差分管理によるプロジェクトファイルの統合管理 【チェックアウト/インで排他制御しダウン/アップロードで差分管理し次回チェックインでマージされる仕組み】

ファイルの差分管理システムではチェックアウト/チェックインでプロジェクトファイル本体を排他制御し、ダウンロード/アップロードでテーブルデータの差分管理をし、次のチェックインのタイミングでマージされるという仕組みです。 ただし差分のマージはあくまでテーブルのキーを基準に行なうとはいえ、排他制御をかけるわけではないので、同一レコードを同時に複数端末から修正を行なう場合は上書きが起こりますので、実績データなどは端末ごとに入力するラインの担当を分けて上書きを防止する必要があります。 本体がチェックアウトされている期間でも実績データはアップロード可能であり、その本体との差分は次回チェックインのタイミングで本体にマージされます。

ビールゲーム体験備忘録 【在庫コストと機会損失コストを最小にすることで全体最適化を実現する】

ビールゲームは購買L/T4週間、製造L/T4週間のサプライチェーンの中で在庫コストと機会損失コスト(受注残)を最小にすることを目的とします。 サプライチェーン間を動く情報とモノの流れの中で、材料の発注と製造指図発行のみに意思決定が働く余地があるため、自拠点の最適化を考える場合はいくつ発注するかといくつ製造するかが勝負であり、これが購買計画と生産計画が重要である理由です。