MRPからAPSへの発展のプロセス 【受注からMPSを生成、MRPで製造オーダを生成、負荷平準化後に購買オーダを生成するプロセスを一気通貫で行うAPS】

業務システム(ERP)のコアはMRP IIであり、MRP IIのコアがMRPである。MRP IIではMPSの作成が非常に重要になってくるわけで、MPSの管理対象が製品で、MRPの管理対象が材料と仕掛品という区分けがなされている。