インドネシアに合ったシステム導入手法【システム化のプロセスを現地スタッフに対して説明することが重要】

「なぜ自分達が納得いくまで説明してくれないのか」という言葉はインドネシアのシステム導入の現場で何度となく聞いてきた言葉です。現行業務の改善の手段としてシステム化は行われるとはいえ「システムから出てきた結果がどのようなプロセスを経てきたのか見える」ことをキチンと提示してあげないと、インドネシアでのシステム導入プロジェクトはうまく進みません。

生産計画に原料在庫の制約条件を反映させる【原料在庫のあるものから生産して稼働率を落とさない】

生産計画における原料制約条件は、原料在庫優先使用、原料切替、原料のない作業は割り付けないなどであり、MRPにより購買オーダを生成しない場合でも、最早開始日時に原料入荷日を指定することにより、生産計画に原料使用可能日の制約を入れることができます。

現場の努力を会社の競争力に変える生産管理業務のシステム化の手順【KIIC工業団地でのセミナーの抜粋】

インドネシアの製造業は、年々膨らむ国内市場の需給変動に比例して生産方式が多様化するため、オーダ変更に応じて適切に計画の見直しを行い、現場に出された生産指示に対する進捗が見える化されるような工程管理が重要になっています。 生産スケジューラーAsprovaによって、設備能力を最大限に発揮させ、納期遅れしない生産計画の作成業務と、受注と生産の紐付きの見える工程実績管理業務をシステム化する方法を導入事例を元にご説明いたします。