インドネシア時事問題

銀行のカスタマーサービスで感じたインドネシアの景気動向

インドネシア時事問題

銀行のカスタマーサービスで感じたインドネシアの景気動向 【国内企業に対する外貨規制の強化】

2016/6/19  

金利の安い海外でお金を借りて、インドネシア国内に投資することは、外貨建てオフショア債務(海外からの外貨借入)へのヘッジ義務という外貨規制に引っかかります。

株価操作なんてインドネシア株では当たり前

インドネシア時事問題

株価操作なんてインドネシアでは当たり前 【馴合売買と終値関与】

2015/11/27  

株価は売り注文と買い注文により変動し、大量の売り注文を買う注文がたくさん入れば、他の投資家達は「俺も俺も」と続くことで株価が上がります。

インドネシアの革命の思い出

インドネシア時事問題

インドネシアの革命の思い出 【時代を表す秀逸な流行語】

2015/10/19  

1998年のスハルト政権退陣後のインドネシアの流行語は、Reformasi(革命)の後にkrisis moneter(金融危機)がやってきて、国が傾きかけたときに自然発生した3つ目の流行語がCinta Rupia(ルピアを愛そう)という、素直に国民感情を代弁する秀逸なものばかりでした。

インドネシア高速鉄道プロジェクト

インドネシア時事問題

インドネシア高速鉄道プロジェクト 【国家間競争における情報戦の重要性】

2015/10/4  

技術が唯一の基準ではなく、売り方のうまい商品が売れるわけであり、売れる商品がいい商品です。

大統領選挙で考えたギャップにハマるということ

インドネシア時事問題

大統領選挙で考えたギャップにハマるということ。【インドネシア中が盛り上がる5年に1度の大統領選挙】

2014/7/21  

ギャップにキュンとするというのは人間の本能みたいなもので、ジョコウィの私利私欲のない素朴なおじさん像と、その実強力なリーダーシップを発揮する実務派という内面が、一見普通の人だが実はスゴイというギャップ好きのインドネシア人に大ウケして、大衆は一種の集団催眠状態にあるようです。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER