言語構造の違いを理解した上でその言語で考えるということ 【徹底して後ろに修飾語を繋げていくインドネシア語】

日本語の文章ですら意識を集中して読まないと頭に入らないのに、ましてや外国語である英語やインドネシア語ならなおさらで、さらにヒアリングとなるとさらに難易度があがるため、「聞き流すだけで英語が判る」というのは論理的にあり得ません。

MRPで受入確定量が時間制約違反を無視して前倒しでオーダに紐付く理由 【MRPはリードタイムずらしよりも正味所要量の計算を優先】

正確な所要量展開を主目的とするMRPでは、入荷や生産の遅れにより後ろ倒しになったオーダも、受入確定量として時間制約違反を無視して前倒しして引当てることで余分なオーダを生成しませんが、生産スケジューラーの場合は後ろ倒しになったオーダに対して時間制約違反を起こさないよう、前後工程のオーダが引きずられます。 このMRPの受入確定量で余分なオーダを出さないようにする機能が、システムを運用する人間から見たとき、時としてオーダ間の紐付けを見づらくしてしまう原因となります。