宗教の違いによる価値観の差をどこまで許容できるか 【政治と宗教のバランスが絶妙に保たれるインドネシア】

本記事の概要

スハルト大統領退陣後の民主化以降、インドネシアではイスラム政党が第1党になったことが1度もなく、BHINNEKA TUNGGAL IKA(多様性の中の統一)を国是とするインドネシアのイスラム社会では、世界最大のイスラム人口を抱えながらも、政治と宗教のバランスが絶妙に保たれています。

イスラム強硬派が不満とするところ

Jum’atan(イスラムの金曜礼拝)後に、デモ隊がホテルインドネシア前広場に集まってくると聞いていたので、早めにオフィスを出てアパートに戻るためにPlaza Indonesia側の通りに出たところ、団体さん既に到着済みでした。

今回の騒ぎの直接の原因は、9月にAhok知事がPulau Seribuで行ったスピーチの中でイスラムを侮辱したいうことへの反発ですが、それ以前からもイスラム強硬派の中にはAhok知事へのフラストレーションが溜まっていたわけで、DOSA-DOSA AHOK(アホック州知事の罪の数々)というリストがSNSで出回っていました。

特に読まずにスルーしていたのですが、今回のデモを機会にイスラム強硬派は何が不満なのかを少し知っておこうとあらためて読んで見ました。

  1. Ahok menghancurkan Masjid Baitul Arif di Jatinegara, Jakarta Timur, sehingga warga setempat tidak bisa shalat jum’at dan melakukan kajian Islam sampai saat ini.
    「Jatineragaのモスクをぶっ壊したせいで金曜礼拝が出来なくなった」ということですが、土地整備という州知事としての仕事とはいえ、まあイスラム教徒側の感情も理解はできます。
  2. Ahok menghancurkan masjid bersejarah Amir Hamzah di Taman Ismail Marzuki (TIM). Dengan dalih renovasi namun hingga hari ini tidak ada tanda-tanda akan dibangun kembali…
    これも別の歴史あるモスクをぶっ壊したことへの不満なんですが、後半部分は応用して「Dengan dalih(alasan) sakit namun hingga hari ini belum dikerjakan(病気という言い訳で今日まで作業が終わっていない、どういうことじゃー)」みたいに部下に対して使えそうな表現です。
  3. Tidak puas dengan menghancurkan masjid-masjid, Ahok mengganti para pejabat Muslim dengan pejabat-pejabat kafir seperti Lurah Susan, lurah Grace, dan sebagainya.
    「Tidak puas dengan~」はかなりアジテーションな口調。「アイツはモスクをぶっ壊すだけでは飽き足らず、ムスリムの役人を異教徒の役人に挿げ替えた」ということ。
  4. Tak hanya itu, kepala sekolah Muslim di DKI juga banyak yang diganti dengan alasan lelang jabatan. Hasilnya, banyak kepala sekolah Kristen sekarang.
    さらに追い討ちをかけるように「Tak hanya itu」で「それだけじゃないぞ、皆の衆~~~」という口調で、要は「多くのムスリムの校長先生がクリスチャンの校長先生に挿げ替えられた」ということ。
  5. Merasa didukung media-media sekuler, Ahok terus menghapus simbol-simbol Islam. Melalui kadisdik DKI yang kafir, Lasro Masbrun, dia mengeluarkan aturan mengganti busana Muslim di sekolah-sekolah DKI setiapjum’at dengan baju betawi, padahal sebenarnya baju betawi bisa di hari lain, seperti aturan di sekolah-sekolahBandung, yaitu hari Rabu untuk baju daerah (Sunda), sedangkan Jum’at tetap dengan busana Muslim.
    「メディアに露出するイスラムのシンボルを消した」のと「学校の金曜のイスラム服をジャカルタの伝統服に変えた」まあこういう問題には敏感ですからね。
  6. Setelah sukses menghancurkan masjid dan menghilangkan simbol-simbol Islam di DKI Jakarta, Ahok juga membatasi kegiatan syiar Islam seperti malam takbiran dengan alasan macet. Padahal perayaan tahun baru yang dipimpin AHOK JAUH LEBIH PARAH macetnya dengan menutup jalan-jalan protokol jakarta.
    「Setelah sukses~(モスクをぶっ壊しイスラムのシンボルを消し去ることに成功したその次には)」というのが益々アジテーションっぽいですが、ラマダン明け前夜の街中のバカ騒ぎ大騒ぎがここ数年見ないと思っていたら禁止されてたのね。
  7. Ahok juga mendukung legalisasi pelacuran yaitu lokalisasi prostitusi, dan menyebut yang menolaknya adalah munafik, termasuk Muhammadiyah. Akhirnya Muhammadiyah resmi melaporkan Ahok ke polisi dengan pasal penghinaan.
    「売春宿など性産業を否定するヤツは偽善者だ」という発言に対する反発ですが、これは難しい問題です。
