インドネシア人部下が優秀だと日本人上司は間抜けでいられる 【インドネシア人との付き合い方を考える】


マウンティングの本来の意味

最近、相手よりも優位に立とうとすることを何でもかんでも「マウンティング」と表現することに違和感を持っていたのですが、ちょっと古い格闘技好きからするとマウンティングといえばケン・シャムロックとかドン・フライがUFC(Ultimate Fighting Championship)でマウントポジションからのパンチを繰り出す様子が目に浮かびます(適当)。

本来はサルとかの哺乳動物が交尾する際に、オスがメスに馬乗りになることをマウンティングと呼び、最近では人間世界でも「職場マウンティング」とか「飲み会マウンティング」とか使うようですが、事例を見ると「他人と比較して優越感に浸っている」とか「小事を大事に見せかけて相対的に自分の地位を高めようとする」とかあります。

  • 他人は自分と同じようには考えていない。10人居たら10人とも理解の仕方が違う。

これは最近人から教えてもらった言葉ですが、考え方が違うからそこに誤解が生まれ、誤解に対する感情の持ち方も人それぞれ違うから喧嘩が発生するわけで、そこで歩み寄って新しい人間関係を築いていくか、決別するかの選択をすることこそが「社会生活」というものだと思います。

もともと人間は承認欲求と自己顕示欲のカタマリですから、自分をアピールする方法が回りくどくなったときに「マウンティングした」とか、されたとかいう話になります。

インドネシア人部下との付き合い方

インドネシア人部下とどのように付き合うかという問題で悩んでいる在インドネシア日本人は多いと思いますが、10人インドネシア人がいたら10通りの考え方をするし、10通りの能力の違いがあるので、相手のキャラに応じて付き合い方を考えるしかないと思います。

僕は思考がインドネシア人化してしまったせいか、どんな困難な問題が発生しても、どうせインドネシア人部下の誰かが必ず助けてくれるだろうと考え、そのためには

  • 俺にはこの問題を解決する能力がないからどうか助けてくれ。全責任は俺が取る!

ということを全力で訴えますが、インドネシア人は優しいのでここで上司である自分に対してマウントポジションに入ってきたりはしません。

いい加減な日本人上司として体を張って反面教師を勤めることで、インドネシア人部下を育成していると言えないこともないのですが、インドネシア人部下が優秀だと、上司の日本人は少し足りないくらいが、インドネシアの会社組織の中ではちょうどいいんじゃないかと本気で思っています。