インドネシアのビジネス環境

日本とインドネシアの間でのタイムマシン経営が通じなくなっている件

インドネシアのビジネス環境

日本とインドネシアの間でのタイムマシン経営が通じなくなっている件 【情報のフラット化によるタイムラグ短縮】

2015/6/21  

先進国と後進国との間にある流行のタイムラグを利用して、先進国での成功例を後進国で実践するビジネスモデルをタイムマシン経営といいますが、インターネットの普及に伴い情報がフラット化してしまい、モノと情報のタイムラグが限りなく小さくなった今、先駆者である中小零細同業他社が乱立し市場が出来上がったところに、後発の大手が参入し先発零細を駆逐していく、という典型的な負けパターンにはまります。

VPS化とクラウド化で必要になる技術

インドネシアのビジネス環境

VPS化とクラウド化で必要になる技術

2014/12/12  

インターネットやVPNを介してアプリケーションサービス、開発環境、インフラ環境などを利用するということです。これがサービス提供側からすると仮想化という大きな技術革新によって価格破壊を実現したものがクラウドの大きな特徴になります。

インドネシアでの組織の活性化

インドネシアのビジネス環境

インドネシアでの組織の活性化 【スペシャリストかマルチプレイヤーかという問題】

2014/9/9  

日本的経営の特徴である企業別組合、終身雇用、年功制であり、この制度によってマルチプレイヤーを育て、組織の幹を太く強固にしてきましたが、これが可能であったのは右肩上がりの成長という大前提があってのことでした。

マルチ商法(ネットワークビジネス)と情報商材ビジネス

インドネシアのビジネス環境

マルチ商法(ネットワークビジネス)と情報商材ビジネス 【合法と適法の境界線】

2014/7/29  

ネットワークビジネスが違法とみなされる可能性があるのは、一般論で評価した場合に、売っている商材の価値が不当に高い、営業トークが実態と乖離している、始めるときに不当な会員費を取られるなどです。

オフショア開発から見た日本とインドネシアの関係

インドネシアのビジネス環境

オフショア開発から見た日本とインドネシアの関係 【日本の蓄積されたストックをインドネシアの若年労働人口のレベルアップに繋げるようなビジネスの育成】

2012/10/16  

オフショア開発は先進国の会社が人件費の安い海外に開発委託することであり、2014年の名目GDPは日本が世界第4位、インドネシアが第16位ですが、2024年にはインドネシアが日本を逆転するとも言われています。

インドネシアの景況の変遷

インドネシアのビジネス環境

インドネシアの景況の変遷

2009/11/29  

数年前まではオフショア開発のような日本向け案件をインドネシアでこなすビジネスが注目されていましたが、最近それがほとんどないのは度重なるUMK(Upah Minimum Kabupaten 最低賃金)アップにより、他のベトナムやタイなどの東南アジア諸国に比べて人件費が相対的に高くなってしまったからだと思います。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER