インドネシアで会計システムを導入する際に最低限気をつけたほうがいいこと。【日本の帳簿方式よりインボイス方式のほうが税額の算出が明確】

インドネシア日系企業で会計システムを導入する際に、システムのJSOX対応とIFRS対応が問われるようになって久しいですが、インドネシアは2008年にはIFRS対応を意識することが推奨され、2012年よりIFRS対応が義務化されています。

会計システム導入時に最低限知っておきたいインドネシアの税制の知識 【所得税の総合課税と分離課税】

インドネシアの場合、日本の消費税に相当するのがPPN(Pajak Penambahan Nilai=VAT=付加価値税)だが、インドネシアは帳簿方式(消費税の計算のように帳簿に基づいて税額を決定)ではなくInvoice方式(Tax Invoiceに基づいて税額を決定)なので、Tax Invoiceに基づいてPPNの支払い、または還付の額を計算している。

WordPressによるWEBサイト開発5 - カスタムテンプレートとHTMLページの固定ページ化

いまさらブログとWEBサイトという分類の仕方自体がイケてないかもしれませんが、大雑把に分けると両者の違いは日記とビジネスという目的の違いであり、日記のコンテンツが時系列の投稿中心になる一方で、ビジネスサイトは商品カタログや業界・技術紹介など固定ページ中心になります。

WordPressによるWEBサイト開発1 - MVCモデル的な設計

投稿される情報をユーザー単位に時系列に保存し、「会計システム」「インドネシアの税法」というようなカテゴリ、または「PPN」「WordPress」というようなタグ単位にフィルタして表示できるのがWordpressの最大の強みであり、これらカテゴリやタグなどの投稿記事の切り口(分類)をタクソノミーと呼んでいます。

SQLによる外部結合と内部結合

LEFT JOINは左のテーブルをすべて抽出した上で、これを基準としてON以下の外部結合条件に合致すれば右テーブルのレコードを結合し、INNER JOINはWHEREと同じ完全内部結合であり、ON以下の内部結合条件が両方のテーブルに合致する場合のみレコードを結合します。

生産スケジュールを最適化する設定方法 【最適化を自動生成するものではなくパラメータを駆使して割り付き方に傾向を与えるシステムである】

生産管理システムのMRPでは、製造オーダが品目ごとの主ラインに山積みされ、負荷状況を確認しながら計画を前倒しにして、他ラインに割り当てるかの調整が必要ですが、この作業を最適化作業として自動実行してくれるのが生産スケジューラーです。

Asprovaのオブジェクトへの参照方法 【2次元に展開された生産現場の各オブジェクトにアクセスしながらシミュレーションを行うシステム】

MEは式の中で現在実行中のインスタンス(テーブル)のカレントオブジェクト(レコード)であり、MEが品目テーブルを参照している場合、品目テーブルのカレントオブジェクトのプロパティ値や子オブジェクトを参照できます。

金型や作業者などの制約を設備の生産スケジュールに反映する方法 【共通の副資源を設定することで作業が複数主資源にシリアルに割り付く計画を作成】

設備投資は簡単に今日明日中にできることではないですが、作業者は配置転換や新規採用など、低コストで柔軟に対応できる部分なので、作業者のキャパ計画で主資源の稼働率を上げることは工場経営において非常に大きな意味があると思います。

受注に対するまとめ製造と製造に対するまとめ購買 【期間まとめは受注に対してロット生産する製品、またはロット発注する材料に対して設定する】

出荷7日分をまとめて製造する場合、受注オーダ品目である製品の出荷7日分を1製造ロットとしてまとめて製造指図を発行する」ということであり、まとめ対象である製造オーダ品目は最終工程の出力品目である製品になります。

システムと現品をロット番号で結びつける現品票をバーコードで管理する方法 【バーコードに必要最低限必要な情報はロット番号と品目コード】

食品のようにサプライチェーンを経て市場に出回ってから賞味期限まで数ヶ月の期間があるような製品ならロット管理は必須でしょうが、製造リードタイムが短く、納品した製品が客先で即時に使用されるような製品の場合には、何のためにシステム上でロット管理するのか、本当にシステム上でロット管理が必要なのか、についてきちんと検討してから判断したほうがいいと思います。

公開鍵暗号化方式によるSSH接続

FTPは旧来のパスワード認証方式ですが、SFTPはファイル転送に公開鍵暗号化方式(Public Key Encryption)を採用したもので、クライアントがサーバーに対してユーザー名を送信することでアクセス要求し、サーバーは乱数を生成し公開鍵で暗号化した上でクライアントに送信し、クライアントは事前に渡されていた秘密鍵をパスフレーズで復号化した上で、サーバーから送られてきた乱数を復号化して、ハッシュ値をサーバに返し、サーバーは送られてきた乱数のハッシュ値を比較して同じであれば認証します。

インターネットとLAN上におけるDNSとドメインコントローラーの考え方。

インターネット上のドメインは、DNSサーバー上にプロバイダのルーターのIPアドレスを人間が理解しやすい文字列にマッピングさせたものであり、LANの中でドメインの場合は、ドメインコントローラー上にサーバーのIPアドレスをユーザーとPCの大枠の管理単位でマッピングしたものです。

実績の入力・修正が作業とオーダのステータスに与える影響 【オーダを完了させると全作業が完了するが未着手に戻しても作業の実績は計画済みに戻らない】

すべての作業は日時固定レベルと数量固定レベルを持っており、作業をマニュアルで移動させると日時固定レベルが10になるのでリスケジュールにより前後作業が引き寄せられ、また作業に実績数量を入れると日時固定レベルが40になるのでリスケジュールにより後工程作業の計画数量が実績数量で上書きされます。

© 2020 バテラハイシステム Powered by STINGER