債権と売上の計上が在庫計上のタイミングと異なる場合 【出荷時またはインボイス発行時】

本記事の概要

売上は「商品の引き渡し完了」または「サービスの提供完了」を持って認識され、売上計上日に決済されない場合には売掛金(債権)が確定するため、本来売上と債権は同時に発生する不可分なものです。

インボイスとは「請求して支払いを受けることができると確定」した内容を書面にした請求の単位にすぎないので、インボイスの発行を持って債権を計上するのは正しくありません。

とはいえFaktur Pajakを元にVAT計上する場合、売上の計上は同月にしないと税務上問題となるため、発生主義の原則を崩してでも売上をインボイス日付と同月に計上する必要があります。

在庫管理は実際のモノの受払の流れに合わせることでP/L上の売上原価を正しく算出し、売上原価(費用)が発生ベースで計上される以上、売上(収益)も発生ベースで計上しないと売上総利益が実体を乖離したものになります。

売上と債権の認識タイミング


発生主義とは損益の認識基準の話ですが、通常は売上計上日に現預金を通しての支払いがなされない場合は、売掛金(債権)として計上します。

    • 発生主義とは、現金の収入や支出に関係なく、経済的事象の発生または変化に基きその時点で収益または費用を計上しなければならないとするもの
    • 売上計上日に決済が行われない場合に売掛金(債権)が計上される。
        • 売上計上日に決済される場合
          Dr. Bank 100    Cr. Sales 100
        • 売上計上日に決済されない場合
          Dr. AR 100    Cr. Sales 100

発生主義に基づく売上は「商品の引き渡し完了」または「サービスの提供完了」をもって認識され、売上計上日に決済がなされない場合は売掛金(債権)が計上されます。

インボイスとは「請求して支払いを受けることができると確定」した内容を書面にした請求の単位にすぎないので、インボイスの発行を持って債権を計上するのは正しくないと言えます。

営業部門と会計部門の売上と債権の計上日に対する立場


営業部門の立場からすると、在庫の動きと債権と売上の計上タイミングが同期していれば、注残管理と在庫管理と業績管理が発生ベースに統一され、仕事がやりやすくなりますが、会計部門の立場からすると、インボイスの動きと債権と売上の計上タイミングが同期しているほうが税務処理が明快になります。

出荷同時売上で売上計上し同時に債権計上

これは出荷同時売上計上を基本とし、売上計上日を債権の権利が確定した日と考え(権利確定主義)債権年齢管理を行い、インボイスは単なる請求の単位と考え月締インボイス発行時に会計処理は何も行わないという、もっとも発生主義の出荷基準の原則に沿った、営業部門の視点寄りの仕訳パターンです。

  1. 出荷時
    • Dr. AR 110    Cr. Sales 100
    •           Cr. VAT payable 10
  2. インボイス発行時
    • 仕訳なし

出荷同時売上で売上計上し、債権は伝票ベースで計上

会計部門の事務手続き上の都合から、インボイス発行のタイミングで債権を計上したいと考えるならば、出荷時に発生主義に基づく収益計上を維持しながらも本来発生させるべき債権を未発生債権AR Accruedで仮計上し、インボイス発行のタイミングで仮債権を本債権ARで相殺し、債権計上日をインボイス発行日に合わせて年齢管理を行います。

  1. 出荷時
    • Dr. AR Accrued 110    Cr. Sales 100
    •           Cr. VAT payable 10
  2. インボイス発行時
    • Dr. AR 110    Cr. AR Accrued 110

Tax Invoiceに基づくVATに合わせて売上計上し、同時に債権計上

国際会計基準に則れば発生主義の出荷基準で売上計上するべきですが、インドネシアではインボイスには必ずVAT計上の根拠となるFaktur Pajak(Tax Invoice)が付随し、VATをFaktur Pajakベースで会計計上する場合、発生主義の原則を崩してでも売上をインボイス日付と同月に計上する必要があります。

インボイスベースで売上計上し債権計上日も合わせるため、会計部門が債権管理を行う上で最も楽になりますが、営業部門としては当月出荷済みで売掛金として認識していた実績が翌月に繰り越されるため管理が煩雑になり、発生主義の原則からはずれるため国際会計基準に則しない収益の認識方法です。

  1. 出荷時
    • 仕訳なし(在庫は移動するが会計仕訳は発生させない)
  2. インボイス発行時
      • Dr. AR 110    Cr. Sales 100
      •           Cr. VAT 10

債権は出荷時点で計上し、Tax Invoiceに基づくVATに合わせて売上計上

債権の認識は出荷日に合わせ、Faktur Pajakに基づくVATに合わせて売上計上する際に対象出荷実績を明確にするために、未収収益勘定Accrued Incomeを使います。

  1. 出荷時
    • Dr. AR 110    Cr. Accrued Income 110
  2. インボイス到着時
    • Dr. Accrued Invome 110    Cr. Sales 100
    •           Cr. VAT 10

在庫管理は必ず発生基準で行う理由


そもそも発生主義で正確な現在庫が把握できないと、正確な発注計画と出荷計画が立てられないわけですが、会計上の売上原価を計算する上でも、在庫管理は発生主義で行う必要があります。

    • 月初在庫+当月仕入ー月末在庫=当月売上原価

在庫管理は実際のモノの受払の流れに合わせることでP/L上の売上原価を正しく算出し、売上原価(費用)が発生ベースで計上される以上、売上(収益)も発生ベースで計上しないと売上総利益が実体を乖離したものになります。

FOB(Free On Board 本船渡し)による輸出で売上計上日をB/L日付(Bill of Landing)にする理由は、「本船に積み込むまでの費用とリスクを負担し、それ以降の費用とリスクは輸入側が負担」という貿易の取引条件の中で、B/L日付が商品の引き渡し日になるからです。

在庫管理上もB/L日付を持って、棚卸資産が減少します。