フロントエンド開発でのHTMLとCSSの位置づけ

WEBシステム開発とは何かと問われた場合の最大公約数的答えは、多少くどい言い方にはなりますが、ブラウザからの要求をサーバー側で処理したHTMLを、ブラウザが受け取ってスクリプトを実行した結果をレンダリングしてWEBサイトという形で表示する過程を構築することになります。

Asprovaのスケジューリングロジック【ステータス「割付済み」の作業には何もしないため、実績や修正を反映させるため「割付解除」してリスケジュールする】

リスケジュールのロジックの中で、リスト生成フェーズにてオーダテーブルからオーダリストを生成するのがオーダ収集コマンドであり、作業テーブルから作業リストを生成するのが作業収集コマンドであり、いずれも親の計画パラメタに保存されます。

MRPからAPSへの発展のプロセス 【受注からMPSを生成しMRPで製造オーダを生成し負荷平準化後に購買オーダを生成するプロセスを一気通貫で行うAPS】

業務システム(ERP)のコアはMRP IIであり、MRP IIのコアがMRPである。MRP IIではMPSの作成が非常に重要になってくるわけで、MPSの管理対象が製品で、MRPの管理対象が材料と仕掛品という区分けがなされている。

インドネシアの会計システムにおける多通貨会計と為替差損益 【実現損益と未実現損益】

IFRSは投資家や債権者に対して企業価値評価のために必要な情報を提供することを目的としており、そのために固定資産の減損・再評価、売却可能な金融資産などを時価評価して貸借対照表を正確に作成することにより、その企業が投資に見合う利益を生み出せる資産状況にあるかどうかを明確にするものである。

ストレージとCPUを接続するインターフェイスについて 【ストレージエリアネットワーク(SAN)はハードディスクなどのストレージとサーバをネットワーク化したシステムで通信にファイバチャネル、プロトコルにはSCSI採用】

コストパフォーマンスと設置性の良さからインドネシアでもNAS(Network Attached Storage)を見る機会が増えてきた。外付けHDDやストレージはUSBでPC(サーバー)に接続するが、NASは文字通りネットワークに直接接続してIP通信を行う。

インドネシアのIT事情と日系製造業のシステム化の現状【2011年3月新興国セミナー@東京の登壇内容の抜粋】

このセミナーでお話する趣旨としましては、まずはインドネシアのIT事情と日系工場のシステム化の現状について理解していただくことであり、話す内容はすべて自分の実体験をベースに構成し、詳細な各論はネットで調べていただければと思います。

インドネシアの景況の変遷

数年前まではオフショア開発のような日本向け案件をインドネシアでこなすビジネスが注目されていましたが、最近それがほとんどないのは度重なるUMK(Upah Minimum Kabupaten 最低賃金)アップにより、他のベトナムやタイなどの東南アジア諸国に比べて人件費が相対的に高くなってしまったからだと思います。

1 17 18

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER