情報システム

スパイラル開発

情報システム

インドネシアに合ったシステム開発手法【スパイラル型とアジャイル型】

2020/2/28  

メインフレーム(汎用機)やオフコン中心の時代はシステム開発手法はウォーターフォール型で行うのが当たり前であり、僕が1990年代に新卒で銀行系システム会社に入社した当時は、何故ウォーターフォール型が適しているかなどと考えたこともありませんでした。

インドネシアでのRPAビジネスの可能性

情報システム

インドネシアでのRPAビジネスの可能性【ユーザー主導ではなくIT企業主導による導入】

2019/2/18  

インドネシアの最低賃金(Upah Minimum Kota/Kabupaten=UMK)は年々高騰し、日本の労働市場の給与水準は下がりつづけ、両国の間接労務費水準が近づくほど、基幹システムに実装しにくいアプリ間の連携を伴う大量データ入力処理を自動化することにより生産性の向上とポカミス削減という、RPA導入のメリットを出しやすくなります。

CASE式・結合JOIN・統合UNIONで同じ結果を表示させる

情報システム

CASE式・結合JOIN・統合UNIONで同じ結果を表示させる

2017/1/14  

結合と統合はほぼ同じ意味ですが、SQLの場合は結合はJOIN、統合はUNIONを使い結果が異なります。

有料のCISCO WEBEXと無料のスカイプの違い

情報システム

有料のCisco WebEXと無料のスカイプの違い

2016/10/9  

今のところWebEXに出来てSkypeに出来ないことは、招待メールを事前に送る、アドレス帳にメルアド登録、招待メールからカレンダーへの登録、招待メールから会議参加へのリンクが踏む、会議ごとにパスワードを設定、会議の録画ができサーバーからダウンロード、ですが、そのうち両者の差はなくなっていくと思います。

EXCEL作業をシステム化することは正義なのか

情報システム

Excel作業をシステム化することは正義なのか? 【システム化の本質は情報の属人化からの脱却】

2016/9/28  

Excelによる情報管理が行われると、部門ごと担当者ごとにバラバラのファイルで情報が保存され、フォーマットも情報の精度も担当者の裁量により属人化する恐れがありますが、だから即業務システムを導入すべきという議論は早急であり、長年慣れ親しんだスタッフのExcel操作能力を生かしながら、データをインポートしてデータベースで一元管理するだけの簡易システムのほうがコスパが高い可能性すらあります。

Sentinelプロテクタードライバーを認識しない場合の対処法

情報システム

Sentinelプロテクタードライバーを認識しない場合の対処法

2016/9/27  

SentinelはSafeNet社のソフトのライセンス保護のための製品で、プロテクトの方法としてハードウェア型(USBドングル)、ソフトウェア型、クラウド型の3種類があります。

ドライバーのインストールに失敗するケースはファイアーウォール、UAC(User Account Control)、アンチウィルスのどこかに原因があることが多いです。

システム置き換えの理由とコスパの問題

情報システム

システム置き換えの理由とコスパの問題 【問題解決志向と戦略的活用志向】

2016/9/22  

インドネシアの日系企業からシステム置き換え案件の引き合いがくる場合の理由は大きく分けて老朽化または機能的制約の2通りあります。

昔も今も変わらぬバッチファイルのお作法

情報システム

昔も今も変わらぬバッチファイルのお作法

2016/9/13  

ローカルWindows環境の外にあるインターネットの世界では、サーバーのほとんどがUNIXであり、Windowsで使える「端末エミュレータ(ターミナル+シェル)」=「UNIX(カーネル)に繋いでCUI(Character-based User Interface)ターミナル上で操作するもの」という意味になります。

IOTによるモノとソフトの見える化・共有化・体系化

情報システム

IoTによるモノとソフトの見える化・共有化・体系化

2016/9/6  

IoT(Internet Of Things)を一言で説明すると「今までネットに繋がっていなかったデバイスがネットに繋がる」ということであり、まず第一に情報を取得するためにネットに繋げてしまえば、WEBというブラウザのみで「簡単にアクセスできる環境」に情報を乗せることができ、「簡単にアクセスできる環境」の構築によって、情報は見える化・共有化・体系化されることで大きな付加価値を生み出します。

IoT化により業務の本質を理解するために時間を費やす必要はなくなるのか

情報システム

IoT化により業務の本質を理解するために時間を費やす必要はなくなるのか?【3次元での実績が2次元のシステム上に自動転記される時代】

2016/8/11  

IoT化が進むことによりモノとインターネットが接続され、現実の3次元の世界の事象の、帳簿という2次元の世界への転記が完全自動化されると、人間は業務の本質を理解するために時間を費やす必要はなくなるのでしょうか?

