インドネシア生活

インドネシアのATM詐欺【思い込みの強さと警戒心の低さに付け込んだ手口】

思い込みの強さを利用した催眠術詐欺

2008年にバリ島からジャカルタに引っ越す際に「自宅売却します」という広告をBali Postに掲載すると、すぐに複数の人から「家の買い手が見つかったのでこの番号に電話して欲しい」という内容のSMSが送られてきたのですが、普通に考えて自宅の内覧もせずにいきなり家を買う人なんかいるわけないのに、相手はとにかく急いでいるということで「ラストプライスはいくらだ」と畳み掛けて、最後は「とにかく物件を押さえたいので契約金(Tanda Jadi)または頭金(Uang Muka)を送金する」と言ってからこちらの口座番号を聞いてきます。

今日はモップがけで疲れた。自分で言うのもなんだがよく働いていると思う。こ●りさんにYahooメッセンジャー誘われるもプログラムが文字化けでぜんぜん読めーん。1件催眠術詐欺の電話を受ける。

バリ島自宅売却日記 【インドネシアでも不動産の売却は大変】

インドネシアでの引渡しに伴う契約書 【取引契約で必ず作成される公式案内Berita Acara】

そしてわずか5分後には「今振り込んだからATMで確認してくれ、どこのATMが近いんだ?」と何故かATMの場所まで聞いてくるのですが、要は相手にしてみればこちらをATMの前に立たせれば、後ろから肩をポンと叩くだけでHipnotis(催眠術)にかかり、言うがままにお金を送金させるという、日本人からすると若干信じがたい手口です。

個人的な意見ですが、インドネシアには感受性が強い、というか思い込みが激しい人が多く、突然Setan(悪魔)に取りつかれたり、驚いたときに意味不明な言葉を発するLatahという反応をしたり、Pocong(幽霊)を極端に怖がったり、要はこの民族的特徴があるため、催眠術による犯罪が成立するのだと思っています。

インドネシア人の悪魔祓い 【心の中に潜むサタンを除霊のような方法で退散させるクリスチャンの儀式】

びっくりしたときに意味のない言葉を条件反射的に口走るLatah(ラタ)という現象 【感受性が強いインドネシア人が引き起こす集団催眠】

 

日本人は相手との距離であるパーソナルスペースが広く、インドネシアのように握手の習慣もなく、挨拶はお辞儀で済ますことが多いため、突然肩を叩かれれば「おっ、友達か?」という好奇心よりも、見ず知らずのインドネシア人からボディタッチされたことによる警戒心のほうが勝つと思うので、あの時僕が指定のATMに行ったとしても、果たして催眠術に引っ掛かっていたかどうかは微妙です。

他人に対する警戒心の低さを利用した親切詐欺

また日本人がインドネシアを好きな理由を聞かれたときに「インドネシア人の気さくな性格」が最初に挙がることが多いように、インドネシア人は他人から話しかけられたときの警戒心のレベルが日本人に比べて明らかに低いと感じます。

クレジットカードや保険の勧誘電話がかかってくると日本人なら無下にあしらうところを、インドネシア人は仮に会議中であっても一応最後まで話を聞いてあげようとし、穏便に断る人が多い気がする。

電話の対応に手間を取られる煩わずらわしさよりも、電話口の営業担当者はどの下りまで説明できたら幾らもらえるというインセンティブがあるので無下に切ってしまっては可哀そうという優しさが勝るというのは、日本人が完全に忘れてしまった人間味溢れる感覚であるようにも思えますが、もともとジャワ人は幸福と調和を重視する思考が気質や行動に表れると言われ、僕の周りでは中国系の方も同様の対応をしているようです。

在住日本人のSMSにも「金はこの口座に振り込んでね」という言葉とともに銀行口座番号が頻繁に送られてきていると思いますが、相手のことを思いやる優しさを巧みに利用したなりすまし詐欺やオレオレ詐欺が非常に多く、ATMで現金を引き出そうとしたところエラーが出てパニックに陥っている状況で、横から「どうしました?手伝いましょうか?」と言われると、他人に対する警戒心の低さから、つい頼ってしまう人がいるのだと思います。

スマホのSIMカードにKTP(住民登録証)とKK(住民票)番号登録義務付け 【なりすまし詐欺、オレオレ詐欺、催眠術詐欺が横行するインドネシア】

 

【ATMカードすり替えの手口】
1.ATMを細工してカード使用時に問題発生。
2.パニックになった利用者を助けるフリしてカードを借りた隙にすり替え。
3.利用者がPIN入力する様子を覗き見しPINを記憶。
4.後ですり替えたカードでお金を引き出す。ATMでカードが吸い込まれやすい理由の一つがこれ。

カードが完全にATMに吸い込まれてしまった場合でも、ATMの前に偽のコールセンター番号を張り付けておき、すがる思いでヘルプを求めてきた人を電話口で巧みに誘導して、モバイルバンキングから送金させるという手の込んだ手口もあるようですが、もともとスキミングされやすいというカードの弱点を根本的に解消するための最終手段が、スマホ決済の普及になるのだと思います。

BCA Mobileアプリでタピオカ購入、ディスカウントはなかったが口座から引き落とされるのでGoPayみたいにトップアップ手数料なし。これ完璧なスマホ決済の形だと思うけど日本の銀行でやってるとこあるのかな? twitter.com/yamazou/status… pic.twitter.com/gaQ3wsqkA5

銀行口座から直接引き落とされる、QRコード読み取り型のスマホ決済は日本でもゆうちょ銀行くらいしか対応していないと思うのですが、インドネシアでは日本よりも先にATMカードを見なくなる日が来るかもしれません。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER