最近のイミグレ・警察・税務署・通関などインドネシアの代表的な公的機関の印象【民主化と世代交代が公的サービスの質を向上させる】

インドネシアのイミグレ・警察・税務署・通関と聞いて最初に思う浮かぶ言葉が「裏金」というくらい代表的な公的機関の評判が低かったインドネシアですが、最近は明らかに対応がフレンドリーになり、サービスの質が向上していると感じられます。 2004年にインドネシアで最初の直接選挙でSBY大統領が誕生し、2014年にジョコウィ大統領に引き継がれる過程において、民主化の浸透という大きな流れの中で、公的機関内部で世代交代が進んだことが一つの理由だと考えられます。

悟りの境地に達するという仏教観【現世で努力と実践を繰り返すことによって涅槃寂静の境地に達する】

宗教的に「幸せに生きる」という意味は、どの宗教でも煩悩から解脱し悩みがなくなる状態と言えると思いますが、そのために神にすがるのではなく、現世で努力と実践が必要だとされるのが、仏教の他の宗教との大きな違いであり、お寺で和尚さんが仏さまの教えを説くのが説法です。