会計システムにおける継続記録法と三分法の違い

本記事のポイント

継続記録法では商品は仕入れたときに商品勘定というB/S科目となり、出荷のたびに商品勘定をマイナスして在庫と会計上の商品勘定残高をシンクロさせますが、三分法では仕入(費用)としてP/L科目に計上し、月初在庫はOpening Stock(費用)、実地棚卸結果に基づく月末棚卸評価額はClosing Stock(費用)に振替え、この3つから売上原価を算出します。

継続記録法(分記法):Perpetual method

販購買在庫管理と会計の一体型システムでは、発生主義(出荷基準)で売上計上すると同時に、製品をCOGS(売上原価)に振替えて費用化することで、継続的に会計上の棚卸資産残高を把握し、売上に対するA/R(債権)はInvoice発行まで未実現勘定(A/R Accrued)に仮置きした上で、Invoice発行時にA/R AccruedをA/Rに振替(Re-class)する継続記録法(perpetual inventory method)をとるものが多いです。

継続記録法はすべての出荷時に商品の原価(単価)を把握する必要があるので、在庫評価額とG/Lの棚卸資産勘定残高をリアルタイムにシンクロさせるために、在庫受払の評価金額は移動平均単価を使って評価するか、完全なロット管理による先入先出法(FIFO)によるかのどちらかになります。

この場合、会計システムのG/L上でCOGS勘定とInventories勘定がリアルタイムに更新されます。

[入荷時]

Dr. Inventories 500,000    Cr. A/P Accrued 500,000

[Invoice到着時]

Dr. A/P Accrued 500,000    Cr. A/P 500,000

発生主義に基づき出荷時に売上を計上する出荷基準の場合は以下のようになります。
[出荷時]

Dr. A/R Accrued 600,000    Cr. Sales 600,000

[Invoice発行時]

Dr. A/R 600,000    Cr. A/R Accrued 600,000
Dr. COGS 500,000    Cr. Inventories 500,000

顧客で検収が終わった後にInvoiceを発行しSales計上する検収基準の場合は以下のようになります。

[出荷時]

Dr. Shipment clearing 600,000    Cr. Inventories 600,000

[Invoice発行時]

Dr. COGS 500,000    Cr. Shipment clearing 500,000
Dr. A/R 600,000    Cr. Sales 600,000

三分法(棚卸計算法):Periodic method

三分法は、月中の商品入荷は仕入勘定(Purchasing)で費用計上しておき、月末の決算整理仕訳(Closing Journal)でOpeninig stockとPurchasingとClosing stockを売上原価(COGS)勘定に集約し「月初在庫+仕入-月末在庫」の差額をCOGSとする棚卸計算法(periodic inventory system)です。

[入荷時]

Dr. Purchase 500,000    Cr. A/P Accrued 500,000

[Invoice到着時]

Dr. A/P Accrued 500,000    Cr. A/P 500,000

[出荷時]

Dr. A/R Accrued 600,000    Cr. Sales 600,000

[Invoice発行時]

Dr. A/R 600,000    Cr. A/R Accrued 600,000

在庫管理システム上で数量は受払の都度増減し、購入品のみ移動平均法で単価をアップデートさせることはできますが、入荷した棚卸資産は仕入勘定に費用として積み上げられた状態になっており、会計システム上のB/Sの棚卸資産価額は月末まで変化しません。

工場経営にとって必要な情報は現在庫数量や債権債務の支払い予定などであり、P/LやB/Sは月末に確定できれば十分なので、月中にG/L上の棚卸資産残高はアップデートせず、月末の実地棚卸で評価額を算出し、月初在庫と月末在庫をOpening stockとClosing stockというP/L科目を介して振替えることにより、棚卸資産が在庫管理と会計との間で同期します。

決算整理仕訳(Closing Journal)

periodic inventory system

棚卸資産をOpening balanceとEnding balanceに振替

棚卸資産(材料・仕掛品・製品)については、月初繰越高と月末棚卸高の振替仕訳を行なうことで、会計を在庫に同期させます。このOpening stock(期首商品棚卸高)とClosing stock(期末商品棚卸高)勘定はP/L勘定のコントラ勘定(相対勘定)です(「プロジェクト損益管理」から)。

Dr. Opening stock 20    Cr. Inventories 20
Dr. Inventories 30    Cr. Closing stock 30

仕入勘定は同じ費用勘定である売上原価に振替

売上原価(COGS)勘定への振替仕訳を行ない、COGS残高が当月売上原価となります。

Dr. COGS 20    Cr. Opening stock 20
Dr. COGS 30    Cr. Purchase Goods 30
Dr. Closing stock 30    Cr. COGS 30

P/L科目を全部Re-class

COGSも含めたすべてのP/L科目を全部Net income(Income summary)勘定に振替えます。

当期純利益を利益剰余金(Retained earning)に振替

実際にRetained earning勘定が毎月末登場するとは限らず、利益処分を行なう期末のみに登場する場合のほうが多いと思いますが、その場合毎月のP/L上でNet profitはExpenseとIncomeの差額で表示され、B/S上でもNet profitという記載で資産の部に表示されます。
netprofit