年末のお忙しい中、25社35名様という大勢の方々にお集まりいただき誠にありがとうございました。活発な質疑応答がなされるなど、盛況のうちに閉会いたしました。

第一部では株式会社クニエの河野様より、人件費の高騰や顧客からの内示変更など、インドネシアの製造業が年々厳しくなるビジネス環境の変化に対応するために、どのように生産効率向上を図っていくかについて、中国やタイでの業務改善コンサルの経験に基づいた具体的なご提案をいただきました。

第二部では私バテラの山本より、業務改善を工程管理や生産計画のシステムに反映させる際に重要な視点が全体最適化であり、時間短縮とボトルネック工程の稼働率最大化による適正在庫が実現されることで、これまで在庫として積み上がっていた資材や仕掛品の金額分だけキャッシュがもてるという、全体最適化志向のシステムについてご提案させていただきました。

またセミナー終了後の懇親会では、仕事以外のさまざまな情報交換をさせていただき、大いに盛り上がりました。

次回もインドネシアの業務改善や生産効率向上を実現するための手段としてのシステム化について、新しい話題でセミナーを企画いたしますので、是非ともご参加いただけましたら幸いです。

セミナー詳細

第1部:4か月で効果を出せる! 生産現場の生産効率向上の取り組みとは【株式会社クニエ】

第2部:現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順【PT Bahtera Hisistem Indonesia(Asprovaインドネシアオフィス)】

お申込み

  • 日時:2018年12月14日(金) 14:00~16:30
    ※13:30開場
  • 会場:KIICオフィス カラワン工業団地
  • 言語:日本語
  • 対象:製造業/工場長 、生産管理責任者、IT部門
  • 定員:30名様
  • 協賛企業
    株式会社クニエ
    アスプローバ株式会社
    PT Bahtera Hisistem Indonesia

セミナー構成

  • 受付開始: 13:30
  • 第1部 株式会社クニエ: 14:00
    4か月で効果を出せる! 生産現場の生産効率向上の取り組みとは
  • 休憩: 15:00
  • 第2部 PT Bahtera Hisistem Indonesia: 15:10
    現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順
  • 質疑応答: 16:10
    *セミナー終了後に下の日本食レストラン「ごちぼ」にて懇親会を予定いたしております。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER