オンラインでFaktur Pajakを作成する手順【NSFP取得・Faktur Pajak作成・SPT Masa PPNで報告・e-BillingでCode取得・ATMから納税】

VAT課税事業者であれば、売上の相手先がPKPはもちろんのこと、Faktur Pajak(インドネシアのタックスインボイス)を発行することができないVAT非課税事業者(Non-PKP)や個人または海外企業であってもFaktur Pajakを発行し、毎月20日までに前月分の売り買いで発生したPPNを付加価値税月次申告書(SPT Masa PPN)にまとめて、差額を納税しなければなりません。