日本とインドネシアの友好のために最も大切な小さな心がけ【CANON EOS 5D MARK III+単焦点標準レンズEF 135MM F/2.0L USMにて撮影】

うちの嫁はんが以前撮りためたインドネシア人のモデルさんの写真のご紹介、第4弾です。

インドネシアに来て最初に驚くことは、男性も女性も戸惑うくらいにフレンドリーで気さくに話かけてくれること。カフェや屋台で働くお兄さんやお姉さんは、自分が日本人だとわかると、アニメや歌で覚えた日本語のフレーズを一生懸命披露して、初対面の日本人を喜ばせようとしてくれます。

日本に居たら一生お近づきになれなさそうな、スタイル抜群のインドネシアの美人モデルさん達ですが、皆まだ名もない素人モデルに過ぎずこれからArtis(芸能人)になりたいと夢見ている段階で、まだ業界擦れしていないという面を差し引いても、自分の容姿を鼻にかけたようなSombong(高慢)な娘に出会ったことは一度もありませんでした。

日本人がインドネシアに来て、日常生活で出会ったインドネシア人から何か優しくしてもらった場合、その優しさは別の機会に今度は自分がインドネシア人に優しく返していこうという気持ちが、小さいことではありますが日イ友好のためにもっとも大切な心がけだと考えます。

一眼レフのフルフレームCanon EOS 5D Mark IIIに単焦点標準レンズEF 135mm f/2.0L USMで撮影したものがほとんどで、Adobe Photoshopで編集しています。