インドネシア入国時のVOA(到着ビザ)でできること 【入国時イミグレ手前のカウンターで購入】

EPOの手続きを行うとパスポートに「Return of Imigration document」と記載されたスタンプを押され、イミグレから発行してもらった一時滞在許可証(Kartu Ijin Tinggal Sementara)を返却したことの証明になり「within 7 days(7日以内)」に国外に出国する必要があります。 インドネシアではビザなしなら30日間滞在、延長NGで観光・親族訪問のみ可能で、VOAなら30日間滞在、1回限り30日間延長OKで、観光と展示会などでのMeetingが可能で、211ソシアルブダヤなら最長60日間滞在、延長NGで、ウブドゥで絵の勉強するような人がインドネシア人の身元保証人のレターでOKで、211シングルビジネス(最長60日間連続滞在OK、1回出国したら無効)や212マルチプルビジネス(最長60日間連続滞在OK、1年間有効で何度でも出国OK)なら、共に客先でのノートとペンを使ったBusiness Meetingのみ可能で、PCを開くと作業とみなされる恐れあり、312就労ビザなら6ヶ月または1年、延長可能で、インドネシア国内で作業、指導ができます。

計画生産の製造指図とかんばんの違い 【内示に基づく所要量展開で算出される「製造指図合計数≒かんばん枚数x収容数」】

生産管理システムでは内示情報と確定受注からMRPの所要量展開機能によって製造オーダを生成しますが、トヨタ系自動車部品メーカーではかんばん枚数を計算し、現場に流通しているかんばん枚数に対する過不足を調整します。 製造指図もかんばんも内示に基づき所要量展開するところは同じですが、製造指図が生産管理部から現場に対する生産指示であるのに対し、かんばんは現場で需要と供給の関係によって自律的に流動します。 工場内で流動する工程内かんばんは、出荷ではずれて現場に戻されるまでの間滞留している分(かんばんL/T)、製造現場で加工点に達するまで滞留している分(加工L/T)、現場や倉庫にある在庫ロットに挿してある分(安全在庫)があり、現場を流動する引取かんばん(移動実績)と、生産指示となる仕掛かんばん(生産実績)に役割分担されることもあります。