Oracleスキーマを操作するSQL PlusコマンドとOracleパラメータファイル

情報システム

Oracleスキーマを操作するSQL PlusコマンドとOracleパラメータファイル

2015/10/25  

Oracle ClientはOracel Serverに「サーバー→リスナー→データベース」の順番に接続し、PCにOracleサーバーとクライアントを両方インストールすると、サーバーのNet Configuration AssistantやNet Managerは無効になり、構成パラメータファイルはクライアントのものを使用し、サーバーのもの(dbhome_1フォルダ内のもの)は使用しません。

tnsnames.oraファイルの構成パラメターをローカルネーミングパラメター、listener.oraファイルの構成パラメターはリスナーパラメーター、sqlnet.oraファイルの構成パラメータをネーミングメソッドパラメータと呼びます。

情報の質のレベル

情報システム

情報の質のレベル 【見える化された情報を共有化することによる共通認識、体系化による付加価値の創出】

2015/10/2  

見える化された結果を共有化することで問題点が共通認識されますが、共有化が進むことで情報の持つ希少価値が薄れて困る人間がいる場合、有益な情報を独占することでポジションを高めようという政治力が働きます。

何も存在しないというNULLと存在すべきところに存在しない空文字とゼロ

情報システム

何も存在しないというNULLと存在すべきところに存在しない空文字とゼロ

2015/9/23  

数学的にいうと「何もない(NULL)に対してゼロという数字を与えた」ということになり、ゼロの持つ意味は数学的に位取りができること、哲学的にない状態があるという事実を表現することの2点になります。

イノベーター理論の視点からインドネシアを考える

情報システム

イノベーター理論の視点からインドネシアを考える

2014/9/2  

技術革新(イノベーション)がいかにして大衆に普及していくかを、商品購入の態度から新商品購入の早い順に五つに分類したものがイノベータ理論であり、今のデジタルマーケティングに当てはめると情報発信力の強いいわゆる有名ブロガーさん達がアーリーアダプター層に属し、インフルエンサーとして市場に影響力を持っていると言えると思います。

Database Configuration AsistantによるOracleインスタンス作成手順

情報システム

Database Configuration AsistantによるOracleインスタンス作成手順

2014/6/7  

仮にバージョンの異なる2つのOracle(例えば10gと11g)のインスタンスを共存させる場合は、バイナリ自体を分ける必要があるためバージョンごとにDBソフトウェア自体を別々にインストールを行なう必要がある(Oracleクライアントも同じ)が、同じバージョンのOracleインスタンスを2つ起動させるにはDBCAから新規にインスタンスとリスナー(サーバ側で接続を待ち受けるための機能)を別SIDで作成する。

内部統制とITコンプライアンス

情報システム

内部統制とITコンプライアンス 【システム上で伝票が適切な承認機能の元で発行されているかで財務諸表の適正性を判断】

2014/3/18  

財務諸表の適正性をチェックするには業務オペレーションの証拠である伝票のチェックが必須ですが、膨大な量の伝票を全てチェックするわけにはいかないので、業務システムのデータが適正に流れていることを確認できればよく、これはシステムの承認機能がキチンと機能していることが確認できればよいわけです。

Oracle 11g R2のインストール手順を粛々とまとめてみた

情報システム

Oracle 11g R2のインストール手順を粛々とまとめてみた。

2014/3/10  

生産管理ではOracle, 会計システムではSQL Serverを使用するため僕のPCにはOracel11gとSQLServer2012が常時起動しているわけだが、世間一般で言われるほどメモリを食いつぶす感じはしない。せいぜい時折「メモリー過大に消費してますよー」というWindowsの警告メッセージが表示されるくらいである。

業務システム導入という仕事

情報システム

業務システム導入という仕事【じゃかナビマガジンコラムへの寄稿】

2014/1/18  

システム導入とは業務の標準化であり、業務の標準化がしやすい業種ほどシステム化がしやすいとも言えます。しかし一般的にインドネシア人はシステム化=自動化と考え、現状業務をそのままシステム化したいと考える保守的な傾向が強いため、システム化とは現状業務をカイゼンした結果を標準化するプロセスであると説明しています。

SQLによる外部結合と内部結合

情報システム

SQLによる外部結合と内部結合

2012/5/20  

LEFT JOINは左のテーブルをすべて抽出した上で、これを基準としてON以下の外部結合条件に合致すれば右テーブルのレコードを結合し、INNER JOINはWHEREと同じ完全内部結合であり、ON以下の内部結合条件が両方のテーブルに合致する場合のみレコードを結合します。

PHP・JavaScript・VBの違いの比較整理

情報システム

PHP・JavaScript・VBの違いの比較整理

2011/9/24  

プログラムのコードは変数、値(リテラル)、式、制御文の4つから構成され、制御文の書き方には順次処理、分岐処理、繰り返し処理の3種類があります。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER