)と、生産指示となる仕掛かんばん(生産実績)に役割分担されることもある。

会計システムと原価管理システムの要点

売上原価が出荷ベースの当月発生費用で、製造原価が製品生産数量ベースの当月発生費用で、当月材料費が投入数量ベースの当月発生費用。 総平均法は当月発生費用(@材料x投入数量)、当月製造原価(@製品x生産数量)、当月売上原価(@製品x出荷数量)を抑えて月末在庫を算出し、三分法では月末在庫を押さえて当月発生費用と当月製造原価と当月売上原価を算出する。 製造原価は直接材料費と直接労務費と製造間接費から構成され、直接労務費は「賃率x作業時」間、製造間接費は「配賦率x生産数量」で算出され、実際原価では労務費実際発生額と実際作業時間と減価償却費実際発生額と実際生産数量から計算されるが、標準原価では労務費予算と能率と減価償却費予算と予定生産数量から賃率や配賦率が算出される。