  8. Ketika umat Islam mati-matian memprotes Miss World, Ahok justru mendukung total bahkan bangga jika Jakarta jadi tuan rumah final kontes umbar aurat itu.
    ミスワールド開催地候補に賛成したことへの反発。うーん。
  9. Tak kalah parahnya adalah Ahok mendukung wacana penghapusan Kolom Agama di KTP.
    KTPの宗教の記載を無くしてしまおうということへの反発。かつて第4第大統領グスドゥール氏(ワヒド氏)の「本当の友人は相手の宗教が何かを聞かない」という言葉が思い出されます。
  10. Ahok juga mengeluarkan pernyataan yang mengejutkan : BOLEH MINUM BIR, asal jangan mabok. Tak cuma mendukung Miss World, Ahok juga mendukung penuh konser maksiat Lady Gaga.
    「酔っ払わなければビール飲んでもいい(ビール飲んで死んだヤツは居ないだろ)」というAhok氏の名言とレディガガ来イに賛成したことへの反発。そういえば強硬派の反対で2012年の来イ公演が中止になりました。
  11. Pada lebaran yang lalu, situasi yang adem tiba-tiba menjadi panas kembali dengan wacana Ahok untuk menghapuskan cuti bersama saat lebaran. Apa dia tidakizinkan umat Islam berlebaran dan silaturahmi…? Kenapa pula tidak dicontohkan melalui pencabutan cuti bersama natal/tahun baru…? Mengapa hanya dan harus lebaran yang dibidik ?
    ラマダン明け祝日前後を有給にするよう奨励することを止めたことへの反発。
  12. Ada yang bilang, tidak apa-apa pemimpin kafir asal tak korupsi. Nah, ternyata Ahok patut diduga terlibat korupsi pengadaan bus Transjakarta sebesar 1,6 Triliun.Sumber Waras, dll . Koruptor-koruptor BLBI juga kebanyakan “sejenis” dengan Ahok, yaitu konglomerat-konglomerat dari warga/golongan “keturunan” kafir dibelakang Ahok yang jelas memusuhi umat Islam dari dulu.
    「汚職さえしなければ州知事が異教徒でもOK」と考える人に「Ahok知事もトランスジャカルタの件で汚職の疑いがあると言える」と訴えています。「diduga terlibat korupsi(汚職の疑いがある)」はインドネシア語のニュースでよく使われる表現ですが「patut(同等の)」を付けて敢えて匂わせるような表現に弱めています。
  13. Ahok menganjurkan Sex bebas bahkan di usia remaja, dengan syarat pakai kondom.
    「コンドームつければ思春期の青年もフリーセックスOK」というのはだいぶ話が曲解されているかもしれません。アジテーションだからこうなるんでしょうけど。
  14. Ahok menghina Nabi umat Islam terkait prostitusi dgn sebut prostitusi tak bisa dihilangkan, dgn mencontohkan zaman Nabi umat Islam pun ada masih prostitusi.
    「イスラムの預言者の時代から売春産業はあったのだから売春は無くならない」というのが侮辱であるということ。Ahok氏はとことん現実主義者です。
  15. Ahok larang TAKBIRAN Keliling Jakarta dn alasan kemacetan, sementara TAHUN BARU dibuatkan panggung khusus di jalan utama ibukota.
    以前はラマダン明け前夜はバスや車の屋根に乗ってラッパを吹き鳴らしながら道路を占拠していましたが、今は特定の専用ステージ周辺でしか騒げなくなりました。
  16. Ahok larang kegiatan zikir di Monas padahal kegiatan Paskah diijinkan.? Belum termasuk pengusuran rumah masyarakat besar-besaran di DKI Jakarta yg menghancurkan rumah tempat tinggal mereka..? Pembangunan reklamasi demi kepentingan mafia mafia cukong..? dan masih banyak lagi..
    モナスでのズィクル(唱念)の禁止、公共住宅の強制立退き、マフィアの利益のための埋め立て開発、などなど他にもいろいろあるぞー、ということ。

宗教の違いによる価値観の差


宗教の違いによる価値観の差をどこまで許容できるかは人によって異なりますので、特定の強硬派集団が形成されてしまうのは止むを得ないことだと思いますが、その一方で現在でもDKI(Daerah Khusus Ibu Kota)の40%以上のイスラム教徒がAhok氏を支持しています。

イスラム的価値観に少しでも抵触する事案に対しては一切妥協の余地なしの一部強硬派によるデモばかりがメディアを賑わせるため、インドネシア全体がイスラム原理主義っぽく見られることが非常に残念であり、実際には価値観の違いを理解し政治と宗教を切り離して考えることができるムスリムが大半であることが、なかなか海外には伝わりにくいと思います。

事実としてスハルト大統領退陣後の民主化以降、インドネシアではイスラム政党が第1党になったことが1度もなく、多様性の中の統一を国是とするインドネシアのイスラム社会では、世界最大のイスラム人口を抱えながらも、政治と宗教のバランスが絶妙に保たれていることが判ります。