ジャカルタで会える昔の日本人の足跡【平成から令和への変わり目にインドネシアで活躍された先達をお参り】

先日「じゃかるた新聞」から購入した「日本人が見た100年前のインドネシア 日本人社会と写真絵葉書(青木澄夫著)」を読むと、100年以上前に行商人や売薬商、女衒(ぜげん)に騙され売り飛ばされて来た「からゆきさん」などが、バタビア周辺だけではなくインドネシアの各地に根を下ろして生活していたことに驚きます。

ジャカルタ-チカンペック高速道路の高架化事業【Tolの慢性的渋滞の緩和】

高速道路ジャカルタ-チカンペック高架(Tol Jakampek Elevated インドネシア語Jalan Tol Layang Jakarta-Cikampek)は、Cirebon, Bandung, Semarang, Surabayaなどの遠方からジャカルタへのcommuter(インドネシア語komuter 通勤者)が高架を利用し、近場であるJakarta東部、Bekasi、Cikarangからの車は既存の高速道路を利用することで、交通の流れを上下に分散し慢性的な渋滞緩和を目指すことを目的として2017年に工事着工され、当初は2019年4月に開通予定とされていました。

ジャカルタ市内と郊外を結ぶLRTとKRL Commuter Line【MRTフェーズ1後のジャカルタ首都圏の新交通網】

今月ジャカルタ市内に大量高速交通MRT(英語のMass Rapid Transitまたはインドネシア語のModa Raya Terpadu)南北線が開通しましたが、市内から郊外を結ぶ軽量軌道交通LRT(英語のLight Rail Transitまたはインドネシア語のLintas Rel Terpadu)は、LRT Jabodebek(Jakarta-Bogor-Depok-Bekasi)とLRT Jakartaの2つのプロジェクトが進行中で、北ジャカルタKelapa Gading Mall前から東ジャカルタRawamangunのVelodromeまでは近日開通予定です。

2019年インドネシア総選挙の開票状況【ジョコウィ現大統領がプラボウォ氏を抑え優勢】

タバコは体に悪いと判っていても止められないのと同じように、汚職も悪いことだと判っていても止められない、だから政治家は汚職の甘い蜜を知らない若い人に世代交代することでしかインドネシアから汚職はなくならないんだ、というように、国民が政治家に最も期待するのはクリーンな政治であるようです。

ジャカルタMRTが正式開通しました!【見まごうばかりのジャパンクオリティ】

着工から5年半、今月1日にジャカルタにMRT(英語のMass Rapid Transitまたはインドネシア語のModa Raya Terpadu)南北線がついに正式開通しました。大統領選挙の直前に滑り込みセーフできっちり間に合わせるという絶妙のタイミング、ちょうど今頃インドネシア人は投票所に行っている最中だと思いますが、少なくともジャカルタの有権者にとってジョコウィ氏の評価が上がったことは間違いないと思います。

酸っぱいコーヒーはなぜ嫌われるか?【ワインと同じようにコーヒーにも料理との相性がある】

インドネシアではナシゴレンやミーゴレンにはacar(アチャール)という野菜の細切りの漬物が添えてあり、日本でもカレーには福神漬けがついてくるように、油っぽい食べ物には油を分解する酢の添え物が合うのは万国共通です。

インドネシアでも希少価値が高く芳醇でまろやかなアロマを放つルワックコーヒー(KOPI LUWAK)【ジャコウネコの未消化の糞から精製する】

ルワック(Luwak)という動物がジャコウネコだと聞くと、なんかネコが陽だまりでコーヒー豆の上で気持ちよくお昼寝している様子を想像してほっこりするわけですが、実際にはこんな感じのネコというよりネズミみたいな邪悪な顔をした動物です。

会計の面白さと難しさを考えてみる【3次元の現実に時間軸を取り入れ4次元で考える】

現実世界とは上下、左右、前後の3次元の世界であり、この空間で発生した取引を記帳していくのですが、モノを買ってお金を払う、もしくは掛け(ツケ)で払うとモノが自分のものになりますが、これだけの取引なのにそのモノが利益を出すのに貢献した分は費用計上して売上から差し引かないと公正な利益にはならいないという考えです。

会計的視点から事象を読み解くということ【企業活動はお金で評価される】

事業による売上は、資金がショートする前に当座預金にキャッシュを補充しなければならないという制約の下で繰り返されるのであり、上記のようなキラキラした事象の背景に、この基本的な会社継続の制約とお金の流れが具体的にイメージできないと、どこか胡散臭さを感じられます。