製造原価と売上原価と販売管理費の関係 【販売にかかった費用は売上原価に含まず営業利益から控除】

本記事の概要

製造原価は当月に製品倉庫に入庫した製品の原価であり、変動費は月初材料在庫と当月購入材料のうち当月投入された当月発生材料費のうち製品化した部分が該当し、固定費は当月発生した直接労務費と製造間接費のうち製品に対してかかった部分が該当する。

売上原価は月初製品在庫と当月製品倉庫に入庫した製品のうち、当月のうち出荷した製品の原価であり、売上から売上原価を差し引いた売上総利益から、出荷に至るまでにかかった販売管理費を控除することで営業利益が算出される。

製造原価と売上原価の関係

製造原価と売上原価当月製造原価単価に製品倉庫入庫数を掛けたものが製造原価で、月初製品在庫単価または当月製造原価単価に出荷数量を掛けたものが売上原価です。

総平均法により算出された変動費単価に、配賦により工程別に固定費単価が積上げられる積上法により、製造原価単価が決まります。

  • 製造原価=製品製造単価x生産数量
  • 製造原価=月初仕掛品+当月発生費用-月末仕掛品

当月客先に出荷した製品原価が売上原価ですが、製品の単価は月初製品在庫分と当月製造製品分とでは、製品単価が異なります。

  • 売上原価=月初製品在庫単価x出荷数量+当月製品製造原価単価x出荷数量
  • 売上原価=月初製品在庫+当月製造原価-月末製品在庫

当月製造した製品をすべて出荷し月末在庫を持たないという前提であれば、製品単価は製造原価単価であり、製品倉庫入庫数量と出荷数量が同じになるので、製造原価と売上原価は同じになります。

売上の内訳の費用が売上原価で売上のためにかかった費用が販売管理費

売上原価と販売管理費売上原価とは販売した製品の原価であり、販売するためにかかった費用は含んでおらず、営業利益から控除します。

インドネシアでは材料の購入時の会計仕訳は大きく2パターンあります。

  1. 材料勘定(資産)に計上し、使った分だけ費用化(当月材料費)する
    (使うたびに継続的に費用化する場合と、貯蔵品と同じように月末一括費用化する場合がある。)
  2. 仕入勘定(費用)に計上し、月初材料在庫を費用化し(プラス費用)、月末材料在庫分を控除(マイナス費用)することで、当月材料費を産出する。
    (仕入勘定は厳密には前払費用という資産的正確が強い)

材料が費用化するのはあくまでも売れたときですが、販売管理費は該当会計期間の発生した時点で費用化するため、期間原価と呼ばれます。