宗教によって異なる「死んだらどうなる」の考え方

キリスト教もイスラム教もともにユダヤ教から派生した宗教であり、それぞれイエス・キリスト(本人が神)またはアッラーという唯一無二の神を信じます。 死んだあとは天国の主の元に帰るか地獄に逝くかの二択であり、あの世に逝ってまた戻ってくるという仏教の輪廻転生という宗教観とは異なります。 死んだあとの地獄逝きさえ回避できれば、この世で生きる上での死への不安が和らぎ、地獄逝きが判っていれば自殺はできないというのが、クリスチャン的見解です。

1日の最大資源量を品目別の必要資源量で消費するという発想

一般的なスケジュールでは時間軸にタスクを割り付けていきますが、計画段階でタスクの開始順番が重要でない場合は、「1日の最大資源量を品目ごとの必要資源量で消費していく」というような発想の転換を行います。 熱処理工程の1日あたり最大セット可能な台車数を、「品目ごとの必要資源量xオーダ数量」で消費していきますが、品目ごとに対応する台車数に制限がある場合には、品目ごとの副資源の最大資源量に台車数を設定します。 さらに品目ごとに台車への搭載可能数が異なる場合には、品目ごとの出力指図に搭載可能数を設定することにより、熱処理工程の1個あたり熱処理時間は搭載可能数に反比例して短くなることを表現します。

ERPシステムにおける債権と売上の計上タイミング

売上認識が商品の引き渡し日やサービスの提供日になされる理由は、売上認識の基準が「請求して支払いを受けることができると確定できる日=債権計上できる日」と考えられるからであり、売上と債権は同時に発生する不可分なものです。 インボイスとは「請求して支払いを受けることができると確定」した内容を書面にした請求の単位にすぎないので、インボイスの発行を持って債権を計上するのは正しくありません。 とはいえFaktur Pajakを元にVAT計上する場合、売上の計上は同月にしないと税務上問題となるため、発生主義の原則を崩してでも売上をインボイス日付と同月に計上する必要があります。 在庫管理は実際のモノの受払の流れに合わせることでP/L上の売上原価を正しく算出し、売上原価(費用)が発生ベースで計上される以上、売上(収益)も発生ベースで計上しないと売上総利益が実体を乖離したものになります。